東京レインボープライド2021のプライドウィークに、女子サッカーのWEリーグ所属のノジマステラ神奈川相模原、なでしこリーグ1部所属の大和シルフィードがプライドマッチを開催!

プライドハウス東京は「アスリート発信チーム」を通して、女子サッカー界へのLGBTQなどのセクシュアル・マイノリティに関する理解を広げる取り組みをスタートします。

任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムは、日本のLGBTQなどのセクシュアル・マイノリティ(以降、LGBTQ)の抱える課題や理解の促進に向けてスポーツの力を活用しています。また、スポーツ自体もLGBTQへの差別や偏見が強く残ることから、スポーツ自体の多様性理解の促進にも取り組んでいます。今後もスポーツ競技団体、リーグやクラブ、アスリート、専門家、アライ(ally*)の皆さまと協働し、スポーツの力を活用して誰もが自分らしくいられる社会とスポーツ文化を作っていきたいと考えています。

*アライ(ally):「ally」は「盟友、味方、同盟者」といった意味で、LGBTQの文脈では、LGBTQ当事者ではないが、LGBTQの活動を支持し、協働していく人のことを指すことが多い。
 
  • ノジマステラ神奈川相模原のホームゲームにてプライドマッチを開催
日本女子プロサッカーリーグ(Japan Women’s Empowerment Professional League)(以下、WEリーグ)所属のノジマステラ神奈川相模原(神奈川県相模原市)と連携し、4月29日のホームゲーム(プレシーズンマッチ)において、プライドマッチを開催します。
 

 

【2021年4月29日プライドマッチ情報】

 

2021WEリーグプレシーズンマッチ
ノジマステラ神奈川相模原VS三菱重工浦和レッズレディース


日時:2021年4月29日(木・祝)14:00キックオフ
会場:相模原ギオンスタジアム(神奈川県)
オンライン視聴:当日は以下のURLから試合を観戦していただくことができます。(https://elevensports.jp/video/72365

本試合では、大型ビジョンにて、WEリーグ岡島喜久子チェアや選手をはじめとするアライからのメッセージ動画の上映、さらには“レインボー”をつけてご来場頂いた方に先着100名様にグッズをプレゼントします。

*内容は変更となることがあります。
*本試合は「WEリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに基づいて運営及びチケットを販売致します。詳しくはノジマステラ神奈川相模原のホームページをご確認ください。

*今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況、政府発信、自治体判断等により、運用が急遽変更になる可能性があります。その際はノジマステラ神奈川相模原のホームページ等でお知らせ致しますので、予めご理解とご了承の程宜しくお願い致します。

 

  • 大和シルフィードのホームゲームにてプライドマッチを開催
日本女子サッカーリーグ(Japan Women’s Football League)(以下、プレナスなでしこリーグ1部)に所属している大和シルフィード(神奈川県大和市)と連携し、5月2日のホームゲームにおいて、プライドマッチを開催します。
 

【2021年5月2日プライドマッチ情報】
2021プレナスなでしこリーグ1部 第6節
大和シルフィードVSコノミヤ・スペランツァ大阪高槻


日時:2021年5月2日(日)13:00キックオフ
会場:大和なでしこスタジアム(神奈川県)

オンライン視聴:当日は以下のURLから試合を観戦していただくことができます。(https://youtube.com/c/nadeshikoleague

本試合では、出場選手やチームのスタッフがレインボーシューレースを着用します。さらに、会場内にてプライドハウス東京のパネル展示や「Sport for everyone」や「プライドハウス東京レガシーハンドブック」などの冊子の配布を行うブースを設置します。プライドハウス東京オフィシャルグッズの販売によるドネーションも開催致します。
 

そして、試合のキックオフ前にはプライドハウス東京代表の松中よりプレゲームイベントとしてご挨拶させていただきます。試合の観戦方法やチケットの購入などは大和シルフィードのホームページをご確認ください。

*内容は変更となることがあります。
*本試合は、日本女子サッカーリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに基づく、「制限付きの試合開催(厳戒態勢)」となります。詳しくは大和シルフィードのホームページをご確認ください。

