音楽家〈冨田ラボ〉×住宅ブランド「LIFE LABEL」初タイアップソングを発表「住宅×エンタメ」で提案する”音楽が真ん中に”ある暮らし

規格住宅商品「amadana base produced by amadana(アマダナベース プロデュースドバイアマダナ)」のテーマソングを音楽家『冨田ラボ』がプロデュース!

住宅ブランド『LIFE LABEL(ライフレーベル)』(運営会社/ BETSUDAI Inc.TOKYO 株式会社ベツダイ東京支社:東京都港区)が、新しい生活文化をデザインするクリエイティブ総合商社「amadana(アマダナ)」(運営会社/ amadana株式会社 :東京都渋谷区)とコラボレーションし開発した規格住宅商品「amadana base produced by amadana(アマダナベース プロデュースドバイアマダナ)」のテーマソングを音楽家『冨田ラボ』がプロデュース。音楽という「エンターテインメント」と「住宅」と掛け合わせたプロモーション展開で、これまでいない暮らしの楽しみ方をこのプロジェクトを通じ提案していきます。

  • LIFE LABELが提案する、これからの住宅に必要なのは「エンターテインメント」
LIFE LABELでは「HOUSE IS ENTERTANMENT」をスローガンに、暮らしをもっと楽しくするエンターテインメントやカルチャーを”住宅“というフィルターを通して発信しています。それは、ライフスタイルにおける価値観の変化や、あらゆるユーザーの興味関心に対し、ただ住宅商品を提案するのではなく、そこでの暮らしの楽しみ方まで提案していきたいと考えるからです。音楽や映画、ファッション、食など、「エンターテインメント」を接点とすることで顕在層だけでなく、住宅という枠組みの中だけでは届けることができない潜在層にまでリーチさせ、もっと気軽に住宅に触れてもらう機会を作り出すことを目的としています。

今回のamadana base PROJECTではAmadana Musicなど、ブランドとの親和性も高い「音楽」をキーワードに、住む人の趣味やこだわりを最大限楽しめる住宅として、”好き”を暮らしの真ん中に置いたライフスタイルを提案。「音楽」に乗せてコンテンツを発信することで、この家での暮らし方をより情緒的に、楽しく、趣味をベースにした暮らし方ってアリだな!と想像してもらいたい。そこで、今回プロジェクトが提案する暮らしのイメージを表現したテーマソングを音楽家『冨田ラボ』が制作。このテーマソングによって一人でも多くの方にメッセージを届け、「音楽が真ん中にある暮らし」を提案していきます。
 
  • 心地良い家には心地良い音楽を。冨田ラボamadana baseテーマソング制作への想い
今回amadana baseのコンセプトに共感し、自身初となる住宅プロモーションのテーマソングを手掛けたのは、数々の名曲、ヒットソングを手掛ける音楽家の冨田ラボ氏。そしてヴォーカルには、今注目のバンドYONA YONA WEEKEDERSのフロントマン、磯野くんを起用した「君のFlavor feat. 磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)」の制作にかけた想いをインタビュー。


フューチャリングする対象が「アーティスト」から「家」に変わっただけ。
住宅会社とタイアップするのは、今回が初めて。サイトのメインビジュアルを見たときに、自分がイメージしていた住宅商品とは全く違うなと思いました。特に「“好き”が暮らしの真ん中にある家」というコンセプトがおもしろい。カジュアルに常識を越えていく感じに惹かれましたね。機能性ではなく趣味性にフォーカスしていて、シティポップなテイストでデザインされている。「この住宅でテーマソングをつくるなら、磯野くんに歌ってもらいたいな」と歌い手も自然とイメージが浮かんできたんですよね。
普段アーティストのプロデュースをするときは「こういう人に、こういう歌を唄ってもらったら良さそうだ」と、考えながら楽曲を制作しています。その考え方は、今回のテーマソング制作でも同じ。「『“好き”が暮らしの真ん中にある』というコンセプトの住宅に、どんな音楽を付加したら、素敵に見えるだろうか」といったことは意識しました。理想はこの音楽を聴くことで、ビジュアルだけで住宅を見たときよりも「ここで過ごしてみたい」というイメージが2倍にも3倍にも増幅されていること。パースやサイトのビジュアルから、ここで暮らしを送る家族の姿などを想像して楽曲をつくっていきました。

