家具のサブスクsubsclife、「日本サブスクリプションビジネス大賞2020(サブスク大賞)」でブロンズ賞を受賞

日本初の家具のサブスクリプションサービスを企画運営する株式会社subsclife(渋谷区、代表:町野 健、以下subsclife)は、2020年12月9日(水)、一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会(東京都渋谷区、代表理事:佐川隼人)が運営するサブスクリプションビジネスの更なる活性化を目指し、『お得』『お悩み解決』『便利』の3要素を持つ優れたサブスクサービスを表彰する『日本サブスクリプションビジネス大賞2020』でブロンズ賞を受賞したことをお知らせいたします。今後もsubsclifeは、顧客が求める価値を追求し、常に挑戦し続けてまいります。


【日本サブスクリプションビジネス大賞2020について】
サブスクリプション型のビジネスを運営している企業がエントリーし、サブスクリプションビジネス振興会および有識者の審査を経て、2020年で最も躍進を遂げた企業を表彰する公募型の大賞です。サブスクリプション型のサービスを振興すると共に日本における新たなサブスクリプションサービス創出のきっかけづくりを目指す取り組みです。


【日本サブスクリプションビジネス振興会について】 
リピーターによる定期的な取引によって売り上げが安定する、ストック型の『サブスクリプション ビジネス』の日本国内の振興を目的として 2018年12月に設立されました。『サブスクリプションビジネス』は顧客数・顧客単価・契約期間の3軸で経営状態を把握することで、 計画も立てやすく、業績の上下も比較的緩やかな為、時間的猶予が生まれ対処がしやすいのが特徴です。また、経営者も過度なストレスを抱えにくいといわれています。このような『サブスクリプションビジネス』を 日本のマーケットに浸透させるべく、情報やノウハウ、事例などサブスクリプションビジネスの成功に必要な情報を提供しています。
 

【subsclife(サブスクライフ)について】 
「家の中を、世界一、豊かな国へ。」をビジョンに掲げ、暮らしにサブスクという新しい選択肢を提供しています。subsclifeは、subscription(定期購買)+life(暮らし)の造語で、月額制で必要な時に、必要な分だけ、暮らしに必要なモノを利用できるサービスです。初期費用を大幅に軽減し、新品でデザイン性の高い家具・家電を利用できて、気に入ったら買い取ることも可能です。レンタルは使い続けると商品価格を超えますが、私たちsubsclifeは、使い続けても商品価格を超えない月額料金設定です。さらに、利用時の傷等の保証付きで安心してご利用いただけます。価値あるモノとそれを支える方々を大切にし、サブスクで提供することで、より消費者に提供しやすい仕組みを実現してまいります。


【会社概要】
会社名    :株式会社subsclife
代表取締役  :町野 健
事業内容   :暮らし、家具のサブスクリプション型サービス(月額制レンタルサービス)の企画・開発
設立日    :2016年11月9日
URL     :https://subsclife.com/


【採用情報】
subsclifeでは積極的に社員募集を行っています。
募集職種および応募方法はこちらをご参照ください。
https://www.wantedly.com/companies/subsclife
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社subsclife >
  3. 家具のサブスクsubsclife、「日本サブスクリプションビジネス大賞2020(サブスク大賞)」でブロンズ賞を受賞