株式会社エイトレッドと株式会社マイナビM&A、2025年問題打開へ向け中小企業の経営支援で業務提携

ワークフロー市場を牽引するエイトレッドと人材領域ビジネス大手マイナビグループのマイナビM&Aが業務提携を結び、双方のノウハウを活かして中小企業の業務効率化やアナログ脱却など経営課題解決を支援します!

ワークフローDXのリーディングカンパニーである株式会社エイトレッド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡本 康広 以下、エイトレッド)と、株式会社マイナビM&A(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:西永 賢二 以下、マイナビM&A)は、中小企業のM&A支援において業務提携をいたしましたので、お知らせいたします。

【業務提携の背景】
日本の中小企業は、経営者の平均年齢が60歳を超えていて、且つ、後継者が不在の中小企業は5割を超えており、中小企業庁の試算によると、この現状を放置した場合、廃業の増加により日本の雇用損失は650万人、そして約22兆円のGDPが失われると予測されています。このような現状は、団塊世代が75歳以上となり日本が超高齢化社会に突入することに起因する「2025年問題」のひとつとして警鐘が鳴らされています。

このような背景から中小企業の事業承継における選択肢のひとつであるM&A件数は右肩上がりに増えており、過去20年間で4倍に増加、2020年の国内M&A件数は4千件以上となり9年連続で過去最高件数を更新しています。一方で、潜在的な譲渡側は約60万社との試算もあり、中小企業がM&Aを円滑に行うことができる環境作りやサービスの提供も急務となっています。

M&A後の経営統合(PMI)の取り組みも重要な課題となりますが、申請のペーパーレス化や社内ナレッジがデータベース化できていなかったり、業務が仕組み化できていないなどアナログ文化の中でのPMIは人的、時間的コストが掛かるため、DXによる整備が必要となってきます。また、M&Aを円滑に進める上で、内部統制がしっかりされているか否かも企業価値を大きく左右する材料となり、これらを一元的に解決できる「ワークフロー」は大きな役割を担っていると言えます。


【両社の強みと今後の取り組み】
マイナビM&Aは、約50年にわたり人材領域ビジネスを中心にサービスを提供してきたマイナビグループの強みである多彩な企業との顧客接点の豊富さと、HR領域やエンゲージメント向上のための商材提供が可能である利点を活かした包括的なM&Aサービスを提供しています。その根幹には「企業や雇用が損失されてしまうことを見過ごしてはならない」という、雇用創出に長年努めてきたマイナビとしての使命感があります。M&Aは事業承継問題を解決するための有効な手段ですが、承継後のPMI問題にはハードルも多いため、仲介後のその先まで「採用支援」「カルチャーフィット」「研修」等HR領域で培ったプロダクトを駆使して、企業に寄り添い課題解決と成長に寄与していきます。

またエイトレッドは、ワークフロークラウド分野で大きなシェアを持ち、ワークフローからはじめるファーストDXを推進しています。「内部統制の改善」「意思決定の迅速化」「コスト、無駄の削減」「バックオフィス業務効率化」などワークフローDXで改善・改革できることは、業務フローのデジタル化やデータ活用が可能になることによるPMIにおけるコストダウン及びDX化にとどまらず、業務フローやビジネスの仕組み化といった、株価に現れない企業価値の向上にもつながります。エイトレッドが提供するワークフロークラウド『X-point Cloud』は、ノーコードで運用することができる上、汎用性も高いのであらゆる社内申請への応用が可能な、中小企業のファーストDXに最適なツールとなっています。

業務提携スキーム


この度の業務提携においてエイトレッド製品をご活用いただくことで、DXによる「アナログ脱却などM&Aに備えた社内業務の効率化および仕組み化」「PMIコストの削減」「企業の定性的価値向上」といったベネフィットがマイナビM&Aのサービスに加わります。これにより、売り手と買い手をつなぐだけのM&A仲介ではなく、M&Aを足がかりとして、デジタルやデータを活用することで業務や組織、企業文化が変革されることによる企業そのものの持続力強化も実現が可能となります。また、M&Aを検討段階の顧客や、内部統制を整える必要のあるスタートアップベンチャーの顧客に対しても、社内申請のペーパーレス化をはじめとしたアナログ脱却、内部統制整備のきっかけ提供といった”M&Aに向けた準備=プレM&A”の実施が可能となることで、顧客価値向上につながります。これらの取り組みを通して、エイトレッドとマイナビM&Aは「2025年問題」打開に向けて、事業承継に悩みを抱える中小企業の経営および事業発展を支援し、初年度20社のワークフローDX化を目指していきます。


【組織概要】
<株式会社マイナビM&Aについて>
マイナビM&Aは、企業の創業から承継、また承継後の未来まで、総合的に支援するM&A支援サービスを提供しています。約半世紀にわたりHR領域を中心として経営支援を行ってきたマイナビグループのノウハウ・プロダクトを活用し、M&A後の持続可能性を最大化するM&A支援サービスを実現します。

名称:株式会社マイナビM&A
所在地:東京都千代田区一ツ橋1-1-1
代表者:代表取締役 社長執行役員 西永 賢二
設立:2021年4月
事業内容:M&Aに関する仲介、斡旋、コンサルティングおよびアドバイザリー業務
URL:https://m-a.mynavi.jp/


<株式会社エイトレッドについて>
エイトレッドは、稟議書や総務・人事諸届、経費精算などの社内申請手続きを行うワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」「X-point(エクスポイント)」及び、ワークフロークラウド「X-point Cloud(エクスポイントクラウド)」を開発、全国の販売パートナーを通じて3,500社を超える企業・公共・文教向けに導入されています。

名称:株式会社エイトレッド(東証一部:3969)
所在地:東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
代表者:代表取締役社長 岡本 康広
設立:2007年4月
事業内容:ワークフロープロダクトの製品開発・サポートサービス・クラウドサービス
URL:https://www.atled.jp/


【ワークフロークラウド『X-point Cloud』について】

 

 

『X-point Cloud』は、紙の書類イメージそのままに直感的な入力フォームで安心・お手軽に始められるワークフロークラウドです。ワークフロー運用に必要なきめ細やかな機能を実装しており、ストレスなくペーパーレス化、データベース化を同時に実現。あらゆる申請業務を電子化することで、迅速な意思決定、業務効率化に繋げます。様々な業種・企業で導入されており、組織の特徴やそのニーズに合わせて利用が可能です。
(『X-point Cloud』:https://www.atled.jp/xpoint_cloud/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エイトレッド >
  3. 株式会社エイトレッドと株式会社マイナビM&A、2025年問題打開へ向け中小企業の経営支援で業務提携