株式会社Holmes、執行役員に日米弁護士の酒井 貴徳が就任し経営体制を強化

〜顧客課題を解決するソリューション強化を通じて事業成長を推進〜

契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」(https://www.holmescloud.com/)を提供する株式会社Holmes(本社:東京都千代田区、代表取締役:笹原 健太、以下 Holmes)は、企業基盤の強化と事業成長の加速を目指し、執行役員として酒井 貴徳(さかい たかのり)が就任したことをお知らせします。酒井は執行役員として、事業成長を牽引してまいります。


■就任の背景
Holmesは「世の中から紛争裁判をなくす」という志のもと、「権利義務が自然と実現される仕組みを創る」をミッションに、契約の本質的な課題解決に向けて邁進しています。

この度、日本と米国の弁護士資格を持つ酒井の就任により、事業の根幹を形成するものとして契約を捉え、事業の成長に寄与するプロダクト開発の推進と真の顧客課題解決の強化を目指してまいります。

契約領域のDXを実現して競争上の優位性を確立するためには、法務部門を起点として、事業部門・IT部門を巻き込みながら、全社における契約業務そのものやプロセスを変革することが不可欠です。そして、これを実現するためのソリューションが、Holmesが事業展開する契約マネジメント・CLM(Contract Lifecycle Management)です。

米国では、CLMの市場規模は1,600億円程度かつ、年平均成長率は12%前後(※1)といわれており、非常に成長が期待されています。日本と米国のGDP比から算出すると、日本の市場規模は400億円程度と想定されます。もっとも、日本においては、法務部門を想定顧客とするリーガルテックが黎明期を迎える一方、事業部門を含む全社利用を想定したCLMシステムを提供している事業者は、限定的であるのが現状です。

Holmesは、他社に先駆けてCLMシステムを提供してきた経験から、契約領域のDXを実現するためには、日本の契約実務の特色に対する深い理解を前提に、法務部門・事業部門・IT部門といった視点の異なる様々な利用者の課題・ニーズにきめ細やかに対応していくことが必要であると考えています。そして、SaaS(Software as a Service)の強みを活かして、1社では実現し得ないような大規模な仮説検証とその結果得られたベストプラクティスを、お客様に還元したいと考えております。

今回の新体制による企業基盤の強化を通して、Holmesは、依然としてアナログな業務が多く残る契約領域において、お客様が抱える課題を解決する本質的なソリューションの追求と実装を強化し、導入企業の競争力強化をサポートしてまいります。

(※1)Contract Lifecycle Management Software Market: Global Industry Trends, Share, Size, Growth, Opportunity and Forecast 2021-2026 (2021)
https://www.researchandmarkets.com/reports/5264072/contract-lifecycle-management-software-market

■執行役員 酒井 貴徳の略歴
2010年に弁護士登録後、西村あさひ法律事務所およびニューヨークのDebevoise & Plimpton LLPにおいて、M&A、ジェネラル・コーポレート等に従事。2019年に当社入社後、CEO室室長、開発部PMMを歴任。現在は、契約領域のドメインエキスパートとして、プロダクト戦略の立案・実行を推進している。弁護士(第二東京弁護士会)、ニューヨーク州弁護士。


■執行役員 酒井 貴徳の決意表明
契約は、企業における事業活動の根幹です。すべての取引は契約に基づいており、会社にとって契約は利益の源泉です。しかし、契約は、往々にして難解で、しかも時間と共に変化します。そのため、企業にとって、すべての契約内容を把握し、正確に履行することは極めて困難です。変化のスピードと不確実性が高まり続けるこの時代において、契約を事業活動の足かせではなく、利益実現とリスクマネジメントの強力な武器にする。そのためにも、当社は、「権利義務が自然と実現される仕組み」として、CLMという新しいソリューションを提供したいと考えております。

私個人は、企業法務を専門とする弁護士として、長年に亘り様々な業界・規模の企業の契約業務をサポートして参りました。その経験を活かしつつ、ユーザーの皆様との対話を通じて得られた知見をプロダクトという形で具体化して、全ての企業に還元してまいります。

■「ホームズクラウド」とは 
https://www.holmescloud.com/

「ホームズクラウド」は、契約プロセスの最適化と契約ライフサイクル管理を通して、業務効率化と生産性向上を実現する、契約マネジメントシステムです。契約書作成、法務相談、押印申請、締結、保管、ステータス管理など、事業部から法務部まで様々な部署が関わる複雑な契約業務を、迷わずもれなく行うことが可能です。また、締結済みの契約書のドキュメント管理や更新管理に加え、締結前の契約書のステータス管理から契約書の変更・更新の履歴まで、契約のライフサイクル全体の管理を実現します。

■Holmesについて
https://www.holmescloud.com/aboutus/

Holmesは「世の中から紛争裁判をなくす」という志のもと、「権利義務が自然と実現される仕組みを創る」をミッションに、契約の本質的な課題解決を通して、多様な人々が生き生きと活躍し、権利義務が自然と実現される未来を目指しています。

【株式会社Holmes】
本  社:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6階 Inspired Lab内
代  表  者:代表取締役 笹原 健太
事業内容:契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」の提供
URL  :https://www.holmescloud.com/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ContractS株式会社 >
  3. 株式会社Holmes、執行役員に日米弁護士の酒井 貴徳が就任し経営体制を強化