【エビソル飲食店予約推移・2022年7月度(2022/6/27〜7/31)】予約数が約3ヶ月ぶりにコロナ禍以前の数字を下回るなど再び減少傾向に 人流抑制を行わないなかでより安全安心な営業が求められる

飲食店向け予約管理システム「ebica」を運営する株式会社エビソル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 宏彰、以下、エビソル)は、コロナ禍での飲食店の状況を知っていただくことを目的に、飲食店の前年対比の予約状況(※1)を公開しております。本日は、新たに2022年6月27日〜7月31日の5週間分を更新した2022年7月度のレポートを公開します。
  • 飲食店の予約推移に関する調査サマリ
   <全国(1店舗あたり)>

   7月総予約数:203.9件
   1日平均予約数:5.8件
   (対2019年比:97%)
    (対前月比:91%)
   <大阪(1店舗あたり)>

   7月総予約数:209.3件
   1日平均予約数:6.0件
   (対2019年比:86%)
    (対前月比:91%)
  <東京(1店舗あたり)>

   7月総予約数:197.2件
   1日平均予約数:5.6件
   (対2019年比:90%)
    (対前月比:87%)

 

<全国>
飲食店における7月度の1日平均予約数は、対前月比は91%、2019年同月比は97%とコロナ禍以前の水準を下回る結果に。7月に入り、全国各地で新規感染者数が急増し、7月23日には全国で1日あたり20万人を超え、7月11日週では4月18日週以約3ヶ月ぶりにコロナ禍以前の予約数を下回る結果となるなど、8月以降も減少傾向が続く懸念が強まる。


<大阪>
大阪府における1日平均予約数は、対前月比は91%、2019年同月比は86%と、全国同様、コロナ禍以前の水準を下回る結果に。大阪府では、新規感染者数が初めて2万人を超えた7月18日週には予約数が39.8件にまで減少。


<東京>
東京都における1日平均予約数は、対前月比は87%、2019年同月比は90%と全国同様コロナ禍以前の水準を下回る結果に。東京都では、7月21日に1日の新規感染者数が初めて3万人を超え、7月18日週には予約数が37.0件にまで減少。飲食店では人流を抑制しないなかでの対応が求められる形に。

 

 
  • エビソル飲食店予約推移・7月度(2022/6/27〜7/31)
<全国(1店舗あたり)>7月総予約数:203.9件/1日平均予約数:5.8件(対2019年比:97%、対前月比:91%)

 全国の飲食店1店舗あたりにおける2022年7月度の1日平均予約数は前月の6.4件から5.8件と、前月比91%に減少し、対2019年比では97%とコロナ禍以前の水準を下回る結果となりました。7月に入り、新規感染者数が全国各地で急増したことが要因であると考えられます。
 週次の予約数を見ると、7月11日週は4月18日週以来となるコロナ禍以前の予約数を下回る43.4件となり、その後も減少する結果となりました。7月23日には、新規感染者数が初めて20万人を超える結果となり、第6波のピークだった2月5日の約10万人からほぼ倍増し、今後も感染者数の増加が懸念されます。
 飲食店の予約数回復を見せてきた4月から一変、今後は飲食店にとって厳しい状況が続いていくことが見込まれます。

<大阪(1店舗あたり)>7月総予約数:209.3件/1日平均予約数:6.0件(対2019年比:86%、対前月比:91​​%)

 大阪府における飲食店1店舗あたりの1日平均予約数は前月の6.6件から6.0件と、前月比91%に減少し、対2019年比では91%とコロナ禍以前の水準を下回る結果となりました。
 大阪府における新規感染者数は、7月26日に過去最多となる25,748人を記録し、その後も減少する兆しは見せておりません。全国同様、7月18日週には約2ヶ月ぶりに40件を下回る39.8件まで減少しました。
 大阪府では、7月28日から8月27日までの1ヶ月間、重症化リスクが高いとされる高齢者の外出自粛要請を呼びかけており、8月も飲食店の予約数増加は見込まれず、厳しい状況が続くことが見込まれます。

<東京(1店舗あたり)>7月総予約数:197.2件/1日平均予約数:5.6件(対2019年比:90%、対前月比:87%)

 東京における飲食店1店舗あたりの1日平均予約数は前月の6.5件から5.6件と、前月比87%に減少し、対2019年比では90%とコロナ禍以前の水準を下回る結果となりました。
 東京都における新規感染者数は、7月21日に初の3万人超えを記録し、その後も7月28日には過去最多となる40,406人を記録しました。それに伴い、全国同様、7月18日週には予約数が40件を下回る37.0件まで減少しました。
 


 今後もエビソルは、AIやIoTなど最新のデジタル技術を活用して、外食をもっと便利に心地よく体験していただけるよう尽力してまいります。

【調査概要・結果をご覧いただく際の注意事項】
調査期間:2019年1月3日〜2022年7月31日
調査対象:「ebica」および「グルメサイトコントローラー」をご利用の全国約4,000店舗
実施機関:株式会社エビソル

※1:予約管理システム「ebica」および「グルメサイトコントローラー」で全ての予約を一元管理している全国約4,000店舗の前年対比の予約状況
※契約店舗1店舗あたり、1週間における平均予約数を算出。
※ISO WEEKカレンダーの定義に沿って、前年同週対比となります。
※本報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、登録商標または商標です。
※本報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

ebica(エビカ)予約台帳
飲食店向け予約管理サービス「ebica(エビカ)」は、飲食店向けに開発されたクラウド型の予約/顧客台帳システムです。各飲食店の予約管理ニーズに応じた設定ができ、ネット予約も電話予約も含めた集客ソリューションを提供しています。 最近では、AIスタッフ"さゆり"がまるで人と会話しているような自然な会話で予約電話応対・予約受付する「AIレセプション」、蓄積された顧客情報・来店情報とCRMを連携した再来店促進の実現など、「ebica」に蓄積されたデータをAIやIoTなどのテクノロジーと融合させて、集客から店舗オペレーションまでトータルで店舗DXを支えるインフラの構築に取り組み、飲食サービスのアップデートを支援しています。

株式会社エビソル 会社概要
所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-5-27 パティオクアトロ3F
代表者: 代表取締役 田中 宏彰
設立日: 2011年10月20日
資本金: 59,746,500円(資本準備金含む302,619,500円)
事業内容 : 飲食OMO事業、インバウンド事業、グローバル事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エビソル >
  3. 【エビソル飲食店予約推移・2022年7月度(2022/6/27〜7/31)】予約数が約3ヶ月ぶりにコロナ禍以前の数字を下回るなど再び減少傾向に 人流抑制を行わないなかでより安全安心な営業が求められる