東芝製ノートPC 2018年夏モデル「dynabook T」シリーズに高音質スピーカー搭載

共同開発した2way 4speakersが力強い低音とクリアな高音を実現

オンキヨー株式会社は、当社のスピーカーユニットが、東芝クライアントソリューション株式会社(以下、「東芝」といいます。)製スタンダードノートPC「dynabook T」シリーズの2018年夏モデルに採用されましたので、お知らせいたします。
当社は、東芝のノートPC「dynabook T」シリーズにおいて、同社と連携してノートPCにおける高音質を追求を続けてまいりました。2018年春モデルに引き続き、2018年夏モデルとして発売される「T75」「T55」「T45」においても、同社と共同開発した2way 4speakersを搭載。大音量でもひずみの少ないサウンドを実現しています。

 

 

またTシリーズは、単にスピーカーやアプリを組み込むだけでなく、「dynabook」「オンキヨー」「DTS Sound™」の3社のエンジニアや音質マイスターが一堂に会し、何度も試聴を繰り返しながら多様なパラメータ値のバランスを最適化することで、PCのイメージを超えるサウンドを目指してつくり込みました。これにより、音楽、動画、ゲームなどに深みや感動を与えてくれる迫力ある大音量と明瞭度に優れたサウンドを楽しむことができます。

当社は、今後も、さまざまな協業・共同開発を通じて、長年培ってきた音の技術やノウハウをより幅広い分野に展開し、協業する各メーカーの製品へ「音」という付加価値をご提供してまいります。

【関連リンク】
◆東芝 dynabook Tシリーズ
https://dynabook.com/standard-notebook-t-series/2018-summer-model/index.html
◆オンキヨーブランドコラボレーションページ
http://www.jp.onkyo.com/b-collabo/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オンキヨー株式会社 >
  3. 東芝製ノートPC 2018年夏モデル「dynabook T」シリーズに高音質スピーカー搭載