株式会社セレブリックス セールスカンパニー、パーパスとカンパニーロゴを刷新

企業の営業代行・営業コンサルティングサービスを提供する株式会社セレブリックス(本社:東京都江東区/代表取締役社長:北川和毅)セールスカンパニーは、リブランディングを行い、2022年4月1日より新しくパーパスを策定したことをお知らせいたします。


■パーパス刷新の背景

セレブリックスは、これまで支援してきた1,200社、12,000サービスの営業データやノウハウを軸に、企業の営業活動をより良くする支援を行っています。「営業といえばセレブリックス」「営業のプロフェッショナル集団」をスローガンとして営業において第一想起される存在を目指して活動してきました。

しかし、VUCAという予測不可能な時代、先を読むことは非常に困難で、何をやるかにこだわるだけでは、時代の変化に対応できません。誰のどんな問題や痛みを解決したいかという、ブレのないありたい姿の軸を定め、それに伴った経営、事業、意志決定を行いたいと考えています。

そこで、「Be The HOPE ~営業のその先を考える~」というパーパスを掲げ、「営業の希望となる」存在として共有価値の創造を目指します。


■パーパス「Be The HOPE ~営業のその先を考える~」

私たちが目指す社会的存在意義は「営業の希望となる」ことです。  
 
営業職は就労人口330万人と、国内でも4番目に多い職業と言われています。にも関わらず、親が子供つかせたくない職業ランキングの上位(※)に位置しています。※参照『日刊SPA』:https://nikkan-spa.jp/1462289
 
しかし、この多くの就労者がいる「営業」という仕事の負をなくしていければ、それは売る人にとっても買う人にとっても立派な社会貢献になると考えています。 営業成果を出せずに苦しんでいる人、営業のキャリアを見いだせない人、間違った営業をしたために、不幸になるお客様。そんな人達を少しでも減らしたい、そう思っています。 

本来の営業は、お客様に新しい世界を見せることができる、クリエイティブで価値の高い仕事です。  
私たちがこれまでの営業活動で得た、経験、ノウハウ、データを活用して、世の中の営業をよりよいものにアップデートしていく。そしてセレブリックスという人、情報、技術に触れた人たちに、明るい希望を照らす存在になりたいと思っています。 


■新しいロゴに込めた思い

「営業の希望となる」という想いを、希望や光を連想するサークルのシンボルマークで表現しています。
 


 
また、このシンボルマークであるセレブリックスサークルには
 
2つのC(CEREBRIX / CUSTOMER)
希望の光
包括
循環
の4つのコンセプトを融合させています。
 



新パーパスに掲げる「Be The HOPE」を青い光に火立てて、セレブリックスを通じて営業とユーザにとっての希望の光となれるようにと願いを込めました。モチーフの円は、セレブリックスが実現する社会を表し、今後の営業の在り方を考え、課題解決となるサービスや支援を包括的に提供し続ける姿を現しています。

 
ロゴの色についても、営業のその先のよりよい未来を実現するために、顧客や社会の課題に最初から最後まで携わるというメッセージをカラーに込めて、これまでの青一色から、青から水色のグラデーションに変更いたしました。  私たちセレブリックス セールスカンパニーは、このパーパスの元、セレブリックスという枠組みを超えて顧客の成長に必要なものを届ける存在として、営業に関するあらゆるサービスを提供してまいります。


■サービス展望

これまで軸としてきた、営業の仕組と実働部隊を提供する「営業支援事業」、営業の仕組化やノウハウを提供する「営業コンサルティング事業」という枠組みを超えた「セールスエージェンシー」を目指してまいります。

顧客をつくるという活動は、プロセスによってコミュニケーションの取り方が様々あります。
 
・商品を認知していない企業とのコミュニケーションには、広報やブランディング活動
・商品に関心を抱いた企業とのコミュニケーションには、コンテンツマーケティングやインサイドセールス
・商品を検討している企業とのコミュニケーションには、商談やクロージング
・商品を利用する企業とのコミュニケーションには、カスタマーサクセスやサポート
 
これらのプロセスで、「成果」をあげるために必要なソリューションを選定し、実行・解決に導く存在、それがセールスエージェンシーであると位置づけました。お客様の営業予算を預かり、営業起点でコンサルティング・教育・人材提供・メディア・コンテンツ・テクノロジー等様々なアプローチで組織の課題解決を実現します。


■株式会社セレブリックス セールスカンパニーCEO 松澤真太郎 コメント

VUCAという予測不可能な時代、先を読むことは非常に困難で、何をやるかにこだわるだけでは、時代の変化に対応できません。誰のどんな問題や痛みを解決したいかという、ブレのないありたい姿の軸を定め、それに伴った経営、事業、意志決定を行いたいと考えています。 
 
カンパニー制導入から1年。私たちセールスカンパニーは時代に合わせた営業を創り出す上でリブランディングを行い、「Be The HOPE ~営業のその先を考える~」というパーパスを策定しました。  
 
私たちが目指す社会的存在意義は「営業の希望となる」というメッセージです。セレブリックスの事業を通して、営業で成果を出せずに苦しんでいる営業パーソン、営業にキャリアを見いだせない人、間違った営業を受けて不幸になるお客様・・・そんな、営業という仕事における「負」を無くしていきたい。その先頭をセレブリックスが担っていきたいと考えています。 
 
これまでの常識にとらわれず、セレブリックスの資産である営業のメソッドやセールスデータ、人材を活用し、世の中の営業をアップデートして参ります。そして様々な企業様や個人の方々にとっての「希望」となれるよう、様々な課題にチャレンジしていきたいと思っております。 
 
引き続き「セレブリックス セールスカンパニー」にご期待いただけますよう宜しくお願いいたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆会社概要
商号 : 株式会社セレブリックス
代表者 : 代表取締役社長 北川和毅
所在地 : 〒135-0063 東京都江東区有明3-7-18 有明セントラルタワー7階
設立 : 1998年5月
事業内容: 営業コンサルティング、営業代行サービス
資本金 : 100,000,000円
URL : https://www.cerebrix.jp/
セールスカンパニーサイト:https://www.eigyoh.com/

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セレブリックス >
  3. 株式会社セレブリックス セールスカンパニー、パーパスとカンパニーロゴを刷新