■【最新「メンズ脱毛」指針】毛の処理初心者の男性へ捧ぐ!事前に知っておきたい脱毛知識/《男性のアンダーヘア脱毛》 男女ともに6割以上「賛成」、人気の形には‟男女差“も

◎男女別でみる「ヒゲ」や「エチケット部位(アンダーヘア)」の【人気デザインランキング】発表!

コロナ禍における生活様式の変化から巣ごもり生活や在宅勤務、緊急事態宣言による飲食店の時短要請など外出を控えた生活が続いています。一方で人に会う機会が減ったとはいえ、ニューノーマル時代の中でも変わらず拡大傾向にある男性の美容市場。ダイバーシティ(多様性)時代の今、男らしさ・女らしさといった旧来の価値観や行動にとらわれず美容に前向きな方が増えています。
「毛の処理」に至っては、おうち時間が増えたことで、家庭用光美容器やセルフ除毛器(シェイバー)等のアイテムを手に取る方や、エステサロンでの光減毛やワックス処理、クリニックでの医療レーザー脱毛など身だしなみの一環として専門機関でのケアをされる方が増加傾向にあります。また肌の露出やニオイ・ムレが気になるこれからの季節、「毛をなくしたい(薄くしたい)」と考える機会も更に増えるのではないでしょうか。

男性専門の医療脱毛専門院『メンズリゼ』(医療法人社団風林会 /東京都新宿区、総院長:赤塚正洋)の場合、脱毛ニーズ順では【①ヒゲ ②全身 ③アンダーヘア(Vライン・男性器・肛門周囲)」】がトップ3を占め、医療脱毛を契約された患者数を過去5年間(2015年~2020年)で比較すると【男性患者数は11.3倍増(前年比:1.4倍)】。今後も更なる成長が見込める市場であることが伺えます。 ※リゼクリニックの場合、女性患者数は4.7倍増(前年比:1.2倍)
 

とはいえ、「毛の処理はしてみたいけれど、ケア方法の正解や指針が分からないから迷っている」という方や、脱毛に対して間違ったイメージを持たれている方がいるなど、脱毛迷子の男性が見受けられるのも事実です。


そこで当院では20~40代822名(男性411名・女性411名)を対象に【メンズ脱毛指針:「毛の処理(脱毛・除毛)」に関する調査】を実施(対象期間:2021年2月22日~23日の2日間・インターネット調査)。
 

男女別での【アンダーヘア脱毛やヒゲ脱毛の人気デザインランキング調査結果】は、「どんなデザインにすればいいの?」と悩む方への参考に。

また「エステとクリニックの脱毛って、一体どう違うの?」「脱毛で、形を整えることができるの?」「アンダーヘア脱毛のメリットは?」等、よくある「毛の疑問や必要性」に関し、当院総院長の赤塚正洋医師が一部解説をいたします。



 
  • 【メンズ脱毛指針:「毛の処理(脱毛・除毛)」アンケート調査】概要
  • 各詳細は「概要」以降、または添付PDF資料をご参照ください ※当データやコメントを使用の際は【男性の医療脱毛専門院『メンズリゼ』調べ】を記載ください
■男性のアンダーヘア脱毛、どう思う?
男女ともに6割以上が「賛成」!特に20代は7割以上が賛成

■男女で差!「理想の男性アンダーヘアの形」ランキング
男性1位「無毛(31.4%)」に対し、女性は「逆三角形(40.1%)」
・男性トップ3: ①無毛 ②台形型 ③逆三角形
・女性トップ3: ①逆三角形 ②台形型 ③無毛  

■「男性のヒゲ」、人気のデザインは?
男女とも1位に「無毛」と回答、ツルツルが人気の結果に

​■「脱毛」のイメージは?
男女とも1位に「清潔感」も、2位回答は男性「世代・性別は関係ない」女性「手入れが楽」と続く。

■脱毛していそうな職業・職種は?
男女ともにトップ回答に「スポーツ選手」(アスリート脱毛)
・男性:①スポーツ選手 ②営業職 ➂モデル
・女性:①スポーツ選手 ②経営者 ➂モデル

■脱毛による「美肌効果」って、あると思う?
「得られると思う」と回答、女性(50.1%)に対し男性(27.0%)と男女で差

■「デザイン脱毛」って、できると思う?
女性「できる(82.7%)」の回答に対し、男性(62.8%)と認知度に差。もちろんデザイン脱毛はできます。
                                                               
■「医療脱毛」と「エステ脱毛」は同じ脱毛効果が得られると思う?
医師正解:「まったく違うもの」
男性40代の9割以上、女性40代の7割以上が「同じ」だと思っていることが判明。年代が下がるにつれて「医療脱毛とエステ脱毛での脱毛効果は違うもの」と認識。