サイトを見たらわかる通り、amadana baseってけっこうシティポップなイメージ。そのイメージを、住宅を建てるメインの層でもある30代から40代の人たちにどう届けるかが今回のポイントでした。そこで、その世代がちょっと懐かしいと感じる曲調をベースにしつつ、amadana baseらしいカジュアルさやポップさも加えたんです。全体的にミディアムスローのテンポで、好きなことをして心踊っていたり、居心地良く過ごしたりしているイメージを膨らませてもらえたらいいなと思っています。

【LIFE LABEL magazine掲載記事】
■冨田ラボ|この家で心躍るイメージを。amadana baseテーマソング制作の裏側
https://lifelabel.jp/magazines/451


――
テーマソングのリリースを記念して、楽曲を手がけた冨田ラボ氏とYONA YONA WEEKENDERS ボーカル・磯野くんが、LIFE LABEL代表の林がMCを勤めるラジオ番組「What’s New FUN?」に登場。音楽との出会いやテーマソング制作の裏側などが語られました。

 

左からYONA YONA WEEKENDERS ボーカル・磯野くん、音楽家・冨田ラボ氏、LIFE LABEL主宰 林哲平左からYONA YONA WEEKENDERS ボーカル・磯野くん、音楽家・冨田ラボ氏、LIFE LABEL主宰 林哲平

ラジオのアーカイブ(Vol.82/83)はこちらよりご覧いただけます。https://whats-new-fun.jp/

【LIFE LABEL magazine掲載記事】
■僕たちは聴き手であり、作り手である。amadana baseテーマソングがついに完成
冨田ラボ × YONA YONA WEEKENDERS 磯野くん
https://lifelabel.jp/magazines/484


【amadana base テーマソング】

冨田ラボ 「君のFlavor feat. 磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)」

DL & ST → https://jvcmusic.lnk.to/flavor
Music : 冨田恵一
Words : 磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)
Produce, Arrangement, Instruments & Treatment : 冨田恵一
制作 : SPEEDSTAR RECORDS、LOW END THEORY
制作協力 : Long Distance Love LLC. 


<プロフィール>
◆冨田ラボ(冨田恵一)
音楽家、音楽プロデューサー。
冨田ラボとして今までに6枚のアルバムを発表。
2022年2月5日より活動20年目を迎える。

22021年は10分超えの壮大なインスト楽曲「MIXTAPE」を皮切りに、豪華アーティストを集めた「MAP for LOVE」(4月)、ラッパーのBASI、シンガーソングライターのkojikojiを迎えた「夜汽車 feat. BASI & kojikoji」(6月)、藤巻亮太、ペトロールズ長岡亮介を迎えたバラード「さあ話そう feat. 藤巻亮太」(11月)とリリースを重ねた。活動20年目となる2022年2月には、シンガー兼音楽プロデューサーの”ぷにぷに電機”を迎えた最新楽曲「須臾の島 feat. ぷにぷに電機」をリリース。5月には、現行シーンの中で注目バンドYONA YONA WEEKENDERS磯野くんの甘く透き通った歌声を活かした2022年最新型シティポップソング「君のFlavor feat. 磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)」をリリース。
そして6月29日ついに約3年ぶりとなるオリジナルアルバム「7+」のリリースが決定、冨田ラボの20周年を彩る20名の豪華アーティストが参加。

