スウェーデン・日本外交関係樹立150 周年記念 スウェーデン×ヨックモック 第2 弾 好評につき新メニュー登場!スウェーデン大使専属シェフ監修のティーセット

6月20日(水)からヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGEにて

葉巻状クッキー『シガール』を代表とする洋菓子製造販売の株式会社ヨックモック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 藤縄武士 www.yokumoku.co.jp) は、2018年6月20日(水)からヨックモック青山本店 BLUE BRICK LOUNGEにて、スウェーデン大使専属シェフ マーリン・エリクソン氏監修の「~フィーカ スウェーデンの伝統~ブルー・ブリック・ティーセット」の夏Ver.を発売いたします。また、同日より青山本店にて、マーリン・エリクソン氏監修の青山本店限定焼き菓子2品を発売いたします。
  • ベリーやアイスなどスウェーデンの夏を楽しむティーセット

~フィーカ スウェーデンの伝統~ブルー・ブリック・ティーセット ~フィーカ スウェーデンの伝統~ブルー・ブリック・ティーセット

2018年、スウェーデンと日本が外交関係を樹立してから150周年を迎えることを記念し、スウェーデン大使専属シェフ マーリン・エリクソン氏が監修した伝統的なフィーカセットが青山本店BLUE BRICK LOUNGEに登場。スウェーデンでおなじみの美味しいお菓子やお料理を季節ごとに紹介してまいります。春メニューはお問い合わせが多く、連日完売が続くほど好評いただきました。夏の新メニューは、さっぱりとした味わいを楽しんでいただけるよう、ベリーやアイスクリームなどをご用意。スウェーデンでは森にブルーベリー摘みに行くことが、夏の楽しみの1つとされています。美味しいお菓子を囲んで家族や友人との会話を楽しむ・・・まるで陽だまりにいるよう
な、温かく、心地よい時間をお過ごしください。

<料理>
●スウェーデンのミートボールとビーツのサラダ・・・スウェーデン人が大好きなミートボール。
●甘エビのオープンサンド・・・北欧産の甘エビとスライスしたゆで卵をのせたスウェーデンの定番メニュー。

<小菓子>
●ブルーベリーのロールケーキ・・・ふんわりやわらかいスポンジケーキに、ブルーベリージャムを合わせて。
●スウェーデンのシナモンロール・・・スウェーデンで1番人気のパン。
●マンデルムッスラ・・・赤桃のジャム、生クリームを絞り赤スグリの実を添えたタルト。
●ハッロングロットル・・・ラズベリーの洞窟という名前のクッキー。
●ヴァニリグラス・・・甘酸っぱい苺ソースを添えたアイスクリーム。

商品名 :~フィーカ スウェーデンの伝統~ブルー・ブリック・ティーセット
提供時間:14:00~20:00限定
本体価格:お1 人様 2,400 円(税込価格:お1 人様2,592 円)
販売期間:6 月20 日(水)~9 月19 日(火)


「フィーカ」とは
「お茶をする」という意味の「Fika(フィーカ)」は、スウェーデン人にとって心のゆとりを生みだす言葉。毎日の暮らしの中に常にあります。単にお茶やお菓子を味わうだけでなく、大切な仲間や家族とくつろぐ、時には自分一人で安らぐ、リセット、そして心とお腹を満たす時間でもあります。

スウェーデン大使専属シェフ マーリン・エリクソン氏からのメッセージ

スウェーデン大使専属シェフ マーリン・エリクソン氏スウェーデン大使専属シェフ マーリン・エリクソン氏日本のみなさん、こんにちは。私が『YOKU MOKU (ヨックモック)』という社名を初めて耳にした時、まず頭に浮かんだのはスウェーデンの森と湖に囲まれた美しい町『JOKKMOKK (ヨックモック)』でした。その想像の通り、この町が社名の由来だそうです。スウェーデンには大自然の恩恵を受けた美味しい食べ物とそれを楽しむお茶の文化「フィーカ」という習慣があります。私が監修をした「~フィーカ スウェーデンの伝統~ブルー・ブリック・ティーセット」をお召し上がりいただき、スウェーデンについてもっと知っていただけると嬉しいです。楽しいお茶の時間をお楽しみください!

