スマートリモコン「Nature Remo」の自動省エネで電力ひっ迫対策!関西電力と家庭向け「デマンドレスポンス」で提携!

〜関西・関東エリアで「夏の節電プロジェクト2022」を今夏実施〜

「自然との共生をドライブする」をミッションに掲げるNature株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:塩出 晴海、以下「Nature」)は、関西電力株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表執行役社長:森 望 、以下「関西電力」)が、今夏の需給ひっ迫リスクに対し2022年7月4日(月)から9月30日(金)の期間実施するご家庭向け「夏の節電プロジェクト2022(以下:本プロジェクト)」に、自社サービス「デマンドレスポンス支援サービス」を提供いたします。本プロジェクトを支援することを通じ、需給ひっ迫リスクに対して貢献していく実効的・先進的な省エネの仕組みの社会実装を加速していきます。


デマンドレスポンスとは、電力の需要側をコントロールし、需要と供給のバランスを調整する取り組みです。Natureは、これまでスマートリモコン「Nature Remo(ネイチャーリモ)」の自動で需要を抑制する「Nature Smart Eco Mode(ネイチャースマートエコモード)」などを活用し、運営してきた自社サービスのデマンドレスポンスのシステムや実績を基に「デマンドレスポンス支援サービス」として外部提供を開始しました。本プロジェクトはその第1弾となります。

■背景
2022年6月、政府は今夏予想される電力の需給ひっ迫対策に向け、関係閣僚会議を開催し、7年ぶりに全国10エリアの電力管内に節電要請を行うことを決定しました。Natureは、創業当初からエアコンの温度調整をすることで電気の需給ひっ迫解消に貢献することを目的に「Nature Remo」を開発・販売し、並行して、自動で需要を抑制できる「Nature Smart Eco Mode」を含めたエネルギーマネジメントサービスの開発、提供をして参りました。
昨今のエネルギー価格の高騰を受け、「Nature Remo」を活用したデマンドレスポンスの実証や検討を重ね、先進的な省エネの仕組みである「Nature Smart Eco Mode」を組み込んだ「デマンドレスポンス支援サービス」を「はぴリモ+(※)」等で協業関係にあった関西電力に提供させていただくことになりました。
(※)はぴリモ+とは、関西電力が運営するスマートリモコンと連携してお部屋の家電をまとめてコントロールし、手軽でカンタンにスマートホームが実現できるサービス。

■本プロジェクト概要
電力需給がひっ迫するタイミングなどで、関西電力が前日にお知らせする対象時間に節電を実施いただくと、お客さまごとに算定する標準的な使用量と比較し、節電実績に応じて、ポイント(※)が進呈されるプロジェクトです。本プロジェクトは需給ひっ迫リスクに対する効果的な節電の実現を、お客さまにご協力いただくとともに目指すもので、より高い効果が期待できる「Nature Remo」の「Nature Smart Eco Mode」を活用したスマート制御型のデマンドレスポンスも実施いたします。
(※)「はぴeみる電」会員のポイントサービス「はぴeポイント」が付与されます

名称:夏の節電プロジェクト2022
主催:関西電力
申込期間:2022年7月1日(金)から2022年9月15日(木)まで
実施期間:2022年7月4日(月)から2022年9月30日(金)まで
対象:関西エリア・首都圏エリアの関西電力ご家庭向けメニュー(※)をご利用の方
 (※)対象となる料金メニューなどは関西電力詳細ページよりご確認ください
実施方法:
①省エネ行動型デマンドレスポンス
 関西電力より節電をお願いしたい日の前日中にご参加いただけるお客さまにメールでご案内します。当日はお客さまご自身で節電・省エネを実施いただきます。
②スマート制御型デマンドレスポンス
 「Nature Remo」をお持ちのお客さまは、「Nature Remo」に登録したエアコンを自動で節電を試みる機能「Nature Smart Eco Mode」をオンにすると、対象の時間帯のみエアコンの温度を自動で調整します。

