【無料トークセッション】バイオベンチャーの事業化と研究開発を加速させる「アクセラレーションプログラム」と「シェアラボ」の活用法

KRP
イノベーション創発拠点を目指す、京都リサーチパーク株式会社(以下、KRP:代表取締役社長 小川 信也)は、医療・バイオなど国内外で50社を越える投資実績があり、研究の実用化を担うキャピタリストBeyond Next Ventures㈱(以下、BNV)をお招きし、「アクセラレーションプログラムとシェアラボ」をテーマにトークセッションを開催します。今回はBNVから革新的技術の事業化プログラム「BRAVE」とシェアラボ「Beyond BioLAB TOKYO」、KRPからグローバルな事業展開を目指す起業家のためのプログラム「HVC KYOTO(Healthcare Venture Conference KYOTO)」とシェアラボ「ターンキーラボ」、それぞれの取り組みを紹介します。BNVのプログラム卒業生でシェアラボも利用しているバイオベンチャーであるリベロセラ(株)の研究開発者様もゲストにお招きし、最新の事例や感想などをお話いただきます。ぜひご参加ください。
詳細・申込はこちらから【URL】https://www.krp.co.jp/events/detail/2393.html

■セミナー概要
○日時:2021年6月23日(水)18:00~19:00
○対象:・ライフサイエンス・ウェルネス系の企業やアカデミアの研究者の方
・アクセラレーションプログラムに関心があるスタートアップの方
・コストを抑えてすぐに使えるラボをお探しの方
○参加方法:オンライン参加(Zoomウェビナー、定員200名)
○参加費:無料
○イベント詳細・お申込み:https://www.krp.co.jp/events/detail/2393.html
○パネリスト
・Beyond Next Ventures株式会社 インキュベーショングループ グループリーダー 五十嵐晶 氏
・リベロセラ株式会社 代表取締役 CEO 菅家徹 氏(Beyond BioLAB TOKYOご入居者さま)
・京都リサーチパーク株式会社 イノベーションデザイン部 ウェルネス統括部長 田畑真理
<司会・ファシリテーター>
京都リサーチパーク株式会社 新事業開発部 長田和良
○パネリストプロフィール
・Beyond Next Ventures株式会社 インキュベーショングループ グループリーダー 五十嵐晶 氏

慶應義塾大学環境情報学部卒業後、東京銀行(現三菱UFJ銀行)にて、海外拠点システム構築に携わる。その後、北海道にて産学連携を目指す一般財団法人、水産海洋分野の研究センターの立ち上げ、運営に関わる。2015年にJSTに入所し、START(大学発新産業創出プログラム)を担当。その後、株式会社ケイエスピーでのインキュベーションマネージャーを経て、2018年2月Beyond Next Venturesに参画。シェアラボBeyond BioLAB TOKYO、およびアクセラレーションプログラム等の管理・支援業務に従事。
・リベロセラ株式会社 代表取締役 CEO 菅家徹 氏

東京大学大学院農学系研究科修士課程修了後、興和株式会社に入社し研究員としてアレルギー・炎症分野の医薬品開発を行う。英国Strathclyde大学への産学共同研究プロジェクト参画、細胞シグナル伝達分野で学位取得。その後、アカデミア、バイオテック企業で抗体医薬等の創薬研究開発に従事。2019年に研究開発責任者としてリベロセラに参画、GPCR等の膜タンパク質をターゲットとした創薬研究を推進している。
・京都リサーチパーク株式会社 イノベーションデザイン部 ウェルネス統括部長 田畑真理

1986年大阪ガス(株)入社。研究開発部門にて、食品添加物・味覚の研究、家庭用ガス機器の開発などに従事。1999年関係会社に出向し、不動産開発、ITベンチャーの営業代行、MOT(技術経営)研修の企画・営業などを経験。2008年大阪ガス(株)に帰社。CSR、ダイバーシティ推進のそれぞれ初代マネジャーとして、大阪ガスグループの方針策定および社会起業家との協働を実施。2015年京都リサーチパーク(株)に出向し、HVC KYOTOを軸にしたヘルスケア分野のエコシステム形成に取り組んでいる。

■過去の関連セミナーレポートのご案内
KRPでは、定期的にライフサイエンス・ウェルネス系の企業・スタートアップやアカデミアの研究者を対象に、研究環境やアクセラレーションプログラムなどの情報を発信するセミナーを開催しています。
・2021年5月13日開催 『研究者集団「リバネス」と考える新しいラボの在り方』セミナー
セミナーレポート:https://www.krp.co.jp/labplus/knowledge/detail/2375.html

■HVC KYOTO 2021 参加申込受付開始!
今年6回目を迎える日本最大級のヘルスケア分野に特化した英語ピッチイベントHVC KYOTO 2021を来る7月2日に開催します。(参加無料、事前申込要:https://hvckyoto2021.peatix.com)当該分野で世界をリードするエコシステムからプロフェッショナルを講師としてお招きするほか、国内外のヘルスケアベンチャー22社がピッチに登壇します。ヘルスケア分野での起業や産学公連携に関心のある方は、奮ってご参加ください。
HVC KYOTO 2021詳細:https://www.krp.co.jp/hvckyoto/detail/2204.html

■機器付きシェアラボ「ターンキーラボ」とは:
基本的な設備や共用実験機器が整えられているBSL2対応のレンタルラボの一種です。安い初期費用で、すぐに実験を始めることが出来ます。JR岸辺駅から徒歩10分、国立循環器病研究センターを中核とした健都イノベーションパーク内に立地。
産学連携やオープンイノベーションなど研究が加速する充実したネットワークも備えたターンキーラボ健都は来年春にオープン致します。詳細はこちら⇒ https://www.krp.co.jp/turnkeylab/lp/

■京都リサーチパークとは:
全国初の民間運営によるサイエンスパークとして1989年に開設。京都府・京都市の産業支援機関などを含めて500組織・6,400人が集積。オフィス・ラボ賃貸、貸会議室に加え、起業家育成、オープンイノベーション支援、セミナー・交流イベント開催など、新ビジネス・新産業創出に繋がる様々な活動を実施。「ここで、創発。~Paving for New Tomorrow~」をブランドスローガンとして、イノベーションを起こそうとする世界中の方々に、魅力的な交流の舞台、事業環境を提供することを通じて、世界を変える新たな事業が生まれることに貢献します。

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KRP >
  3. 【無料トークセッション】バイオベンチャーの事業化と研究開発を加速させる「アクセラレーションプログラム」と「シェアラボ」の活用法