“首里への思い”が結実した、オリオン初のコラボビール沖縄のブルワリー2社が造り出す「首里1427」完成

(左)2種類を並べて完成する「首里1427」、(右)今回のコラボビールを造ったウォルフブロイとオリオンビールの醸造家

 オリオンビール株式会社とウォルフブロイは、“首里”をテーマにコラボレーションしたクラフトビール「首里
(しゅり)1427」を10月26日(火)から発売します。
 両社が異なるクラフトビールを醸造、二つのビールが対に並び完成するセット商品です。なお当社にとって、他ブルワリーとのコラボは今回が初となります。

 今回、両社ともに「首里城復興、そして首里の街を盛り上げていくこと」に対し強い思いを抱いていることから、コラボが実現。それぞれの持ち味を生かし、個性が異なる二つのクラフトビールを開発しました。
 オリオンビールでは「IPL」(インディア・ペール・ラガー)をビアスタイルに採用、花や草木を連想させる爽やかなホップの香りと、心地良い苦味が特徴の商品に仕上げました。ウォルフブロイは「ジャーマンブリュー」を採用、ドイツ産のホップ・麦芽に加え南城市産の大麦を使用し、モルトのうまみを最大限引き出した味わいが特徴です。
 ラベルではそれぞれの商品に一対の龍を配置、二つを並べるとセンターに満月が現れます。その姿はまるで二匹の龍が首里に浮かぶ月を愛でるデザインとなります。
 1427年に現在の首里の原型となる城下町が整備されたといわれており、商品名に年号を採用しました。

 オリオンビール公式通販では300セット限定での販売となります。まず10月19日(火)より「定期宅配サービス」ご利用の方への優先予約を開始、26日(火)から一般注文を行います。完成後、28日(木)を目途に名護工場から日本全国へ発送を開始します。沖縄県内ではウォルフブロイ店頭のほか、首里エリアの一部飲食店のみでの取扱いとなります。
 まもなく首里城火災から2年。オリオンビールとウォルフブロイの醸造家がそれぞれ腕によりをかけて造った「首里1427」とともに、ぜひ首里の街の魅力に触れてみてください。

 オリオンビールとウォルフブロイはこれからもビールを通じて、首里の魅力を表現・発信して参ります。


商品概要
【商品名】 首里1427
【発売日】 2021年10月26日(火)
【販売箇所】・オリオンビール公式通販サイト(https://shop.orionbeer.co.jp/
      ・ウォルフブロイ店頭
      ・首里エリアの一部飲食店

【商品】
■オリオンビール|首里1427 “IPL(India Pale Lager)” 330ml小瓶
特 徴:花や草木を連想させる爽やかなホップの香りと、心地良い苦味が特徴
原材料:麦芽(カナダ製造、フランス製造、ドイツ製造)、ホップ、大麦(沖縄県南城市産)

■ウォルフブロイ|首里1427 “German Brew” 330ml小瓶
特 徴:ドイツ産のホップ・麦芽に加え南城市産の大麦を使用した本商品は、モルトのうまみを最大限引き出した味わいが特徴
原材料:大麦麦芽(ドイツ産)、ホップ、大麦(沖縄県南城市産)

【先行予約】
10月19日(火)から、オリオンビール公式通販「定期宅配サービス」利用者を対象に先行予約販売をスタート
通販限定6本セット(2種×3本):5,060円(税込)
※オリオンビール名護工場から日本全国への送料込み(クール便)

 
オリオンビール定期宅配サービスについて
https://shop.orionbeer.co.jp/pages/monthly-subscriptions
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリオンビール株式会社 >
  3. “首里への思い”が結実した、オリオン初のコラボビール沖縄のブルワリー2社が造り出す「首里1427」完成