音楽プロデューサーとしても、キリンジ、MISIA、平井堅、中島美嘉、ももいろクローバーZ、矢野顕子、RIP SLYME、椎名林檎、木村カエラ、bird、JUJU、坂本真綾、夢みるアドレセンス、Uru、藤原さくら、Negicco、鈴木雅之、VIXX、スガシカオ、新しい地図、Naz、kiki vivi lily、高野寛、早見沙織、Ryohu、yonawo、V6、モノンクル、KinKi Kids等、数多くのアーティストに楽曲を提供する他、自身初の音楽書「ナイトフライ-録音芸術の作法と鑑賞法-」が、横浜国立大学の入学試験問題にも著書一部が引用され採用されたり、1つの曲が出来ていく工程をオーディエンスの前で披露する
“作編曲SHOW” の開催や、世界中から著名アーティストが講師として招かれることで話題のRed Bull MusicAcademyにてレクチャーなども行うなど、音楽業界を中心に耳の肥えた音楽ファンに圧倒的な支持を得るポップス界のマエストロ。
http://www.tomitalab.com/

◆磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)
“ツマミになるグッドミュージック” を奏でるメロコア・パンク出身のシティッポップバンド・YONA YONA WEEKENDERSのフロントマン。グルーヴィーで表現力豊かな歌声が魅力。好きなものはお酒とラーメンと乃木坂46。
2020年10月、HONDA CARS TV CMに「君とdrive」がインディーズとしては異例の大抜擢、2021年4月7日(ヨナの日)にはサラリーマンとの二足の草鞋を履きつつビクタースピードスターレコーズよりメジャーデビュー。
TOKYO FMのマンスリーキャンペーン「RADIO VACTION TOKYO CITY POP」内の番組でナビゲーターに抜擢、更に自身のWEBラジオ「東京ミッドナイトトーキング」がInter FMでスペシャルプログラムとして生放送されるなど、営業マンとして鍛えた喋りにも定評がある。
作詞作曲はもちろん、ミュージックレビューサイト「Mikiki」でラーメンと音楽を絡めたコラム「ラーメンから歌が聴こえる」を連載、YYWのミュージックビデオでは主演を務め、お笑いコンビ・シソンヌと共演するなど、多岐に渡るフィールドで活動中。
https://www.yonayonaweekenders.com/
 
  • LIFE LABEL×amadanaが提案する”好き“を暮らしの中心にした家 「amadana base」
こだわりを妥協しない、“好き“が真ん中にある家「amadana base」。amadanaプロダクトを感じさせるウッド×ブラックの洗練されたデザインをベースに、大胆にも家の中心に“好き”を最大限楽しめるパブリックスペース、「好き間※」を配置しました。キッチンやリビングダイニングともひと続きでどこからでも見渡せる開放的な大空間は、家族の暮らしを1トーン気持ち高める“好きだらけの家”を実現します。

そして今回、音楽好きの家族が暮らすならをテーマに”好き間“を表現。広めのカウンターボードに、DJブースを設置。生活の中で常に心地い良い音楽が家中を満たし、家族や友人が自然と集まる家。この空間により住宅とエンターテインメントを掛け合わせた心躍る心地よい暮らしを提案します。

※好き間とは?
玄関や廊下など一般的にはサブスペースとなる共有部を、趣味や愛してやまないものを大胆に楽しめる、大空間として家の中心に配置。そんなこだわりを叶えるスペースを「好き間」と名付けました。

<プロダクトネーム>
amadana base produced by amadana (アマダナベース プロデュースドバイアマダナ)


<プロダクトコピー>


<プロダクトデザイン>

外観:amadanaの象徴的な「ウッド×黒」デザインを外観デザインにも採用。ブランドトーンを踏襲した洗練されたデザイン外観:amadanaの象徴的な「ウッド×黒」デザインを外観デザインにも採用。ブランドトーンを踏襲した洗練されたデザイン

エントランス:玄関に入ると黒を基調とした吹き抜けの空間に。エントランス:玄関に入ると黒を基調とした吹き抜けの空間に。

 

ホビースペース:玄関や廊下のサブ空間を目一杯広く取り、「音楽が中心にある好き間」を表現。ホビースペース:玄関や廊下のサブ空間を目一杯広く取り、「音楽が中心にある好き間」を表現。

