ワンダーラボ、アジア太平洋ソーシャル・イノベーション・パートナーシップ賞(APSIPA)を受賞。

​ワンダーラボ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶)は、カンボジアにおける取り組みで、アジア太平洋ソーシャル・イノベーション・パートナーシップ賞(APSIPA)を受賞いたしましたので、お知らせします。

 
  • APSISについて
アジア太平洋ソーシャル・イノベーション・サミット(APSIS)は、アジア太平洋地域において、最も規模が大きいソーシャル・イノベーションサミットのひとつです。

ソーシャル・イノベーションのエコシステムを強化し、各分野の専門家と協力しながら、持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指しています。
毎年約1,400名の参加者が集まり、意見交換や新たなパートナーシップ形成が行われています。今年のテーマは、「Reimagine Asia(アジアの再考)~ソーシャル・イノベーションの次期動向について~」。
サミットは8月に台湾桃園市で開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの開催となりました。

主催:台湾経済省
アドバイザー:桃園市行政院
※APSIS 2020の公式ページ: http://apsis.tw/?lang=en
 
  • APSIPAについて
アジア太平洋ソーシャル・イノベーション・パートナーシップ賞(APSIPA)は、日々増加するグローバルリスクに対し、持続可能な未来を作り上げるためのイノベーティブな取り組みが求められる中、多様なステークホルダーを結束し、社会に大きな影響を与えるソーシャル・イノベーション・パートナーシップを表彰するものです。
アワードは、「生物圏の持続可能性実現アワード」、「包摂的な社会実現アワード」、「社会の繁栄実現アワード」の3部門に分かれています。
 
  • ワンダーラボは「社会の繁栄実現アワード」を受賞
ワンダーラボは、カンボジア王国における、知育アプリ「シンクシンク」を通した教育の質向上への取り組みが評価され、16ヶ国、95団体の応募の中から、「社会の繁栄実現アワード」に選ばれました。

公式サイトにおける入賞発表:
https://si.taiwan.gov.tw/Home/News?Fid=107&lang=en

カンボジアにおけるワンダーラボの取り組み:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000012970.html
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000012970.html

入賞者としてAPSISにて会社の取り組みについて紹介し、台湾デジタル担当大臣のオードリー・タン氏をはじめとする審査員と、ソーシャル・イノベーションについての意見交換を行いました。また、入賞者がインタビューに答えるポッドキャストと記事も公開されています。
https://www.impactboom.org/blog/2020/9/30/asia-pacific-social-innovation-partnership-award-winners-shine-light-on-social-prosperity-initiatives

 

 

  • ワンダーラボ 会社概要
ワンダーラボは、2014年創業の教育テック(EdTech)分野のスタートアップです。子どもたちが本来持っている「知的なワクワク」を引き出すためのコンテンツを開発・運営しており、国際的な算数大会の問題などを多数製作・監修している、STEAM/STEM教材・思考力教材製作のパイオニアです。

2017年にリリースした思考力育成アプリ「シンクシンク」は、日本e-Learning大賞 Edtech特別賞受賞、海外でGoogle Play Awards 2017/2019 TOP5選出(*1)(*2)など、国内外で高い評価を得ています。同アプリは抽象思考の基礎となる思考センスを育てる問題を多数収録し、世界中に配信しており、JICA・慶應義塾大学との実証実験では、学力・非認知能力の両面に高い効果が確認されています(*3)。
また、三重県と「教育振興のための包括協定」を締結し、2018年度より、同県全土への教材提供やアドバイスを行っている(*4)他、カンボジアではJICA・政府との協働案件として同国への思考力教育の導入を推進するなど(*5)、国内外で官学と連携した取り組みを行っています。

 2018年11月には、世界最大の教育ベンチャーのコンペ「Global EdTech Startup Awards (GESA)」の日本予選にて最優秀賞を受賞(*6)。また、SXSW EDUなど、世界的な教育フォーラムに日本代表として出展、登壇などを行なってきた実績があります。

2020年2月、社名を花まるラボからワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」を発表しました(*7)。同年7月、株式会社小学館を引受先とした第三者割当増資を実施しています。

(*1) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000012970.html
(*2) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000012970.html
(*3) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000012970.html
(*4) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000012970.html
(*5) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000012970.html
(*6) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000012970.html
(*7) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000043.000012970.html
 
  • 参考情報
ワンダーラボ株式会社
https://wonderlabedu.com/
BS朝日「アタラシイヒト~Fresh Faces」弊社代表川島出演(番組公式)https://www.youtube.com/watch?v=w6hoGCaBZds
東洋経済ONLINE「グーグルが認めた「花まる学習会」アプリの力」https://toyokeizai.net/articles/-/180756
EdTechZine「子どもの学習意欲を引き出す思考センス育成教材「Think!Think!」~開発者・川島慶さんが語る「意欲格差と教材の可能性」
https://edtechzine.jp/article/detail/891
Hugkum「知りたい!Googleが認めた話題の知育アプリ「シンクシンク(Think!Think!)」で育まれる知的ワクワクとは?」
https://hugkum.sho.jp/45876
 
  • お問い合わせ・ご質問・取材のお申し込み
ワンダーラボ株式会社 マーケティング部 徳丸・池田
Mail: marketing@wonderlabedu.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワンダーラボ株式会社 >
  3. ワンダーラボ、アジア太平洋ソーシャル・イノベーション・パートナーシップ賞(APSIPA)を受賞。