リネットジャパングループ、SDGsの取り組みが評価され 百五銀行の『SDGs私募債』にて1億円の資金調達を実施

リネットジャパングループ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:黒田 武志、以下「当社」)は、当社事業のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを評価いただき、百五銀行が取り扱う「百五SDGs私募債(企業応援型)」により1億円の資金調達を実施いたしました。
  • 今回の資金調達について
当社は、2000年の創業以来展開するリユース事業にて、古本などの買い取り一件につきNPOやNGOに当社から寄付するCSRスキームを展開したり、小型家電リサイクル事業では、回収したパソコン等の分解工程にて知的障がい者の方の雇用創出を行ったりと、経営理念である「ビジネスを通じて“偉大な作品”を創る。」のもと、ビジネスの中に社会課題解決を組み込んだ持続可能な事業を展開しています。SDGs17の目標のうち8項目に関して、社会課題の解決と豊かで安定した生活環境の創造に貢献することを目指しています。
百五銀行では、SDGsの達成に向けた事業に取り組む企業を応援する、「百五SDGs私募債(企業応援型・寄付型)」を2019年7月より取り扱っています。当該私募債は、SDGsの達成に向けた取り組みの内容に応じ、私募債の基準発行利率の優遇がされるものです。
この度、当社のSDGsへの取り組みに対して、百五銀行より同社の審査基準を満たす評価を受け、SDGs私募債による1億円の資金調達を実施しました。

<当社が取り組むSDGs目標>
「1.貧困をなくそう」「2.飢餓をゼロに」「3.すべての人に健康と福祉を」
「4.質の高い教育をみんなに」「5.ジェンダー平等を実現しよう」
「8.働きがいも経済成長も」「9.産業と革新技術の基盤をつくろう」
「12.つくる責任つかう責任」
 
  • 今後について
当社は、本資金調達によって得た資金について、SDGsに結びつく今後の事業資金として活用します。当社の成長が社会課題の解決につながり、社会課題の解決が当社の成長につながるような、経営理念にのっとった持続可能なビジネスを引き続き展開してまいります。
 
  • 当社会社概要
【会社名】
リネットジャパングループ株式会社 (東証マザーズ 証券コード:3556)
【所在地】
名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート26階
【設立】
2000年7月27日
【代表者名】
代表取締役社長 黒田武志
【資本金】
1,393百万円 (2020年5月31日現在)
【従業員数】
正社員        531名 (国内:108名、海外:423名)
パート・アルバイト  378名 (国内:378名)  ※2020年5月31日現在
【事業内容】
<カンボジアを中心とした海外事業>
マイクロファイナンス、マイクロ保険、自動車販売・リース、技能実習生の育成(カンボジア・インドネシア・ミャンマー)と日本への送出し
<小型家電リサイクル事業>
「環境省・経済産業省の認定事業者」としてパソコン・小型家電回収、知的障がい者の雇用創出
<リユース事業>
トヨタ生産方式を活用した、日本最大級インターネット中古書店、「本、ゲームソフト、ホビー・フィギュア、ブランド品」の買取・販売
【URL】
https://corp.renet.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リネットジャパングループ株式会社 >
  3. リネットジャパングループ、SDGsの取り組みが評価され 百五銀行の『SDGs私募債』にて1億円の資金調達を実施