ヒルトン、業界をリードする革新的なテクノロジーを導入

デジタル・キー共有、無料の客室アップブレード事前選択および「コンファームド・コネクティングルーム」機能でゲストエクスペリエンスを向上

日本でもデジタル・キー共有や新しい予約機能を導入 (左:ヒルトン東京)日本でもデジタル・キー共有や新しい予約機能を導入 (左:ヒルトン東京)

ヒルトン(米国バージニア州、取締役社長 兼 最高経営責任者:クリストファJ. ナセッタ)は、同社が展開する18のグローバルブランドにおいて、ゲストエクスペリエンスを向上させる革新的なテクノロジーを導入することを発表しました。大手ホテル企業で初となるデジタル・キー共有機能により、複数のお客様が、無料モバイル・アプリ「ヒルトン・オナーズ・アプリ(https://apps.apple.com/jp/app/hilton-honors/id635150066)」(英語のみ)からデジタル・キーを利用して部屋にアクセスできるようになります。

また、お客様からご好評いただいているゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ(https://www.hilton.com/ja/hilton-honors/)」の特典のひとつでもある無料の客室アップグレードにおいても、事前に選択することが可能となります。無料の客室アップグレード特典対象のゴールドおよびダイヤモンド会員のお客様は、ホテル到着の72時間前にアップグレード可能な客室状況が通知され、ヒルトン・オナーズ・アプリからデジタル・チェックイン[1]を行う際に、客室を選択することができるようになります。

これらの新機能は、先日導入した「コンファームド・コネクティングルームbyヒルトン」とともに、お客様の利便性を高めます。「コンファームド・コネクティングルーム」機能をご利用いただくと、2つ以上の客室のコネクティングルームのご予約が簡単になり、ご予約の即時確定が可能です。

ヒルトン エグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高コマーシャル責任者であるクリス・シルコックは次のように述べています。
「ヒルトンは常にお客様を中心に考えてあらゆる取り組みを行ってきました。これからもお客様の声に耳を傾け、進化し、革新し続けることで、皆様の滞在がより便利になるようオプションを提供して参ります。ゲストエクスペリエンス向上のためにテクノロジーを駆使し、今後お客様が旅行を再開される際に、シームレスで柔軟に対応できる環境を提供し、ご家族や友人との新しい思い出を作っていただきたいと願っています」

同伴者とデジタル・キーを共有可能に
2015年にサービスを開始してから、ヒルトンはデジタル・キー(https://hiltonhonors3.hilton.com/ja_JP/hilton-honors-mobile-app/)の導入を急速に拡大しています。デジタル・キーは現在、世界に6,600軒以上展開するヒルトン・グループのホテルの80%以上にあたる約5,400軒のホテルで利用することができます[2]。デジタル・キーを利用された回数は1億3,500万にもおよび、その結果125トンのプラスチック製のルームキーを削減することができました。これは、ヒルトンの企業責任戦略「トラベル・ウィズ・パーパス(Travel with Purpose)(https://hiltonhotels.jp/static/img/100/hilton_effect/Hilton_Infograph_2030_Value%20Chain%20Targets_V17_Japanese.pdf)」で2030年までに環境への負担を半減するという目標達成に向けての取り組みの一環です。今後数ヶ月にわたって、現在デジタル・キー利用可能なすべてのホテルに、デジタル・キー共有機能を導入します。

デジタル・キーの共有方法
代表のお客様1名は、ヒルトン・オナーズ・アプリから最大4名の同伴者あるいは同アプリをダウンロードしたデバイス4台でデジタル・キーを共有することができます。二人目以降のお客様がデジタル・キーを利用するためには、代表のお客様から招待を受け取り、同アプリからログインし、即時に行われるセキュリティチェックに通る必要があります。共有を許可されたお客様は、滞在中はデジタル・キーで客室や施設にアクセスができますが、セキュリティ上、他の方への共有はできません。

エリート会員向け無料客室アップグレードも機能向上
ゴールドおよびダイヤモンド会員のお客様にとって、チェックイン時の空室状況によって無料で客室をアップグレードができるのは主要な特典のひとつです。この度、ホテル到着の72時間前にアップグレード可能な客室状況が通知される機能が加わり、ヒルトン・オナーズ・アプリからデジタル・チェックインを行う際に、客室を選択することができるようになります。

無料客室アップグレードの事前選択方法
アップグレードの対象となる会員の皆様には、無料客室アップグレードのお知らせがEメールとヒルトン・オナーズ・アプリのプッシュ通知で届きます。その後、ホテルによりデジタル・チェックインができるようになると、アプリで到着36時間前からアップグレードする客室を簡単に選ぶことができます。なお、7泊以下の滞在の場合のみ適用となります。今後数ヵ月で、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、LXRホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キャノピーbyヒルトン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、キュリオ・コレクションbyヒルトン、ダブルツリーbyヒルトン、シグニアbyヒルトン、タペストリー・コレクションbyヒルトンなど、現在空室状況によってアップグレードが可能な全世界のヒルトン・グループのホテルでご利用いただけるようになります。