趣味やこだわりやを詰め込めるスペースに趣味やこだわりやを詰め込めるスペースに


心地よい音楽を最大限に楽しむためのスピーカー「JBL」とのタイアップ展開
音楽好きのための家なら、心地よい音楽をより楽しむために必要なのは良質なスピーカー。そこで今回ご協力いただいたのは、高品質スピーカーのブランドとして知られる米国カリフォルニア州に本拠を置く音響機器メーカー「JBL」。今回の”好き間“のメインスペースであるカウンターボードの背面に設置した大きな棚にJBLを象徴するスタジオモニタースピーカー「4312G」を配置。音楽好きの”好き間”を演出してくれています。
https://jp.jbl.com/4312G-.html

製品名 スピーカー:JBL 4312G製品名 スピーカー:JBL 4312G

 

<JBLについて>
美しい外観とプロ・サウンドを両立した家庭用スピーカーの開発を目指して設立。以来、世界中のあらゆる音楽が関わるシーンで、プロアマ問わず信頼され、愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。家庭用超高級スピーカーからイヤホン、ヘッドホン、ホームシアターを展開。また、トヨタを始めとする車載純正オーディオ、マルチメディア用などの民生機器から、世界中の映画館、スタジアム、コンサートホール、そして放送局やレコーディングスタジオなどが対象となる業務用機器を投入しています。JBLは世界中の競技場で音響システムとして採用されており、様々な世界的なスポーツイベントでも採用されています。https://jp.jbl.com/
 

リビングダイニング:こだわりの詰まった「好き間」とシームレスにつながるリビングダイニングスペースリビングダイニング:こだわりの詰まった「好き間」とシームレスにつながるリビングダイニングスペース

 


<フロアプラン>

フロアプラン:延床面積:92.82㎡(28.07坪)/1F床面積:57.13㎡(17.28坪)/2F床面積:35.69㎡(10.79坪)※床面積に関しては、屋内部分の床面積合計で記載しています。建築基準法上の延床面積とは異なる場合があります。

<プロジェクトサイト>
https://amadana-base.lifelabel.jp
 
  • 【本件に関するプレスリリース】
■わが家は、好きだらけ!?住宅エンターテインメントブランド「LIFE LABEL」と「amadana」が考える、暮らしを妥協しない”好き“が真ん中にある家づくりとは?
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000015251.html
 
  • ブランド情報

【LIFE LABEL(ライフレーベル)】について
LIFE LABELは、“Hello,new fun.” をブランドタグラインとして、2017年からスタートした住宅ブランドです。 2022年2月より、HOUSE IS ENTERTAINMENT. (家を、暮らしをもっとエンターテインメントに。)をスローガンに掲げ、エンターテインメントやカルチャー情報を”住宅”というフィルターを通して発信しています。また、様々なブランドとコラボレーションし規格住宅デザインを開発。FC事業として、全国160社以上のLIFE LABEL取扱店にてブランドを展開しています。
URL: https://lifelabel.jp/

【amadana】について
新しい生活文化をデザインする。 業界のボーダレス化に伴って競合・顧客が変化してきており、一社の経験・リソースだけでは新しいアイディア・ビジネスを構築することが難しくなってきている時代。私達は自社で培ったノウハウで、コンセプトメイクから施策の実行まで「事業そのもののデザイン」を行うクリエイティブ総合商社です。
URL: https://www.amadana.com/

ーー
【BETSUDAI Inc.TOKYO 】について
私たちは、全国展開している住宅ブランド「LIFE LABEL」「Dolive」のフランチャイズ運営を行なっています。
住宅業界にまだない新しい視点とアイディアで、住サービスの価値創造を行うチームとして、常に業界のフラグシップでありたいと考えます。  家づくりが決まり切った息苦しいものではなく、「好みのスタイル」「生活にあった間取り」「そこでの過ごし方」をお客様自身が想像し、楽しみながらセレクトしていく家づくりをしてほしい。

「暮らしはもっと楽しめる」

私たちは、住宅の提案のみではなく、
そこで今後始まるそれぞれのストーリーづくりを応援します。
URL:https://ldp.media/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ベツダイ >
  3. 音楽家〈冨田ラボ〉×住宅ブランド「LIFE LABEL」初タイアップソングを発表「住宅×エンタメ」で提案する”音楽が真ん中に”ある暮らし