【YouTubeランキング】月間動画再生数<企業公式>~飲料系企業の広告費大/コミックシーモア大量運用~(8月)

政府関係の動画が1位2位にランクイン。
食品・飲料系の企業の動画が、10動画中5動画ランクインしており、特に『Glico Japan江崎グリコ 公式』は、3位(553万再生)と8位(309万再生)にランクインしており、合計の再生数は862万再生にも及ぶ。
『コミックシーモア【公式】』は4位(550万再生)と5位(395万再生)にランクインしており、合計で945万再生となっている。
※NEWSやアニメ映像など、メディア系企業の自社チャンネルは企業公式チャンネルの対象外としております。また、“ノンスキッパブル広告”と“バンパー広告”は、Googleが再生数としてカウントしない為、本ランキングの再生数には含まれております。
株式会社アナライズログが運営するYouTube分析ツール『Digital Creators(デジタルクリエイターズ)』が独自に調査したYouTube週間動画再生数ランキングTop10を発表します。対象は、8月1日~8月31日にアップされた動画となります。15位までのランキングは下記、デジタルクリエイターズで発表しています。
https://digitalcreators.jp/youtube_ranking_1m_official_220901/
※本PRtimesに公開した記事は、nofollowをつけずに上記ランキングのリンクを設定した場合のみ、使用許諾をしております。
  • 企業・公式動画再生数ランキングTOP10

 

 

 

YouTubeランキング【企業公式】YouTubeランキング【企業公式】

厚生労働省(1位)
コロナ感染症対策に関する動画。
感染者数が小康状態となりつつあり、熱中症予防の為、”屋外ではマスクを外しましょう”と呼びかける。
YouTubeを普段から視聴している人は、必ず一度は目にしたことのある動画ではないか。

外務省(2位)
アフリカの開発をテーマとし、日本政府が主導する国際会議”TICAD”に関する動画を公開している。
日本政府の研修プロジェクトに参加した方々のインタビューを公開しており、1993年から開始したこの会議の歴史を辿っていく。
この動画は、日本国内というよりは、海外をターゲットとした英語の動画なので、この動画自体をランキングに含めるかどうかは迷いましたが、今回は対象とさせて頂きます。

Glico Japan江崎グリコ 公式(3,8位)
3位にランクインしたのは、『松島花』が出演する『アーモンド効果』のCM素材動画。

9位には、『BifiXヨーグルト』のCM素材がランクイン。
腸内で生成される”タンサ(短鎖)脂肪酸”という物質に着目し、”ビフィズス菌BifiX”と”食物繊維イヌリン”結合することで多くの”タンサ脂肪酸”が生成される為、この2つの栄養素の紹介が入ったCM動画となっている。

コミックシーモア【公式】(4,5位)
4位にランクインしたのは、『竹内涼真』と『中条あやみ』『ケンドーコバヤシ』が出演しているCM素材。
”作品数業界最大級の電子コミック・電子書籍配信サイト”をタワーで表現し、楽しいCM素材となっており、”作品数業界最大級”のパワーワードには、誰しもが惹かれてしまうのではないか。

同じ『コミックシーモア』のCM素材だが、6位は『中条あやみ』のドアップなアングルで始まるCM素材。
おすすめの漫画として、10月にアニメが放送予定の『チェンソーマン』と、9月30日に映画公開を控える『マイ・ブロークン・マリコ』、『賭博目次録カイジ』を紹介している。

モンスト(モンスターストライク)公式(6位)
堤防で、Adoの『新時代』を鼻歌で口ずさんでいるシーンから始まるCM素材で、『モンスト』の『ONE PIECE』コラボ宣伝素材となっている。

アサヒ飲料公式YouTubeチャンネル(7位)
『みちょぱ』こと『池田美優』が出演しており、『ウィルキンソン』の『#sober(タグソバー)』の宣伝動画。
”#(ハッシュタグ)”をラベルにも使用することで、昨今のSNS運用等にもマッチする商品となっているのではないか。

森永製菓(9位)
 オフィスシーンでの撮影となっているが、『なにわ男子』が次々にドアップで映されていくCM素材。
視聴者側が、仕事でミスをした設定になっており、メンバーと会話し、励ましてくれるようなやり取りも織り交ぜられており、ファンはもちろん、広告として流れてきた人も、思わず視聴してしまう素材なのではないか。

株式会社 明治(10位)
昨今では当たり前になっている”手洗い””うがい”のルーティンの中に『R-1』を盛り込んだCM素材。
習慣化させるリズムとテンポ感が心地の良い動画になっている。
  • 【Digital Creators】YouTubeで人気の動画を週間ランキングで発表。


Digital Creatorsは、YouTubeの人気チャンネルや動画などのランキングデーターを無料でチェックできるサイトです。YouTube動画再生数ランキングは、週間ランキングや月間ランキングや年間ランキングなど期間別のランキングのほかに、ジャンル別ランキングなど、様々なデーターを公開していく予定です。
また、広告代理店や、YouTubeをプロモーションで活用したい企業の方に向けに、有料で、詳細データーも提供しています。
※DigitalCreatorsについてのプレスリリースは、別途、実施を予定しています。
  • 【運営会社:株式会社アナライズログについて】
弊社は、YouTuberなどの『クリエイター・ファースト』のエコシステムの構築、ならびに、アニメや漫画など日本コンテンツ企業のYouTubeをはじめとしたデジタル戦略作成&運用サポートを目的として、2018年5月に設立。現在はインフルエンサーのエージェントから、デジタル系広告代理店へと事業拡大を行なっています。

創業者チームはGoogle/YouTube、avex、みずほ銀行、人気YouTuberでの様々なバックグラウンドを持っており、YouTubeに関するノウハウだけでなく、テック&エンタテインメント&ビジネスにも強みを有しています。

従来の事務所型専属モデルではなく、エージェントという新しい形でオンラインクリエイターの新たなエコシステムの構築を目指しており、世界No.1YouTuberと言われる『Ryan’s World』(*)や『すしらーめん《りく》』、『こたみのチャンネル』、『せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii』、『ホモサピ』などの人気YouTuberを中心にエージェント契約を締結。

会社名: 株式会社アナライズログ
経営陣:
代表取締役CEO 三浦謙介
ファウンダー代表取締役COO 萩原穣
取締役:高木政臣
社外取締役:Benjamin Grubbs(Next10Ventures CEO)
社外取締役:池田竜介(YouTubeチャンネル『がっちゃんねる』運営)
設立:2018年5月22日
本社:東京都港区南青山 2-26-32 セイザンⅠ 1002
資本金:4億3993万円(資本準備金含む)
事業内容:YouTuberなどインフルエンサーのエージェント事業
URL:https://analyzelog.jp
デジタルクリエイターズ:​https://digitalcreators.jp/category/youtube-ranking
採用:https://www.wantedly.com/projects/598774
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アナライズログ >
  3. 【YouTubeランキング】月間動画再生数<企業公式>~飲料系企業の広告費大/コミックシーモア大量運用~(8月)