【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】パ・リーグ第3節(3)【F vs H、M vs L、B vs E】

ソフトバンクが両リーグ10勝一番乗りで首位快走!


【日本ハム 0-5 ソフトバンク(札幌ドーム)】
 

ⓒNPB  ⓒKonami Digital EntertainmentⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment

出場プレイヤー
F:木滑● H:原◯


ここまで引き分けを挟み4連勝と勢いに乗るソフトバンクは日本ハムにも勝利し、スイープを達成。両リーグ最速で10勝に到達した。

この試合最初のチャンスは1回裏、日本ハム・木滑が先頭の中田でフェンス直撃の2ベースヒットを放ったが、後続が続かず得点には繋がらない。すると3回表、ここまでノーヒットだったソフトバンク・原が9番・牧原の2ベースヒットで初めてのランナーを出すと、続くグラシアルに先制のタイムリーヒットが生まれ、ソフトバンクがリードした。
4回表、ヒットと盗塁で再びチャンスを迎えたソフトバンクは上林と甲斐に連続タイムリーが飛び出し2点を追加。さらに、5回表には柳田にダメ押しとなる2ランホームランが生まれ5対0と日本ハムを突き放す。投げては先発の椎野が2回以降は大きなピンチもなく1人で投げ切り、完封勝利。ソフトバンクがこのカード3連勝を決めた。

これでソフトバンクは両リーグ最速で10勝に到達。対する日本ハムはここにきて4連敗と、eCS争いに向けて苦しい連敗になった。

大学の同級生である木滑選手を下し、首位キープとしたソフトバンク・原選手
「(対戦相手の木滑選手は)憧れの存在だったので、試合ができることに感謝しています。まさか勝てるとは思っていなかったのでうれしいです」

大学の同級生対決はソフトバンクのルーキー・原に軍配 ⓒNPB  ⓒKonami Digital Entertainment大学の同級生対決はソフトバンクのルーキー・原に軍配 ⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment

【ロッテ 0-1 西武(ZOZOマリン)】

ⓒNPB  ⓒKonami Digital EntertainmentⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment


出場プレイヤー
ロッテ:下山● 西武:町田◯


ロッテと西武の対戦。強風が吹くZOZOマリンでのゲームは、最後に天候を味方につけた西武が白星を掴み、このカード3連勝を達成した。

昨シーズンはともにロッテ代表として戦った、元チームメイト対決となった一戦。強い向かい風の中スタートしたゲームは初回、西武・町田が2死1、2塁とチャンスを迎えるが、中村の打球は風に押し戻されフェンス手前で失速するレフトフライに。その後も両チームともに捉えた打球が飛び出すが、あと一歩のところで野手を超えず無得点が続く。
しかし5回表、ここで風向きがやや左中間方向への追い風に変わると、1死1塁から源田が放った大飛球がわずかにセンターの頭上を越えるタイムリー2ベースヒットとなり、西武が1点を先制。5回裏にはロッテ・下山が2死3塁と一打同点の場面を演出したが最後の一本が生まれず、西武が最少得点で勝利を掴んだ。

勝利した西武・町田は向かい風に苦しめられながらも、かつての本拠地で見事な勝利。ロッテ・下山は強打の相手を前に粘りのプレイを見せたが、攻撃面でプレッシャーをかけられなかった。

強風吹き荒れるZOZOマリンでのゲームを制した西武・町田選手

「昨年、キャプテンとしてお世話になったロッテ・下山選手と対戦できるということでとにかく楽しもうと思って試合に臨みました。ここから残り6試合、ソフトバンクとの直接対決も残っているので頑張りたいと思います」
 

西武・町田が古巣ロッテ相手に1-0の完封勝利、これで同一カード3連勝 ⓒNPB  ⓒKonami Digital Entertainment西武・町田が古巣ロッテ相手に1-0の完封勝利、これで同一カード3連勝 ⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment


【オリックス 1-4 楽天(クラウン)】

ⓒNPB  ⓒKonami Digital EntertainmentⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment

出場プレイヤー
オリックス:藤本● 楽天:井上◯


パ・リーグ第3節、オリックスと楽天の試合は、好投手を攻略した楽天が勝利し、今季同一リーグ内での初白星を挙げた。

オリックス・藤本は先発に“楽天キラー”の能力を持つ山岡を起用して強打の楽天打線を抑えにかかる。しかし2回表、2死から茂木と辰己がミート打ちの連打でチャンスメイクすると、代打の鈴木が今度は強振を使用し左中間への2点タイムリーを放ち先制。さらに3回表には浅村に特大のソロホームランが飛び出し、楽天・井上が剛柔使い分ける打撃でリードを広げた。
投げてはこれまでリリーフ起用の多かった涌井を本来の先発として使いこなし、5回途中まで2安打と好投。最終回にはオリックス・藤本の粘りの前に1点は失ったものの、失点は1点のみ。投打に理想の試合運びで楽天が完勝した。

勝利した昨シーズン首位打者の楽天・井上は、これが今季初勝利。すでにチームとしてはポストシーズン進出の可能性は消滅したが、最後まで全力で勝利を目指す姿勢を改めて示した。対するオリックスはこのカード勝ち越しながら、上位2チームの3連勝によって優勝争いから一歩後退した。

効果的に得点を重ね、試合をものにした楽天・井上選手
「最後は怖かったんですけど、気持ちでなんとか乗り切りました。初回の内容が悪かったのでどうなるかと思ったんですけど、気持ちを切り替えて、自分のバッティングをしようというところで、結果を出せてよかったです」
 

昨シーズンの首位打者、楽天・井上が今季初勝利 ⓒNPB  ⓒKonami Digital Entertainment昨シーズンの首位打者、楽天・井上が今季初勝利 ⓒNPB ⓒKonami Digital Entertainment

現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=pa

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. 【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】パ・リーグ第3節(3)【F vs H、M vs L、B vs E】