「2018年度全国戸建供給ランキング」(株式会社市場経済研究所調べ)大東建託が住宅供給実績11年連続1位を獲得

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、株式会社市場経済研究所が発表した「2018年度全国戸建供給ランキング」において、第1位を獲得しました。
なお、同ランキングでの第1位獲得は、本年で11年連続となりました。
■調査概要
この調査は、2018年度の建築実績と2019年度の販売計画について、全国の戸建て住宅とマンションを供給する主要企業に調査票を送り、5月初旬から6月初旬にかけてアンケート方式でヒアリングされたもので、今年で20回目の実施となります。有効回答企業は戸建住宅関連が170社、マンション関連が106社となっています。

【同調査での主なコメント(含アパート)】
•有効回答165社の2018年度の供給戸数は前年度比2.0%減の30万8,868戸
•ランキング1位~10位の企業(10社)の合計は前年度比4.2%減の23万5,813戸


【2018年度全国戸建供給ランキング(戸建住宅+賃貸住宅 上位10社)】

(単位=戸)※原則は完工ベース
  出典:株式会社市場経済研究所 「2020年版 全国住宅・マンション供給調査 企業別ランキング」
(2019年7月25日発行)

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大東建託株式会社 >
  3. 「2018年度全国戸建供給ランキング」(株式会社市場経済研究所調べ)大東建託が住宅供給実績11年連続1位を獲得