リコーリースとLooop 発電分析技術の特許権を共同出願

発電状況の可視化・分析を通じて発電パフォーマンスを向上

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村創一郎、以下Looop)とリコーリース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:中村徳晴、以下リコーリース)は、再生可能エネルギー発電所の異常を早期に察知し、故障や不具合に起因する発電量の低下を最小限に止めるなどを目的とした再生可能エネルギー発電所における発電分析技術の特許権利を10月8日に共同出願しましたのでお知らせします。

この度出願した技術は、衛星から取得する実日射量より予測発電量を導き出し、実発電量との比較によって発電状況をタイムリーに可視化し分析できる技術です。発電所の異常を早期に察知し、対策を講じることで発電ロスを最小限にすることができる次世代型O&M技術です。

Looopは今後もO&M技術の向上を通じて、発電所のパフォーマンスを高め再生可能エネルギー発電所の維持ならびに価値向上に貢献してまいります。

【特許詳細】
出願番号:特願2021-166179
発明の名称:発電量計算モデルを生成する装置、方法、及びプログラム
出願日:2021年10月8日


【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:  2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器の販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 3,669百万円(資本準備金3,348百万円)※2021年3月末現在
売上高: 56,746百万円 ※2021年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com/low-v/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Looop >
  3. リコーリースとLooop 発電分析技術の特許権を共同出願