*今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況、政府発信、自治体判断等により、運用が急遽変更になる可能性があります。その際は大和シルフィードのホームページ等でお知らせ致しますので、予めご理解とご了承の程宜しくお願い致します。

また、プライドマッチに先立ち、4月17日に研修会を開催。プライドハウス東京アスリート発信チームのチームリーダーである野口亜弥(一般社団法人S.C.P. Japan)より、大和シルフィードの選手・スタッフの皆さまへ「性の多様性について」の講義を行いました。
 
  • プライドハウス東京「アスリート発信チーム」 今後の活動
①女子サッカーを起点とした6月のプライドマンス(Pride Month*)に向けたプライドムーブメントの醸成

ノジマステラ神奈川相模原、大和シルフィードのプライドマッチをモデルとし、6月のプライドマンスに向けて女子サッカー界を起点にプライドムーブメントの醸成を作っていきたいと考えています。5月から6月上旬にかけて女子サッカー・フットサルチームなど、ご賛同いただけるリーグやクラブ、選手の皆さまへのLGBTQ研修会を企画しています。6月のプライドマンスでは、多くの女子サッカーリーグやクラブの皆さまとプライドマッチを開催していきたいと思っておりますのでご関心ある方は是非ご連絡ください。

さらには、LGBTQ当事者アスリート、アライアスリート、アライクラブやリーグのオーナーや監督からのメッセージ動画の作成も予定しています。今後のプライドマッチの詳細については、プライドハウス東京のWEBサイトやSNS等にて随時更新・発信していきますので、是非ご確認いただき、6月のプライドマンスに向けて皆さんで盛り上げていきましょう!

*プライドマンス(Pride Month):LGBTQの人権に関する運動の転換点となったと言われるストーン・ウォールの反乱が起こったのが1969年6月28日だったことから、6月はプライドマンス(Pride Month)と呼ばれるようになり、世界各地でLGBTQの理解促進を目指すイベントなどが開催されている。

②アスリートアライ(Athlete Ally)と連携したスポーツ団体/リーグ/クラブ向けのLGBTQとスポーツのガイドブックの制作

アメリカを拠点に活動する非営利団体アスリートアライ(Athlete Ally)と協働して、日本のスポーツ団体・チーム・クラブ向けにガイドブックを作成予定です。アスリートアライは、教育機関・スポーツ団体・アスリートと連携して、スポーツ界のLGBTQコミュニティに対する構造的・制度的抑圧の解消に取り組むアメリカ屈指の非営利団体です。性的指向・性自認・性表現にかかわらず、全ての人が安心してスポーツに取り組める環境をつくるには?スポーツをプラットフォームにLGBTQへの理解を促進するには?コーチ・運営者としてできることは?本ガイドブックが、このような疑問を持つスポーツ団体、リーグ/クラブ関係者のLGBTQフレンドリーなスポーツ環境作りに向けたアクションのきっかけとなることを目指しています。
 
  • 「プライドハウス東京」コンソーシアム
「プライドハウス東京」には、現在、15の企業が協賛・参画、19の駐日各国大使館と駐日欧州連合代表部が後援。LGBTQやソーシャル関連の活動を行う29のNPOや個人とともに、「教育・多様性発信」「文化・歴史・アーカイブ」「セクシュアルヘルス・救済窓口」「アスリート発信」「祝祭・スポーツイベント・ボランティア」「居場所づくり」「仕組みづくり」「レガシー運営チーム」という個別テーマを掲げた8つのチームにわかれ、協働プログラムを企画・実施しています。