マーリン・エリクソン氏(Ms.Malin Eriksson)
フランス・リヨンにてポール ボキューズ氏のもとで学ぶ。世界各国の料理や食材に造詣が深く、これまでに訪れた国は42カ国。現在、スウェーデン大使専属シェフを務める。

ヨックモックの名前のふるさと

JOKKMOKKJOKKMOKK

スウェーデンの首都ストックホルムから北へ約800km、北極圏にある、森と湖に囲まれた美しい町『JOKKMOKK(ヨックモック)』。手つかずの大自然とそこに住む温かい人々とのふれあいが訪れる人を魅了してやみません。ヨックモックの創業者、藤縄則一はスウェーデンを旅行中、家庭的で温かみのある手作りのお菓子と出会いました。その真心がこもった手作りのおいしさこそ洋菓子の真髄だと感じ、綴りも日本人に馴染みやすいように『YOKU MOKU(ヨックモック)』と変えて私たちは社名を名付けました。

ヨックモックでは、スウェーデンと日本の外交関係樹立150周年を祝い、お菓子を通じてスウェーデンの文化を発信、ゆとりのある暮らしを提案してまいります。
 
  • 青山本店限定の焼き菓子にスウェーデン大使シェフ監修のスウェーデン菓子が登場

写真左:ボンドカーカ  右:クリングロール写真左:ボンドカーカ  右:クリングロール

スウェーデン大使専属シェフ マーリン・エリクソン氏に監修いただいた焼き菓子2品「ボンドカーカ」「クリングロール」が新登場。スウェーデンの国のシンボル的な存在の馬として人々に愛されている「ダーラホース」とスウェーデンの自然をモチーフにした、可愛いオリジナルパッケージに包んでお届けします。Små godingar(スモー ゴーディンガル)はスウェーデン語で「小さなごちそうたち」を意味します。素材をいかして味わい深いおいしさに焼き上げたお菓子たちと共にほっとひと息、スウェーデンに思いを馳せながら、素敵なフィーカをお楽しみください。

スモー ゴーディンガル(小さなごちそうたち)シリーズ
●Bondkaka ボンドカーカ
「農夫のクッキー」という意味の、スウェーデンの焼き菓子。シロップ(糖蜜)とアーモンドパウダーを生地に練りこんで焼き上げました。小さく砕いたアーモンドが食感のアクセントの、素朴ながら味わい深いスウェーデンのクッキーです。

●Kringlor クリングロール
プレッツェルの形をした、「甘くない」が特徴のスウェーデンの焼き菓子。バターや生クリームなどの乳製品の風味が感じられるシンプルな生地にパールシュガーをトッピング。パールシュガーが生地のおいしさを引き立たせる、ほろほろとした食感のクッキーです。

本体価格 : 各650円 (税込価格:各702円)
販売期間 : 6月20日(水)~
販売店舗 : ヨックモック青山本店売店


■ヨックモック青山本店 店舗情報

ヨックモック青山本店ヨックモック青山本店

住所 : 東京都港区南青山5-3-3
電話番号 : 03-5485-3330(SHOP) / 03-5485-3340(LOUNGE)
営業時間 : SHOP 10:00~19:00
BLUE BRICK LOUNGE 10:00~23:00(L.O. 22:00)
日・祝10:00~19:00(L.O. 18:30)
席数 : 店内 48 席 テラス 38 席  計86 席

※青山本店では撮影のご相談も承っております。

■ヨックモックの商品情報、最新情報等、詳しくはこちら
・ホームページ     https://www.yokumoku.co.jp/
・オンラインショップ  https://www.yokumoku.jp/yokumoku/
・公式Facebook     https://www.facebook.com/yokumoku.co.ltd/
・公式 Instagram        https://www.instagram.com/yokumoku_jp/

■会社概要
社 名: 株式会社 ヨックモック
所在地: 東京都千代田区九段北1 丁目8 番10 号 住友不動産九段ビル
代表取締役社長: 藤縄武士
資本金 : 1,000 万円
事業内容: 洋菓子の販売および製造、ティーラウンジの経営、その他
従業員数 :326 人(2017 年9 月時点)

■お客様からのお問い合わせ先
ヨックモックお客様相談窓口
TEL: 0120-033-340(土日祝日除く 10:00-18:00)
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヨックモック >
  3. スウェーデン・日本外交関係樹立150 周年記念 スウェーデン×ヨックモック 第2 弾 好評につき新メニュー登場!スウェーデン大使専属シェフ監修のティーセット