■医療脱毛の施術イメージは?
「レーザーで毛の組織を破壊」女性半数以上が正しく認知、男性は4割にも届かず

 

 
  • ①【男性のアンダーヘア脱毛】男女ともに6割以上が「賛成」
◎男女とも20代は7割以上が男性のアンダーヘア脱毛「賛成」(男性20代72.3%、女性20代78.8%)、特に女性は8割に届く勢い
―――

【男性回答】質問/あなたは「アンダーヘア脱毛」をどう思いますか?(単一回答)
賛成                    男性63.3%(20代:72.3% 30代:59.9% 40代:57.7%)
反対                    男性33.3%(20代:27.0% 30代:37.9% 40代:35.0%)
どちらでもない   男性  3.4%(20代: 0.7%  30代: 2.2%  40代: 7.3%)



【女性回答】質問/異性の「アンダーヘア脱毛」をどう思いますか?(単一回答)
賛成                       女性66.2%(20代:78.8% 30代:66.4% 40代:53.3%)
反対                       女性29.2%(20代:19.0% 30代:29.2% 40代:39.4%)
どちらでもない       女性 4.6%(20代: 2.2% 30代: 4.4% 40代: 7.3%)

  • 【赤塚総院長による解説】男性がエチケット部位(Vライン・男性器・肛門周囲)を脱毛するメリット4つ!
メリットだらけの『アンダーヘア脱毛』ですが、誤った自己処理により肌を傷つけてしまうなどのトラブルに繋がる可能性もあります。デリケートな部分だからこそ、医師または医師の監督・指示のもと看護師が担当する『医療脱毛』がお勧めです。
・参考:当院の「デリケートゾーン脱毛(5回コース)」92,800円(税別)※2021年3月現在

①自己処理の手間が省ける
なんといっても一番のメリットは「面倒な自己処理の手間が省ける」ことが挙げられます。
日々の自己処理に費やす時間が減れば、その分ほかのことに時間を使うことができます。

 ②見た目を整える(清潔感アップ)
「薄くする(毛量・密度を減らす)」「形を整える」などそれぞれのご要望に応じてアンダーヘア脱毛(デザイン脱毛)が可能です。毛を薄く、更には形を整えることで下着から毛のはみ出しやチャックへの巻き込み防止にもつながり、ムダ毛を気にすることなく水着などを楽しむこともできます。

③清潔に保つ(衛生的)
デリケートゾーンは常に下着を身につけているため、特に夏場はムレやすく雑菌が繁殖しやすい部位です。
雑菌が繁殖すると湿疹やかゆみなどの肌トラブルやニオイの原因となりますが、ムダ毛の処理を行うことでこれらの問題を軽減できます。

④その他メリット
肛門周囲(Oライン)の脱毛をすると、「排せつ時の便の拭きとりが楽になり、肛門周囲を清潔に保てる」、ビキニ・男性器の脱毛をすると「陰毛がベッドに落ちなくなり掃除が楽」、「夜の営みの際に喜ばれる」といった点を日常生活でのメリットに挙げられる方も多くいらっしゃいます。



 

  • ②【男女で差!「理想の男性アンダーヘアの形」】男性1位「無毛(31.4%)」に対し、女性1位に「逆三角形(40.1%)」
◎男性20代・30代トップ回答は「無毛」。とくに20代男性は4割以上が「無毛がいい」と回答。女性は全世代1位「逆三角形」

―――
 【男性回答】質問/ご自身がアンダーヘア脱毛をするなら、どのデザインにしたいですか?(単一回答)
【トップ3】
無毛                  男性31.4%(20代:40.9% 30代:29.9% 40代:23.4%)
台形型                     男性24.8%(20代:23.4% 30代:22.6% 40代:28.5%)
逆三角形              男性20.4%(20代:16.1% 30代:22.6% 40代:22.6%)



【女性回答】質問/パートナー(異性)がアンダーヘア脱毛をするなら、どのデザインにしてほしいですか?(単一回答)
【トップ3】
逆三角形               女性40.1%(20代:41.6% 30代:37.2% 40代:41.6%)
台形型                   女性24.1%(20代:23.4% 30代:22.6% 40代:26.3%)
無毛                      女性18.2%(20代:24.1% 30代:19.7% 40代:10.9%)