詳細・申込・お問い合わせ:https://nature.global/kepco_2022_summer_dr/ 
※参加申し込みは7月1日(金)よりスタートいたします。


■展望
ミッション「自然との共生をドライブする」を掲げ、再生可能エネルギー100%の未来を目指すNatureは、今後も「Nature Remo」を活用したデマンドレスポンスのサービスを発展・拡大させることにより、社会の脱炭素化へのさらなる貢献を目指して参ります。

■両社代表コメント
関西電力 ソリューション本部 山下副本部長
デマンドレスポンスについては、電力の需要側をコントロールすることで需要と供給のバランスを取るもので、需給ひっ迫時の対策や、脱炭素社会の実現に向けた再生可能エネルギーの普及に対する調整力として非常に期待されています。今回の「夏の節電プロジェクト2022」では、機器の自動制御といった点も含め、非常に実効的・先進的な取り組みが実装できたと考えており、こうした取り組みを通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと思います。

Nature代表取締役 塩出 晴海
関西電力様とは、実は「Nature Remo」の発売前の2015年から家庭用のエアコンのデマンドレスポンスについて協議させていただいており、7年越しに当時描いたものが本格的に実現できて感無量です。今回のデマンドレスポンスをきっかけとして、今後は再生可能エネルギーが主力電源になる時代を見据えて、両社で電力システムをアップデートしていくような大きな取り組みに繋げていきたいと思います。

■スマートリモコンとは
お持ちの家電をスマートフォンで操作できる進化したリモコンです。赤外線リモコンを備えた家電であれば、メーカーや型番・年式などに関係なく使用でき、センサーを用いた自動制御も可能。スマートフォンで外出先から家電の操作ができるほか、「Google Home」や「Amazon Echoシリーズ」、「Apple HomePod」などのスマートスピーカーと連携することで、お持ちの家電を声で操作ができるようになります。

■「Nature Remo」について


「Nature Remo(ネイチャーリモ)」は、累計販売台数45万台を超えるスマートリモコンです。タイマー機能や温度・湿度、照度、人感センサー(※)を搭載、スマホのGPSにも対応しており、ご自身のライフスタイルに合わせた家電の自動操作を実現します。Qrio Lock・mornin’ plusと連携、4つのセンサーを搭載したフラッグシップモデル「Nature Remo 3」と設定がより簡単になったエントリーモデル「Nature Remo mini」がございます。
(※)「Nature Remo mini」シリーズは温度センサーのみ搭載

■Natureについて
Natureは「自然との共生をドライブする」をミッションに、IoTプロダクトを活用し、再生可能エネルギーへのシフトの実現を目指しています。2017年にスマートリモコンの草分け的存在として「Nature Remo」が誕生。日本のスマートホーム市場を牽引してきました。2019年には「Nature Remo E」で本格的にエネルギー事業に参入。今後は次世代の電力インフラの構築により、スマートホームからデジタル電力革命への発展を遂げ、電力の新しい未来を創造してまいります。

■関西電力株式会社 概要
社名  :関西電力株式会社
URL    :https://www.kepco.co.jp/
設立    :1951年5月
代表者 :代表執行役社長 森 望(もり のぞむ)
本社所在地:大阪府大阪市北区中之島3丁目6番16号
主要事業:電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等

■Nature株式会社 概要
社名  :Nature株式会社(ネイチャーカブシキガイシャ)
所在地   :〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDX横浜ビル 11F
設立    :2014年12月10日
代表者 :代表取締役 塩出 晴海(しおで はるうみ)
事業概要:「Nature Remo」シリーズの企画、開発、製造、販売
               「Nature Remo」を活用した電力事業
製品  :「Nature Remo」、「Nature Remo E」シリーズ
URL    :https://nature.global/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Nature株式会社 >
  3. スマートリモコン「Nature Remo」の自動省エネで電力ひっ迫対策!関西電力と家庭向け「デマンドレスポンス」で提携!