イグニション・ポイント、「働きがいのある会社」ランキングにて6年連続ベストカンパニーに選出

~新たに子育てサポートやMBA/MOT取得支援など社内制度を多数導入!多様な働き方を実現し、従業員の活躍をサポート~

新規事業創出、企業のイノベーションを支援するイグニション・ポイント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:青柳 和洋)は、Great Place to Work Institute Japan(GPTWジャパン)が実施している2022年「働きがいのある会社」調査の従業員100~999名の企業カテゴリーにおいて、創業3年目である2017年以来、6年連続で選出されました。

 

イグニション・ポイントでは、組織の最大の強みは“人”という考えのもと、社員がグループ会社のCEO・COO等に挑戦する「CXOチャレンジ制度」、社内の研修プログラム「IGP University」強化などをこれまで推進してきました。このような新規事業創出やデジタルテクノロジーのスキル向上など、幅広い自己成長の機会提供や、従業員が子育てなどの私生活と仕事を両立できる働きやすい環境づくりを進めています。
 
2021年度より新たに導入した取り組み例
  • ベビーシッター補助:内閣府ベビーシッター割引券を従業員に配布。
  • 提携保育園:都内中心に展開する内閣府所管の企業主導型保育園と提携。
  • MBA/MOT取得支援制度:業務外での個々人の新たなスキル・知識取得やキャリアアップを応援するための制度として、国内外大学でのMBA/MOTプログラム受講費用を会社が一部補助。
  • バリュー評価(360度評価):部下、同僚、上司からのフィードバックと、従業員自身による自己評価を収集するプロセス。

イグニション・ポイントは今後も、企業理念である「ゆたかな人生のきっかけを」の体現のため、職場環境や各種制度を時代に応じて柔軟に整えながら、サービス、コンサルティング、組織、企業運営を通じて、多様なプロフェッショナルが最前線で価値を生み出すことができるよう貢献し続けます。

【Great Place to Work® Instituteについて】
Great Place to Work® Institute Japanは「働きがいのある会社(Great Place to Work®)」に関する調査・評価・支援を行う調査機関です。企業に世界共通の基準でアンケートを実施し、「働きがいのある会社」と認められた企業を各国のメディアで発表しています。なお、「働きがいのある会社」ランキング(Best Workplaces List)は、米国では1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されており、このリストに名を連ねることが「一流の企業の証」と受け止められています。調査には毎年約60ヵ国で7,000社、500万人を超える従業員が参加しており、世界最大規模の従業員意識調査となっています。
本年度のランキング結果の詳細は、https://hatarakigai.info/ranking/japan/ でご覧いただけます。

【イグニション・ポイントについて】
イグニション・ポイントは、2014年より安定的に事業成長を続け、事業創出や戦略、デジタルテクノロジーを中心としたコンサルティング事業に加え、ワークデザイン、エクスペリエンスデザインサービスを展開。さらに、毎年複数の自社発スタートアップを創業し、成長軌道に乗せるなど、コンサルティングファームとしての顔と事業会社(新規事業創出)の二つの顔を併せ持つハイブリッドファームです。
役員として新規事業の立ち上げに携わることができるCXOチャレンジ制度など、独自の人事制度が評価され、Great Place to Work®️に「働きがいのある会社」として6年連続で選出されています。
URL:https://www.ignitionpoint-inc.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イグニション・ポイント >
  3. イグニション・ポイント、「働きがいのある会社」ランキングにて6年連続ベストカンパニーに選出