ライナフ、不動産と物流の未来を知る、置き配カンファレンスを初開催

〜置き配対応物件に住みたい声が9割以上、コロナ禍によって高まる配送方法「置き配」の次の一手とは〜

​AI、IoTで不動産のデジタルリノベーションを実現する株式会社ライナフ(本社:東京都文京区/代表取締役:滝沢 潔、以下 ライナフ)は、2021年7月15日(木) 15時より、不動産と物流の未来をお届けする「置き配カンファレンス」を開催します。あわせて、置き配に関するアンケートを実施しましたので、一部を公開します(※)。より詳細なレポートは、当日ライナフパートよりご紹介します。

 

■置き配カンファレンス
https://linough.com/package-drop-service/okihai-conference

ライナフにて置き配システムを導入した物件の入居者様にアンケートをおこなった結果、置き配対応物件に住みたいと答えた方が92.4%、また宅配BOXがあっても再配達を経験したという方は82.3%に。さらに、宅配BOXの代わりに置き配を利用したいという方は、79.8%にものぼるという結果でした。

 

 

 


本イベントでは、不動産と物流、そしてそれらを支えるIT業界の最先端で活躍される方々をお招きし、「置き配」の新しいカタチをお届けするとともに、このコロナ禍によって加速する非接触・非対面といった生活DX(デジタル・トランスフォーメーション)の領域にフォーカスをあてたトークセッションを開催します。

 ■概要
名称 置き配カンファレンス 不動産と物流の未来
日時 2021年7月15日(木) 15:00-19:00
視聴 オンライン
参加 無料
登壇企業 Amazon Japan、ヤマトホールディングス、Yper、クックパッド、ライナフ

Hmlet Japan、三好不動産、三菱地所、他
参加登録 https://linough.com/package-drop-service/okihai-conference

 

■メディア関係者の方へ
カンファレンス取材をご希望のメディアの方は、以下のメールアドレス宛に3点情報を記載の上、直接ご連絡ください。

お問い合わせ先:pr@linough.com
・メディア名・または所属名
・氏名
・電話番号

 ※ライナフ調査:2021年4月〜6月実施
 ライナフにて置き配システムを導入した物件の入居者198名へのアンケート結果より

 ■株式会社ライナフについて(https://linough.com/
2014年設立。AI、IoTの最新技術を活用した不動産管理ソリューション「ライナフスマートサービス」を展開。歩きながら顔認証するエントランスシステム「ライナフGate」、美和ロックと共同開発の住宅向けスマートロック「NinjaLockM」をはじめ、入居前のリーシング業務から入居後の物件管理に至るまで、不動産業務を効率化するサービスを展開。IT技術を活用し、オートロック付き物件における安全な置き配の普及を目指した「置き配 with Linough」を推し進める。東急住宅リース、Good不動産、工藤建設、BRI等、連携実績多数。

設立  :2014年11月

代表者 :代表取締役 滝沢 潔
URL :https://linough.com/
本社  :東京都文京区湯島1-6-3 湯島一丁目ビル 2階
事業内容:スマートロックブランド「NinjaLock」の製造・販売
     不動産管理ソリューション「ライナフスマートサービス」の開発・運営

 ※本プレスリリースに記載の会社名、サービス名は、各社の登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ライナフ >
  3. ライナフ、不動産と物流の未来を知る、置き配カンファレンスを初開催