セ・パe交流戦 後節 DAY4(M vs G、B vs D、E vs S)【eBASEBALL プロリーグ 2020】

ロッテ・「井口選手」がサヨナラホームラン!オリックスは前田が完全試合達成!楽天待望の初勝利!

セ・パe交流戦 後節 DAY4(M vs G、B vs D、E vs S)のアーカイブはこちら!

 

「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1

【ロッテ 5x-4 巨人(クラウン)】

【出場プレイヤー】
M:下山○ G:坂東●

昨年のe日本シリーズで対戦したロッテと巨人の対決。目まぐるしく流れが変わったゲームは、ロッテがサヨナラでモノにした。

先手を取ったのはロッテ・下山。2回表に1死1、3塁の大ピンチを無失点でしのぐと、直後の2回裏には先頭・福田のヒットなどでチャンスを作り、田村のタイムリーヒットと三木の内野ゴロへで、2点を先制。さらに3回裏、マーティンがリリーフした中川の変化球を完璧に捉えてソロホームランを放ち、3対0とリードを広げた。
しかし、ここから巨人・坂東も反撃開始。4回表に坂本とウィーラーの2ベースヒットで1点を返すと、中島にもタイムリーが生まれ1点差に詰め寄った。4回裏には再び2点差に広げられたが、迎えた最終5回表、2死から吉川尚と丸の連打でチャンスを作ると、代わった澤村から坂本が放った打球は飛び込んだセンターのグラブを僅かに超える同点タイムリー2ベース。土壇場から巨人が同点に追いついた。
シーソーゲームの決着は5回裏、先頭打者のOB・井口がビエイラの直球を叩くと、打球は右中間スタンドへと飛び込むサヨナラソロホームランに。5対4と、ロッテが接戦をものにした。

勝ったロッテ・下山は持ち味の投球こそ4失点と奮わなかったが、劇的な一発で待望の今季1勝目。前の試合で完全試合を達成した巨人・坂東はまさかの5失点で、悔しいサヨナラ負けとなった。

■試合後コメント
待望の今季初勝利をサヨナラで手にしたロッテ・下山選手
「勝つって大変ですね…。(これまで点を取れていなかったので)点をとれたときは全身の力が抜けました。1点取れば勝てると自分に言い聞かせていたんですが、それで勝てるほどは、甘くはなかったです」
 

【5回裏】OB・井口がサヨナラホームランを放つ  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 



【オリックス 2-0 中日(クラウン)】

【出場プレイヤー】
B:前田○ D:菅原●

オリックス・前田、中日・菅原の対決は、プロリーグが始まる前年2017年に行われた全国大会決勝戦以来となる顔合わせ。互いに立場が変わって迎えた一戦は、オリックス・前田が、完全試合で勝利を飾った。

中日・菅原は序盤から積極的にスイングしていくものの、打球がことごとく野手の正面へと飛ぶアンラッキーなスタート。これがのちの大偉業に繋がることになる。2回には高橋のセンター前に落ちるかという打球が後藤のファインプレーに阻まれるなど、チャンスを作ることが出来ないまま試合は進んだ。
対するオリックス・前田も、中日投手陣を捉えきれずに3回まで無得点。しかし4回裏、1死1塁から打席に入った杉本が内角高めの速球を完璧に捉え、2点を先制。得点はこの2点のみだったが、これで十分だった。4回までパーフェクト投球の先発・富山が5回表のビシエドから始まる攻撃も三者凡退に抑え、見事に完全試合を達成。リーグでは今季2試合目となる大記録で、白星に華を添えた。

オリックスは富山が5回を投げ切り完全試合と、鮮やかな勝利でe交流戦を3勝3敗の勝率5割でフィニッシュ。敗れた中日・菅原はトンネルから抜け出せず、チームもe交流戦を2勝4敗の負け越しで終えた。

■試合後コメント
完全試合を達成し、見事な勝利を挙げたオリックス・前田選手
「一人ひとり、チームメイトと相談しながらいい感じで投げられたかなと思います。早いカウントから打ちにきている感じがあったので、ボールから入って、そこから組み立ててもいけるなという感覚でした」

完全試合を達成したオリックス・前田  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 



【楽天 4-1 ヤクルト(クラウン)】

【出場プレイヤー】
L:村上○ DB:渡部●

楽天とヤクルトの対決は、両チーム計13安打が飛び交った打撃戦を楽天が制し、12戦目にして待望のチーム今季初勝利を挙げた。

先手を取ったのはヤクルト・渡部。2回表に廣岡でレフトへソロホームランを放ち先制点を挙げる。これが自身にとってプロリーグ初ホームラン初得点となる。
しかし直後の2回裏に楽天・村上が反撃を開始。ここまで3本塁打を記録している長打力に拘らず、軽打とバントヒットで1、2塁とすると、ロメロでも送りバントとスモールベースボールを徹底。続く代打・銀次で2点タイムリー3ベースを放ち逆転に成功すると、犠牲フライでさらに1点を追加した。
3回裏にも3連打で1点を追加した楽天・村上は、小刻みな継投で追いすがるヤクルト・渡部を振り切り、3回以降は無失点。最後は森原で締め、4対1で逃げ切り勝ち。プロリーグ初勝利、そしてチームとしても待望の今シーズン初勝利をe交流戦の最終戦で手に入れた。

勝利した楽天・村上は過去2戦続いた逆転負けの悪夢を振り払い、見事な逆転勝ち。対するヤクルト・渡部は6安打を記録したが、2つの併殺打が悔やまれる結果となった。

■試合後コメント
待望のチーム初勝利を挙げた楽天・村上選手
「安心しました。なかなかチームとして一勝ができないなかで、応援してくれている方々に本当に申し訳ないと思っていたので、スタートラインとしては遅いかもしれないですけれど、一勝できてよかったです」
 

待望のチーム初勝利を挙げここから勢いに乗りたい楽天  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 



現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=interleague

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. セ・パe交流戦 後節 DAY4(M vs G、B vs D、E vs S)【eBASEBALL プロリーグ 2020】