12月26日(月)16:00「-両国- 江戸NOREN」にて日本相撲協会による「土俵祭り」を開催!!

2016年12月26日(月)16:00、「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトにした「-両国- 江戸NOREN」内の土俵にて「土俵祭り」を開催!!日本相撲協会による本場所さながらの神事が行われます!
㈱ジェイアール東日本都市開発(本社 東京都渋谷区/代表取締役社長 出口秀已)は、2016年12月26日(月)16:00、JR両国駅西口の「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトにした「-両国- 江戸NOREN」内の土俵にて「土俵祭り」を開催いたします。日本相撲協会による神事として、立行司「式守 伊之助」氏による神事をはじめ、呼び出しによる先導、榊奉納など、本場所さながらに開催される土俵祭りが行われます。

 
  •  日本相撲協会監修の土俵がいよいよ土俵開き
江戸の町屋を意識した空間に全12の和食店が軒を連ねる館内。その中央には堂々と構えるのが日本相撲協会監修の土俵。江戸時代から両国で興行が行われていた相撲の魅力の発信として、両国国技館の同じサイズで設置いたしました。11月25日の開業以降、多くのお客様にご注目頂いた土俵ですが、ついに九州巡業から帰ってきた日本相撲協会の方々によって、土俵開きが執り行われます。
 
  • 江戸時代からの神聖な儀式?!「土俵祭り」とは?

「土俵祭り」とは土俵の安全、無事を祈願する祭りで、大相撲本場所の前日に行う「土俵開き」のことです。「五穀豊穣」を祈願して、立行司による祝詞や神酒の捧げ、土俵の中央の穴に縁起物である萱(かや)・勝栗(かちぐり)・昆布(こんぶ)等の奉納を行います。通常日本相撲協会役員と力士が参列し、神酒を頂きます。今回は日本相撲協会より理事長の八角信芳様、事業部長の尾車浩一様にもご出席いただきます。

江戸時代から神道の古式にのっとって行われる神聖な儀式がご覧いただけます。
 
  •  どなたでも自由に見学可能!
「-両国- 江戸NOREN」の土俵は、お客様と土俵の安全、無事を祈願したいということで開業後に執り行うこととさせて頂きました。なかなか見るチャンスのない「土俵祭り」。どなたでもご自由にご見学できますので、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
 
  • 抽選で榊奉納体験が可能!
祝詞や神酒の捧ぎ、縁起物の奉納の後に行う榊奉納。通常、協会関係者や力士のみが行うものですが、当日-両国- 江戸NOREN専用受付にお越しいただいたお客様に、抽選7名様限定で榊奉納体験ができます。当たりが全て出次第、抽選終了となりますのでご了承ください。

【榊奉納体験 受付時間】2016年12月26日(月)15:00~ ※当たりが全て出次第、終了。
 
  • ◆土俵だけじゃない!土俵祭りの後は-両国- 江戸NORENでお食事を。
土俵祭りで神聖な空気を楽しんで頂いた後は、鮨、蕎麦、天ぷらなど、「味」「素材」「料理人」のこだわりを堪能していただく全12の和食店でお食事をしてみては??
魅力ある和食店一覧はこちら⇒ http://www.jrtk.jp/edonoren/shop/


【イベント】-両国-江戸NOREN 土俵祭り
【日時】2016年12月26日(月)16:00~ (約1時間程度)
【場所】-両国- 江戸NOREN 館内土俵前
【所在地】東京都墨田区横網1丁目3番地20
【アクセス】JR両国駅西口直結
【開館時間】10:00~23:30 ※営業時間は店舗により異なります。
【公式HP】http://www.jrtk.jp/edonoren/
【公式Facebook】https://www.facebook.com/ryogoku.edonoren.jrtk
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェイアール東日本都市開発 >
  3. 12月26日(月)16:00「-両国- 江戸NOREN」にて日本相撲協会による「土俵祭り」を開催!!