増加・巧妙化する金融犯罪の手口のご紹介と本人確認・取引時認証のこれからウェビナー(無料)

新型コロナウイルス発生以降、量の面でも巧妙さの面でも、その影響の大きさを増している昨今の金融犯罪。

直近に発生し、社会問題化している具体的な事例を踏まえながら、次世代の身元確認手法であるeKYCや、取引時認証(当人認証)のあり様について論じます。

【アジェンダ】
2020年10月21日(水)
・16:45- ウェビナー接続開始
・17:00-18:30 株式会社Liquid 代表取締役 長谷川 敬起
・本ウェビナー実施の背景
・本人確認とは、eKYCとは
・Liquidの考えるリスクベースアプローチソリューション
・昨今発生している攻撃手法と対抗する認証手段のご紹介
・「こうしたら防げていた!」直近で発生している金融犯罪を事例にご紹介

【申込URL】
https://ekyc201021.peatix.com/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Liquid >
  3. 増加・巧妙化する金融犯罪の手口のご紹介と本人確認・取引時認証のこれからウェビナー(無料)