日本初!競馬場のノラ猫60匹に無料不妊手術 どうぶつ基金

佐賀競馬場 多頭飼育崩壊状態!どうぶつ基金が全頭不妊手術で救済

イヌやネコの殺処分ゼロを目指す「公益財団法人どうぶつ基金」(兵庫県芦屋市)は、佐賀県鳥栖市行政からの要請を受け、佐賀競馬場に生息するノラ猫60匹に不妊手術、ワクチン、ノミダニ駆除を無料で施します。一斉手術は12月8日にどうぶつ基金病院(福岡県みやま市)で行われます。

佐賀県と鳥栖市で構成する佐賀県競馬組合が運営を行っている佐賀競馬場では、敷地内の厩舎に野良猫が60匹ほど住みつき厩舎によっては置きエサを設置しているところもあるため、毎年繁殖を繰り返しており猫の糞尿等で困っていました。そこで、これ以上頭数を増やさないためにも地元ボランティアと協力しながら、どうぶつ基金の「TNR地域集中プロジェクト」事業を活用し、野良猫問題を解決たいと、鳥栖市から、どうぶつ基金に全頭不妊手術の要請がありました。
公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/contribution3/

どうぶつ基金ではこれを受諾し12月8日にどうぶつ基金病院(福岡県みやま市)で60匹の一斉不妊手術、ワクチン投与、ノミダニ駆除が行われます。
猫の捕獲や保護は地元ボランティアが職員と協働して行います。競馬場から病院までの運搬は競馬馬用の安全な運搬専用車で行います。

どうぶつ基金の佐上邦久理事長(62)は「公設市場や公園、公営住宅などで猫が繁殖した場合、行政から申請があり、捕まえて不妊手術をして元いた場所に戻すという、さくらねこTNR(ティーエヌアール)が行われていますが、競馬場からの不妊手術要請は日本初(※1)です。今回が良き前例となり、全国の競馬関係者の皆さんも馬さんもネコを優しく見守ってともに生きてほしい」と、全国の競馬場での馬、猫、ヒトの共生を訴えました。

※1:当財団調べ 2022年11月現在「日本の競馬場でのノラ猫の一斉TNR」として


公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/contribution3/


佐賀競馬場さくらねこTNRプロジェクト スケジュール
捕獲
12月7日まで 場所:佐賀競馬場厩舎周辺
無料不妊手術
12月8日 場所:どうぶつ基金病院 住所:みやま市瀬高町東津留67-1 清掃センター内











 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人どうぶつ基金 >
  3. 日本初!競馬場のノラ猫60匹に無料不妊手術 どうぶつ基金