 

 
 
  • ③【「男性のヒゲ」人気のデザインは?】男女とも1位に「無毛」(男性:67.9%、女性:75.2%)◎男女ともに、20代「男性のヒゲは、無毛派」が最多(20代男性:77.4%、20代女性:80.3%)
◎とくに20代女性の8割が「男性のヒゲは、無毛がよい」と回答する結果に(80.3%)
―――

【男性回答】質問/ご自身がヒゲ脱毛をするなら、どのデザインにしたいですか?(単一回答)
【トップ3】
無毛(ツルツル)               男性67.9%(20代:77.4% 30代:63.5% 40代:62.8%)
くち&あごヒゲタイプ         男性10.2%(20代: 5.8% 30代: 8.8% 40代:16.1%)
あごヒゲタイプ                   男性 8.8%(20代: 7.3% 30代:12.4% 40代: 6.6%)



【女性回答】質問/パートナー(異性)がヒゲ脱毛をするなら、どのデザインにしてほしいですか?(単一回答)
【トップ3】
無毛(ツルツル)                 女性75.2%(20代:80.3% 30代:72.3% 40代:73.0%)
あごヒゲタイプ                    女性10.9%(20代: 5.1% 30代:12.4% 40代:15.3%)
くち&あごヒゲタイプ            女性 6.6%(20代: 7.3% 30代: 3.6% 40代: 8.8%)

 
  • ④【「脱毛」イメージ】男女とも1位に「清潔感」も、2位回答は男女で差 …男性「世代・性別は関係ない」女性「手入れが楽」

質問/「脱毛」と聞いて、あなたが思い浮かべるイメージは何ですか?(複数回答)

【トップ5】
清潔感が得られる                      
男性38.0%(20代:44.5% 30代:33.6% 40代:35.8%)
女性60.3%(20代:54.7% 30代:66.4% 40代:59.9%)

世代・性別は関係ない          
男性29.9%(20代:28.5% 30代:28.5% 40代:32.8%)
女性37.0%(20代:38.7% 30代:36.5% 40代:35.8%)

お金がかかる                             
男性26.5%(20代:32.8% 30代:24.1% 40代:22.6%)
女性38.7%(20代:45.3% 30代:38.0% 40代:32.8%)

若い人がやるもの                      
男性26.0%(20代:23.4% 30代:25.5% 40代:29.2%)
女性19.7%(20代:22.6% 30代:17.5% 40代:19.0%)

美意識が高い                             
男性23.4%(20代:28.5% 30代:22.6% 40代:19.0%)
女性35.5%(20代:38.7% 30代:32.8% 40代:35.0%)

 
  • ⑤【脱毛していそうな職業・職種は?】男女ともにトップ回答に「スポーツ選手」(アスリート脱毛)

質問/男性が脱毛をしているイメージがある職業・職種をお選びください。(複数回答)

【トップ5】
スポーツ選手                        
男性45.0%(20代:46.7% 30代:41.6% 40代:46.7%)
女性65.5%(20代:65.0% 30代:67.2% 40代:64.2%)

営業職                  
男性34.1%(20代:35.8% 30代:29.2% 40代:37.2%)
女性33.6%(20代:35.0% 30代:38.7% 40代:27.0%)

モデル                          
男性28.0%(20代:22.6% 30代:29.2% 40代:32.1%)
女性34.3%(20代:35.8% 30代:29.2% 40代:38.0%)

格闘家・ボディビルダー       
男性25.3%(20代:28.5% 30代:20.4% 40代:27.0%)
女性29.0%(20代:27.0% 30代:29.2% 40代:30.7%)

経営者            
男性21.9%(20代:26.3% 30代:20.4% 40代:19.0%)
女性44.8%(20代:51.8% 30代:43.8% 40代:38.7%)

 

  • 【赤塚総院長による解説】 『アスリート脱毛』いま、アスリートたちがこぞって脱毛する理由とは?
水泳選手やボディビルダー、マラソンやバイク(自転車)、トライアスロン、フィギュアスケート、新体操、サッカー選手にラグビー選手・・・。

昨今、プロ・アマチュアのアスリートはもとより一般のスポーツマンや運動愛好家たちの間で『アスリート脱毛』が当たり前になりつつあります。
『アスリート脱毛』とは、全身脱毛やアンダーヘア脱毛ほか「パフォーマンスの向上や、鍛え上げた身体・筋肉を美しく魅せるために、ムダ毛・体毛の処理をすること」を指します。

