「RICOH THETAプラグインストア」に新たな公式プラグイン「Person Detection & Counting」を公開


株式会社リコーは、360°カメラ「RICOH THETA」に新しい機能を追加拡張し、自分好みにカスタマイズすることができるプラグインストア(https://pluginstore.theta360.com/) に、新たな公式プラグインとして、RICOH THETAに写り込んだ人数を検知し、外部連携サービスを経由して、Twitterなどに投稿できる「Person Detection & Counting」をラインナップし、本日公開しましたので、お知らせいたします。

 本プラグインは、プラグインに対応する「RICOH THETA Z1」および「RICOH THETA V」にインストールすることでご利用いただけます。プラグインストアで公開しているリコー公式のプラグインとしては12個目のプラグインとなります。


 ■プラグイン名: Person Detection & Counting

  概  要:THETAに写り込んだ人を検知して人数をIFTTT(※)に投稿します。
       設定した時間間隔で検知した人数の投稿を繰り返します。 
 
※ IFTTTはTwitter、Facebook、Google ドライブといった異なるサービスを連携させるWebサービスです。 
 

利用例1: 
店舗の人数を検知してTwitterなどのソーシャルネットワークサービス(SNS)に投稿する 


利用例2: 
イベントでの人数をカウントしてGoogle スプレッドシートに入力する 


記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

ブランドサイト「RICOH THETA Lab.」https://www.thetalab.ricoh/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リコー >
  3. 「RICOH THETAプラグインストア」に新たな公式プラグイン「Person Detection & Counting」を公開