健康睡眠ライズ「東芝研修センター」に高反発マットレスと枕を導入

~ 人財育成を健康睡眠でサポート~

機能性寝具を企画・製造・販売するライズTOKYO株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:宮崎 誠司)が展開するブランド「RISE(ライズ)」の高反発マットレスと枕が、東芝総合人材開発株式会社(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:竹中 直紀 )が運営する「東芝研修センター」の宿泊棟全室に導入されました。

 

 


「東芝研修センター」とは

 「東芝研修センター」は、人財育成こそが会社の成長を支えるキードライバーであるとの信念のもと、人材開発ソリューションを提供する東芝総合人材開発株式会社が運営する研修施設です。全100室、最大1800名を収容できるさまざまなタイプの研修室を完備。今回、RISEの高反発マットレスと枕を導入した宿泊棟は、1998年に開設されました。東芝グループ以外の企業の受入れも可能で、あらゆる研修ニーズに応える充実の施設です。

RISEが採用された背景
 RISEと東芝グループとの出会いは、 RISEが推進する健康睡眠プロジェクトの一環で、2018年5月に東芝不動産株式会社で開催したイベント「脳活すいみんで見直す 働き方・休み方改革」に遡ります。
その後も東芝グループの各支店で、社員の健康をサポートするため質の高い睡眠がとりやすい高反発マットレスの体験会を実施させて頂くご縁がありました。
 東芝研修センターではここ数年、マットレスが柔らかいという声が多く、ちょうど入替えのタイミングでした。当初は試験的に数部屋へ導入の予定でしたが、商談を重ねる中で、健康睡眠の大切さに共感頂き、また、スリープオアシスを試された際には従来のマットレスとの違いを実感頂いたことで、全100室へ導入の運びとなりました。RISEはこれからも、高反発マットレスを通じてすべての人の健康睡眠をサポートして参ります。

「東芝研修センター」概要

○所在地:神奈川県横浜市港北区鳥山町555番地
     JR線・横浜市営地下鉄線「新横浜駅」下車 徒歩18分
○部屋数:全100室


「導入商品」概要

スリープオアシス マットレス

厚さ5cm、硬度の高い新次元高反発素材「3次元構造 高反発ファイバー」を採用。体圧を均一に分散することで自然な寝姿勢を保ち、スムーズな寝返りで熟睡をサポートします。中材まで洗える清潔マットレスです。

組 成
表側:(表部分)綿100%
   (グランド部分)ポリエステル100%
中綿・裏側:ポリエステル100%
裏地・マチ:ポリエステル100%
中袋:側地ポリエステル100%
中材:ポリエチレン


スリープオアシス 寝返りサポート枕

「3次元構造 高反発ファイバー」を採用した、高反発枕です。
ゆとりあるワイドサイズで、両サイドをゆるやかに高くした寝返りしやすい設計。理想の寝姿勢である 仰向けに戻りやすく、頚椎をしっかり支えます。

表側:綿100%  裏側:ポリエステル100%
中袋:ポリエステル100%
中材:ポリエチレン
高さ調整マット
中袋:ポリエステル100%
中材:ウレタンフォーム

「3次元構造 高反発ファイバー」の特徴


【東芝総合人材開発株式会社 企業情報】
東芝総合人材開発株式会社は、神奈川県横浜市に本社を置き、企業における人財育成と開発パートナーとして、「人づくり」に貢献する企業。
代表取締役:竹中 直紀
本社所在地:神奈川県横浜市港北区鳥山町555番地
<会社概要> https://www.toshiba-hrd.co.jp/company/profile.htm

【ライズTOKYO株式会社 企業情報】
世界中の人たちが睡眠を通じて健康的で快適な暮らしを実現できることを目指し、機能性に優れた良質な寝具を適正な価格で提供する寝具専門メーカー。
事業内容 :寝具、インテリア用品及び繊維製品全般の輸入販売、製造、販売
代表取締役:宮崎 誠司
本社所在地:東京都港区東新橋二丁目12番1号 PMO東新橋5階
<会社概要>https://corp.risetokyo.jp/about_us/company
<公式サイト>https://www.risetokyo.jp/
<脳活すいみん>https://kenko-suimin.jp/
<スイミン・スイッチ>https://suimin-switch.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライズTOKYO株式会社 >
  3. 健康睡眠ライズ「東芝研修センター」に高反発マットレスと枕を導入