当院では、『アスリート脱毛』が流行する背景に、以下7つの理由を考えています。
①パフォーマンスの向上 
②ケガなどの外傷時の処置やテーピング時にムダ毛が邪魔 
③鍛え上げた身体・筋肉を美しく魅せるため 
④エチケットの一環 ⑤メンタルの向上/体毛がないことでのゲン担ぎ(毛がない→ケガ無い) 
⑥清潔感のアップ 
⑦時間短縮


●詳細:「アスリート脱毛」アスリートたちがこぞって脱毛する‟7つの理由“とは?
https://www.rizeclinic.com/knowledge/31828.html


 

  • ⑥【脱毛による「美肌効果」】「得られると思う」と回答、女性(50.1%)に対し男性(27.0%)と男女で差(23.1%)
                                                      
質問/脱毛することで美肌効果が得られると思いますか?(単一回答)

思う            
男性27.0%(20代:32.8% 30代:24.1% 40代:24.1%)
女性50.1%(20代:62.8% 30代:44.5% 40代:43.1%)

思わない      
男性73.0%(20代:67.2% 30代:75.9% 40代:75.9%)
女性49.9%(20代:37.2% 30代:55.5% 40代:56.9%)

 

 

  • 【赤塚総院長による解説】脱毛することで「美肌効果」は期待できます
自己処理はお肌を傷つけます。自己処理を頻繁にすると、だんだん肌がかたくなり黒ずみの原因にもなりやすいので、なるべく早めの時期に、医療機関などでの「脱毛」をすることを考えてみるのがよいと思います。
特に「医療レーザー脱毛」は皮膚表面にはダメージを与えずに、毛根と発毛に関わる毛母細胞だけにダメージを与えます。
また、プロの手に任せて脱毛をする際の最大のメリットは脱毛の施術後は自己処理が軽減するので「自己処理が楽」になり、誤って肌を傷つける危険性も減り「美肌効果」が期待できます。

脱毛をして自己処理の頻度が少なくなるだけで、自己処理で黒ずんでしまった肌も少しずつ元の肌色に戻り、肌の状態もよくなります。

●詳細:『顔脱毛』の効果とメリット7つ(皮膚科医が解説)(https://www.rizeclinic.com/knowledge/32409.html


 

  • ⑦【「デザイン脱毛」って、できると思う?】女性「できる(82.7%)」の回答に対し、男性(62.8%)と認知度に差

質問/医療脱毛は、アンダーヘアやヒゲの「デザイン脱毛」ができると思いますか?(単一回答)

できる             
男性62.8%(20代:68.6% 30代:59.1% 40代:62.8%)
女性82.7%(20代:86.1% 30代:81.8% 40代:80.3%)     

できない         
男性37.2%(20代:31.4% 30代:40.9% 40代:37.2%)
女性17.3%(20代:13.9% 30代:18.2% 40代:19.7%)

 

 

  • 【赤塚総院長による解説】「薄くするだけ」「部分的に残す」など、【デザイン脱毛】は可能です
女性と違い、男性は全ての毛をなくすのではなく「全体的に薄くしたい」「一部分は残しておきたい」といったご要望が多いです。特にヒゲ脱毛においては繊細なデザイン力が求められます。

当院(メンズリゼ)の場合、初回照射時にデザインサンプルを見ながら仕上がりイメージを選定します。患者様の毛量や毛の生え方によってはご希望の仕上がりが困難な場合もございますので、スタッフと相談の上、決定いたします。決定したデザインは電子カルテで全スタッフに共有するので、施術の度に希望を伝えていただく必要はありません。


 

  • ⑧質問:「医療脱毛」と「エステ脱毛」は同じ脱毛効果が得られると思う? ▶ 【正解:「まったく違うもの」】

質問/「クリニック(医療機関)」と「エステサロン」では、それぞれ「同じ脱毛効果」が得られると思いますか?(単一回答)

思う             
男性82.0%(20代:74.5% 30代:80.3% 40代:91.2%) 
女性56.9%(20代:38.7% 30代:58.4% 40代:73.7%)

思わない      
男性18.0%(20代:25.5% 30代:19.7% 40代: 8.8%) 

女性43.1%(20代:61.3% 30代:41.6% 40代:26.3%)

 

 

