「中小企業の生産性革命を実現する議員連盟」第4回総会を開催

「人的資本開示の世界的動向と国内の最新状況」をテーマに理事岩本隆が講演

一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会は、2022年2月2日に衆議院第二議員会館で開催された「中小企業の生産性革命を実現する議員連盟」の第4回総会(橋本岳 会長)へ協力団体として出席しました。
昨今の新型コロナウィルス感染症は我が国の経済界に多大なダメージをもたらすと共に、テレワークやそれに伴うICTツール導入は急速に普及しており、また今後、数年ごとに起こるであろうこのような天災・パンデミックに備えること、すなわち、一時的な対応ではなく、企業の在り方の抜本的な変革が中小企業にも求められています。

今回は前回(第3回総会)のメインテーマであった「従業員エンゲージメントの企業経営への活用」に関する議論を深めるとともに、「人的資本開示」を取り巻く世界的動向と従業員エンゲージメント活用の国内の政策的推進策について議論いたしました。企業と従業員の心理的結びつきの強さを表す従業員エンゲージメントに関する市場規模は右肩上がりに成長しており、新型コロナを原因としたコミュニケーション頻度の低下やメンタルヘルスの観点からも引き続き注目を集めており、実効的かつ大局的な支援策が求められています。

本会では、有識者として当協会理事である慶應義塾大学大学院経営管理研究科の岩本隆特任教授が「人的資本開示の世界的動向と国内の最新状況」をテーマに講演。さらに、従業員エンゲージメントサーベイのサービスを活用する事業者から最新の成功事例の発表が行われました。

関係省庁からは中小企業庁、経済産業省、金融庁が出席し、質疑応答では政産官学を交えて活発な議論が行われました。

本議員連盟では、さらなる中小企業の生産性革命を実現すべく、省庁の枠にとらわれない実効的な政策を検討するとともに、必要な法制度改正も含めた骨太かつ大所高所の検討を行って参ります。
 


「一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会」組織概要
■体制
代表理事 増田 寛也(東京大学公共政策大学院客員教授、元総務大臣、元内閣府特命担当大臣、元岩手県知事、日本郵政株式会社代表執行役社長)
理事 市川 芳明(多摩大学ルール形成戦略研究所客員教授、東京都市大学環境学部客員教授)
理事 岩本 隆 (慶應義塾大学大学院経営管理研究科特任教授)
理事 酒井 光郎(パブリックアフェアーズジャパン株式会社代表取締役社長)
監事 阿部 洸三(TMI総合法律事務所 弁護士)

アドバイザー
武藤 正樹(社会福祉法人日本医療伝道会衣笠病院グループ相談役、よこすか地域包括ケア推進センター長)
印南 一路(慶應義塾大学総合政策学部教授)
鈴木 寛 (東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部教授)
根来 龍之(早稲田大学大学院経営管理研究科教授、早稲田大学IT戦略研究所所長)

シニアポリシーフェロ―
双津 森雄(外務省を経て現職)
東  祐子(文部科学省、熊本県庁を経て現職)

■事務局
「一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会」事務局
TEL:03-6821-7869   /  FAX:03-6673-4282

■関連リンク
Webサイト  https://www.j-paa.or.jp
Facebook  https://www.facebook.com/japanpublicaffairs

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本パブリックアフェアーズ協会 >
  3. 「中小企業の生産性革命を実現する議員連盟」第4回総会を開催