大手ホテル企業初の「コンファームド・コネクティングルーム」予約機能で即時確定
ご予約時にコネクティングルームを確定したいという長年のお客様のご要望にお応えする形で最近導入した新予約機能「コンファームド・コネクティングルームbyヒルトン」では、少なくとも2つの客室のコネクティングルームのご予約が簡単になるのはもちろん、ご予約の即時確定が可能になります。本機能をご利用いただけば、ヒルトンが展開する18のグローバルブランドのコネクティングルーム予約が可能なホテルにおいて、公式サイト(https://hiltonhotels.jp/)またはヒルトン・オナーズ・アプリ経由でご利用いただけます。

「コンファームド・コネクティングルーム」予約方法
下記の3つのステップで、コネクティングルームのご予約を即時に確定することができます。
ステップ1: ご希望の客室数、目的地、日程を選択し、ホテルを選びます。
ステップ2: 客室を選択する際、「コネクティングルーム」のボックスにチェックを入れます。
ステップ3: ご希望のコネクティングルームをお選びいただき、予約手続きを完了します。ご予約は即時、確定されます。

ヒルトンのアジア太平洋地域上席副社長兼コマーシャル・ディレクターのベン・ジョージは、次のように述べています。
「アジア太平洋地域のお客様は、デジタルに関して情報通であり、デジタル機器を多くご利用されています。利便性が高いものに対する評価は高く、私どもは業界をリードするデジタルイノベーションで皆様の期待に応え続けていきたいと思います。大切なお客様やヒルトン・オナーズ会員の皆様を再びお迎えできる日を楽しみにしています」

今回導入の新機能は、お客様とヒルトン・オナーズ会員の皆様のデジタルを駆使した体験を向上させるというヒルトンのミッションのあらわれでもあります。これらの革新的なサービスにより、旅行者がさらに柔軟な旅ができるようになり、ビジネスやご家族やご友人とのレジャー目的の旅行のいずれでも、滞在地で寛ぎ楽しむことができます。ヒルトン・オナーズの詳細はこちら(https://www.hilton.com/ja/hilton-honors/)をご覧ください。


[1] 日本国内もデジタルキー対応のホテルでご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります。

[2] 日本国内では現在18軒のうち、10軒でデジタル・キーをご利用いただけます。


# # #

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界119の国と地域に6,600軒以上(100万室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年以上の歴史で30億人を超えるお客様をお迎えしました。「2020年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2020年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ(https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/)」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトン、LXRホテルズ&リゾーツの5ブランド・18軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億1800万人以上を有し、ヒルトンの公式予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、宿泊や体験などに交換できるポイントを獲得することができます。また、無料のヒルトン・オナーズ・アプリ(https://apps.apple.com/jp/app/hilton-honors/id635150066)から客室の選択、デジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルではデジタル・キーは未導入)をご利用いただけます。

最新の情報はこちらをご覧ください。http://newsroom.hilton.com , https://www.facebook.com/hiltonnewsroom , https://twitter.com/hiltonnewsroom , https://www.linkedin.com/company/hilton , https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/ , https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

ヒルトン・オナーズについて
ヒルトン・オナーズは数々の賞を受賞しているゲスト・ロイヤルティ・プログラムで、世界119の国と地域に6,600軒以上のホテルを展開するヒルトン傘下の18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを対象としています。ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員には、支払いの一部をポイントで精算、直接予約でしか手に入れられない会員限定割引、無料Wi-Fiといったすぐに利用できる特典をご用意しています。その他にも会員は、業界をリードするヒルトン・オナーズ・アプリ(https://apps.apple.com/jp/app/hilton-honors/id635150066)からのみ利用できる人気のデジタルツール(デジタル・チェックイン、ルーム・セレクト、デジタル・キー)をご利用いただけます。1億1800万人以上の会員を持つヒルトン・オナーズでは、提携クレジットカード(https://www.americanexpress.com/jp/benefits/hilton-card/hub/index.html)含むさまざまな方法でポイントを獲得および交換ができます。ポイントは、無料宿泊、プレミアム商品、Amazon Shop with Pointsを利用したAmazon.comでの買い物、チャリティーへの寄付に使用できます。ヒルトン・オナーズへの入会は無料です。

最新の情報はこちらをご覧ください。http://www.hiltonhonors.com/ , newsroom.hilton.com/hiltonhonors ,  https://www.facebook.com/Hilton/ , https://twitter.com/hiltonhonors , https://www.instagram.com/hiltonhonors/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒルトン >
  3. ヒルトン、業界をリードする革新的なテクノロジーを導入