軽貨物車両の空き時間・スペースをシェアリングする新物流サービス「スタロジ」、源流となる 中食の配送取次業務 スタートから10周年を記念し、インフォグラフィックスを公開!

スターフェスティバル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO 岸田祐介)は、軽貨物車両の空き時間・スペースをシェアリングする新物流サービス「スタロジ」のインフォグラフィックス(https://stalogi.com/infographics/)を公開しました。
フードデリバリー事業を展開するスターフェスティバルでは、2009年7月にお弁当・ケータリングなど中食に特化した配送取次業務を開始し、フードデリバリーサービスの提供エリア拡大とともに、中食配送エリアも全国に広げてまいりました。その後、物流業界全体でドライバー不足が深刻化するなか、既存の中食配送で築いたネットワークを活かし、2018年9月、中食以外の荷物の配送も担う新しい物流サービス「スタロジ」をスタートいたしました。源流となる中食の配送取次業務の開始から今年で10年を迎えたことを記念し、このたび「スタロジ」の誕生ストーリー、2018年9月のサービス開始からの拡大までを含めた10年間について数値とともにインフォグラフィクスでまとめました。

現在、「スタロジ」は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の首都圏エリアにてサービスを展開していますが、年内に大阪・名古屋・福岡へのエリア展開も計画しており、今後も順次サービスを拡充してまいります。
 
■「スタロジ」のこれまでを数値で読み解くインフォグラフィックス
https://stalogi.com/infographics/

 
■「スタロジ」について
 


「スタロジ」は、中食配送のためにチャーターした軽貨物車両の未稼働時間、および、空きスペースをシェアリングし、中食以外のあらゆる荷物を運ぶことができる、新しい物流サービスです。

「スタロジ」を運営するスターフェスティバルは、フードデリバリーの総合インターネットモール「ごちクル」、デリバリー型 社員食堂「シャショクル」等のフードデリバリーサービスを展開し、企業・団体のお客さま向けに 月間50~60万食の食事をお届けしています。こうした中食配送のため、物流会社を中心とした「配送パートナー」と連携し、軽貨物車両を時間制で確保・稼働させています。

フードデリバリーサービスを行うなかで創出された、配送のスキマ時間や車両の空きスペースに新たな配送案件を差し込むことを軸としているため、新たな荷物を運ぶ際の物流費を抑えることができ、ドライバーが同じ稼働時間でよりたくさんの荷物を運ぶことが可能です。複数の荷物を運ぶ場合にも、東京23区以内一律3,500円(税別)という格安かつ明瞭な配送費を実現しました。

スターフェスティバルが展開するフードデリバリーサービスの配送で実績を積んだドライバーが、安心・安全を心がけながら運んでおり、配送件数を伸ばしています。また、なかでも特にご利用が多い食品・飲料品を扱う企業からの要望を受け、6月より冷蔵配送の注文受付も開始しています。
 



■スターフェスティバルについて(https://www.stafes.co.jp/
スターフェスティバルは、「ごちそうで 人々を より 幸せに」を企業理念に掲げ、飲食店・レストランの中食ビジネス参入支援、および、フードデリバリー事業を展開する会社です。飲食店や製造工場などの製造パートナー、また、配送パートナーと連携し、「製造」以外の部分にあたる、「商品開発」「販売促進」「受注」「配達」「料金回収」 までのすべてを引き受けるビジネスモデルで、フードデリバリーの総合インターネットモール「ごちクル(https://gochikuru.com/)」、デリバリー型の社員食堂「シャショクル(https://shashokuru.com/)」等を運営しています。価格帯、利用シーンに合ったバリエーション豊かな品揃えが特長で、現在月間約 50~60万食、累計 2,300 万食以上のごちそうお届けしております。
また、既存のビジネスプラットフォームを活かし、物流、プロモーション、地方創生サポートなど新事業も展開しております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スターフェスティバル株式会社 >
  3. 軽貨物車両の空き時間・スペースをシェアリングする新物流サービス「スタロジ」、源流となる 中食の配送取次業務 スタートから10周年を記念し、インフォグラフィックスを公開!