  • 【赤塚総院長による解説】医療機関(クリニック)での「医療レーザー脱毛」と、「エステ脱毛」はまったく違います
『医療レーザー脱毛』は、毛包に存在する毛を再生させる細胞(幹細胞)をレーザーによって破壊することにより「永続的な脱毛効果」を得る方法で、医師または医師の監督・指示のもと看護師が行なう脱毛です。多くは厚生労働省より認可を受けた医療用レーザー脱毛機を使用しており、効果が確実な脱毛方法です。毛根組織を破壊する行為は医療行為にあたるため、医療機関でのみ脱毛が可能です。

一方、『エステ(エステティック)脱毛』は、使用する機器(光脱毛器)の出力が弱いため、『医療脱毛』と比べ効果が出るまでに時間がかかり、さらに時間が経過すると毛が元の状態に戻ってしまうことがあります。一時的であっても減毛が可能な程度のエネルギーを照射する処置は「医療行為」になるため、本来エステティシャンが施術を行なうエステサロンでは脱毛はできません。(医師が存在しないエステサロンでの施術は法律で禁止されています。)脱毛(毛根組織を破壊する行為)は医療機関でのみ可能なため、多くのエステサロンでは制毛や除毛という言葉が使われています。
『医療レーザー脱毛(医療脱毛)』は、在中する医師が適切に対応(治療)するため、安心して施術いただけると思います。

※エステサロンでは医師が在中しておらず、迅速に適切な処置を受けることができません。


 

  • ⑨【医療脱毛の施術イメージ】「レーザーで毛の組織を破壊」女性半数以上が正しく認知、男性は4割にも届かず
◎【医療脱毛の誤解】「機械で毛を焼く」「毛を溶かす」「毛を抜く」など異なるイメージを抱く方も

質問/「医療脱毛」はどのような方法で施術が行われると思いますか?(複数回答)
※医療脱毛をすでに経験済の方は、経験前のイメージをお答えください

【トップ3】
レーザーで毛の組織を破壊                         
男性39.9%(20代:44.5% 30代:40.1% 40代:35.0%)
女性54.3%(20代:54.0% 30代:52.6%               40代:56.2%)

機械で毛を焼く                                  
男性27.0%(20代:32.1% 30代:27.7% 40代:21.2%)
女性24.1%(20代:32.1% 30代:25.5%               40代:14.6%)

薬剤で毛を溶かす                               
男性18.0%(20代:16.8% 30代:20.4% 40代:16.8%)
女性 7.5%(20代: 8.0% 30代: 5.8%                40代: 8.8%)
 

  
  • 【赤塚総院長による解説】医療脱毛は、医療用レーザー脱毛機で「毛根組織自体を破壊」します
「医療脱毛」で使用されるのは厚生労働省から認可を受けた『医療用レーザー脱毛機』であり、レーザーによって毛根組織を破壊することで生えてくる毛を確実に減らします。「毛根組織を破壊する」ことは医療行為にあたるため、上記の方法は医療機関のみで許されています。

エステサロンでの「エステ脱毛」は「光によって毛根にダメージを与える」という行為自体は変わらないものの、使用する機器(光脱毛器)の出力(光の強さ)が制限されるため、「医療脱毛」と比べて効果が出るまでに時間がかかり、一時的に毛が生えてこなくなっても、時間が経つにつれ元の状態にもどってしまう場合もあります。
 

 

  • 全国で24院展開する医療脱毛専門院『メンズリゼ』

◎診療科目:美容皮膚科(医療脱毛専門)
◎診療時間:10:00~20:00(不定休、予約制)
※提携院は各院に準ずる

・公式サイト:https://www.mens-rize.com/
・ヒゲ脱毛専門サイト:https://hige.mens-rize.com/

 

 

■メンズリゼ総院長 赤塚正洋医師(あかつかまさひろ)

 




 
  • 本件に関するお問合せ先
広報:伊藤美沙子・有堀紗織・下谷弥生
pr@rizeclinic.com

《医療脱毛専門院『メンズリゼ』/医療法人社団風林会》
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル8F
TEL:03-5155-6535
  1. プレスリリース >
  2. 医療法人社団風林会 リゼクリニック >
  3. ■【最新「メンズ脱毛」指針】毛の処理初心者の男性へ捧ぐ!事前に知っておきたい脱毛知識/《男性のアンダーヘア脱毛》 男女ともに6割以上「賛成」、人気の形には‟男女差“も