Amazon Alexa対応スキル開発に関する当社の取り組みについて

~ 島田市が主催する高校生向けスキル開発体験ワークショップ開催を支援 ~

 
 株式会社TOKAIコミュニケーションズ(代表取締役社長:福田 安広、以下 当社)は、島田市が主催し平成30年8月8日に静岡県立島田工業高等学校(以下 島田工業高校)の生徒および教員を対象に開催した「Amazon Alexaスキル開発体験ワークショップ」において、同市の地域情報化施策の取り組みに賛同し、同ワークショップ実施のための技術支援を行いましたのでお知らせいたします。

 当社は、昨年11月よりAmazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応するスキル(様々な企業・個人が提供する機能)の開発支援サービスを提供しており、これまで多くのお客様のスキル開発を支援してまいりました。
 
 本ワークショップは、島田市が取り組む地域情報化推進の一環として、地域の高校生が最先端のAI音声認識技術に触れ、身近に感じてもらう機会の創出を目的として企画したものであり、同市の協力要請を受けた当社は、その趣旨に賛同し、これまで培ってきた技術・ノウハウを活かした技術支援を行いました。当社は、講師としてAmazon Alexaスキルに関する概要説明の講義を行うとともに、参加者に実際にスキル開発を体験してもらう体験学習を担当いたしました。

■Amazon Alexaスキル開発体験ワークショップ実施概要

(1)日時   :平成30年8月8日(水)13:00~16:15
(2)場所   :静岡県立島田工業高等学校(静岡県島田市阿知ヶ谷201)
(3)参加者  :島田工業高校の生徒28名、教員4名(合計32名)
(4)主催   :島田市(市長戦略部 広報情報課)
(5)協賛   :株式会社TOKAIコミュニケーションズ(同ワークショップの講師・支援人員の提供)
(6)内容   :講義(50分)、体験学習(120分)

 

       <講義風景>
 

 

      <体験学習の様子>
 

 

    <Amazon Echo イメージ>
 

 
 今回のワークショップは、島田市としても初の試みではありましたが、参加者から好評を得ることができ、大盛況のうちに終えることができました。また、本年8月29日にも、静岡県立島田商業高等学校にて同ワークショップが予定されています。
 今回の試みを契機として、今後も継続的な最新技術・ノウハウの習得・蓄積に努め、総合的かつ多角的な視点からお客様のさまざまなご要望にお応えするとともに、積極的に地域社会との交流を図り、新技術の普及促進にも貢献できるよう取り組んでまいります。


■「Amazon Alexa スキルアワード 2018」への協賛について
 昨年11月より日本国内でサービスが開始された「Amazon Alexa」のさらなる普及促進を目指し、魅力的なスキルとその開発者を審査・表彰する新規コンテストとして、アマゾンジャパン合同会社主催による「Amazon Alexa スキルアワード 2018」が開催されます。同アワードは、本年6月13日から8月27日の期間中にスキルの応募を受け付け、9月29日の決勝審査会を経て最優秀賞・部門賞・テーマ賞等が決定されます。また、同期間内には各所で関連イベントやハッカソンも実施されています。
 当社はプラチナスポンサーとして同アワードに協賛し、スポンサーテーマ賞として『毎日の生活に欠かせない賞』を提供いたします。みなさまのご応募をお待ちしております。
 Amazon Alexa スキルアワード 2018 公式Webサイト
 http://alexaskillawards.jp/

■サービス紹介Webサイト
 Amazon Alexa対応スキル開発支援サービスをはじめとする当社のAWSソリューションの詳細は、下記Webサイトをご覧ください。
 https://www.cloudsolution.tokai-com.co.jp/
                                                                                                    以上

* 記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。
 

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
 法人営業本部 クラウドソリューション推進室 担当:林
  E-Mail:csol@tokai-grp.co.jp
  ウェブサイト:https://www.cloudsolution.tokai-com.co.jp/alexa/
  1. プレスリリース >
  2. TOKAICOM >
  3. Amazon Alexa対応スキル開発に関する当社の取り組みについて