■団体・個人(計:団体27/個人6)
◎NPO法人 akta(代表:岩橋 恒太)
◎一般社団法人 S.C.P. Japan (共同代表:野口 亜弥)
◎NPO法人 エティック(代表:宮城 治男)
◎任意団体 LGBTQアライ・コミッティ@Accenture(代表:佐藤 守)
◎NPO法人 カラフルチェンジラボ(代表:三浦 暢久)
◎NPO法人 グッド・エイジング・エールズ(代表:松中 権)
◎NPO法人 グリーンバード(代表:福田 圭祐)
◎サウザンブックスPRIDE叢書(代表:古賀 一孝)
◎NPO法人 GEWEL(ジュエル)(代表理事:小嶋 美代子)
◎任意団体 手話フレンズ(代表:モンキー高野)
◎一般財団法人スポーツ&ライフ振興財団(代表:武田 利也)
◎NPO法人 東京レインボープライド(共同代表:杉山 文野、山田 なつみ)
◎任意団体 読書サロン(代表:安田 葵)
◎任意団体 にじいろかぞく(代表:小野 春)
◎認定NPO法人 虹色ダイバーシティ(代表:村木 真紀)
◎NPO法人 日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+)(代表:高久 陽介)
◎NPO法人 ハートをつなごう学校(代表:杉山 文野)
◎任意団体 Proud Futures(共同代表:小野 アンリ、向坂 あかね)
◎任意団体 フルーツ・イン・スーツ東京(FinS Tokyo)(代表:Loren Fykes)
◎認定NPO法人 ぷれいす東京(代表:生島 嗣)
◎任意団体 虫めがねの会(代表:鈴木 茂義)
◎任意団体 University Diversity Alliance (代表:五十嵐 浩也)
◎認定NPO法人 ReBit(リビット)(代表:藥師 実芳)
◎NPO法人 レインボーコミュニティcoLLabo(代表:鳩貝 啓美)
◎NPO法人Rainbow Soup(代表:五十嵐 ゆり)
◎任意団体 Rainbow Tokyo 北区(代表:時枝 穂)
◎NPO法人 レインボー・リール東京(代表:宮沢 英樹)
◎浅沼 智也(トランスジェンダー活動家)
◎井上 道博
◎田口 周平
◎野老 朝雄(アーティスト)
◎野村 恒平
◎山縣 真矢(編集者/ライター)

■企業(計:15)
<レインボー>
◎EY Japan
◎シスコシステムズ合同会社
◎大日本印刷株式会社
◎野村ホールディンングス株式会社
◎パナソニック株式会社
<ダイヤモンド>
◎日本生命保険相互会社
◎P&Gジャパン
<ゴールド>
◎アサヒビール株式会社
◎株式会社アシックス
◎NTTグループ
◎大和ハウス工業株式会社
◎日本コカ•コーラ株式会社
◎ビザ・ワールドワイド
◎富士通株式会社
◎株式会社みずほフィナンシャルグループ

■大使館(計:20)
<特別後援>駐日オランダ王国大使館
<後援>駐日アイスランド大使館/駐日アイルランド大使館/在日アメリカ大使館/駐日イスラエル大使館/駐日英国大使館/在日オーストラリア大使館/在日オーストリア大使館/駐日欧州連合代表部/在日カナダ大使館/在日スイス大使館/駐日スウェーデン大使館/駐日スペイン大使館/駐日デンマーク大使館/駐日ドイツ連邦共和国大使館/駐日ニュージーランド大使館/駐日ノルウェー大使館/駐日フィンランド大使館/在日フランス大使館/在日メキシコ大使館

■後援(計:9)
国連合同エイズ計画・UNAIDS(協働覚書締結)/東京都/新宿区/公益財団法人 日本オリンピック委員会/公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会/公益財団法人 日本スポーツ協会/公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会/一般財団法人 東京マラソン財団/一般社団法人 日本ラグビーフットボール選手会
 
  • 「プライドハウス」とは
オリンピック・パラリンピックなどの国際スポーツ大会の開催にあわせて、セクシュアリティを問わず、あらゆる人が安心して過ごせる場所を提供することを中心に、LGBTQに関する地域情報や文化情報の提供、LGBTQとスポーツという視点での課題やその解決方法や学びの提供、地域の住民や来訪者問わず参加できるスポーツイベントなどの実施といった機能を提供することを目指しています。過去のプライドハウス主催団体、今後プライドハウスを主催する予定の団体が、プライドハウス・インターナショナル(http://www.pridehouseinternational.org)というネットワークを形成し、情報共有などを行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人グッド・エイジング・エールズ >
  3. 東京レインボープライド2021のプライドウィークに、女子サッカーのWEリーグ所属のノジマステラ神奈川相模原、なでしこリーグ1部所属の大和シルフィードがプライドマッチを開催!