「派遣」という働き方をアップデート。全派遣社員に賞与・退職金を追加支給

ファッション専門人材会社iDAが同一労働同一賃金制度に対応し、働き方の自由度を広げ、業界人材に更なる活躍の場を提供

WMH
ファッション・コスメ業界に特化した人材会社iDA(アイ・ディ・エー、本社:東京都渋谷区、代表取締役 加福真介 https://www.ida-mode.com)は、厚生労働省によって2020年4月1日より導入される同一労働同一賃金制度への対応を行い、これにより全派遣社員に賞与・退職金制度が適用されることになり、常時稼働する約6,000人の派遣社員の待遇向上が実現しました。
■賞与・退職金・交通費の給与追加
今回の法改正に伴い、iDAでは派遣社員に対して、これまでの給与に加え、年2回の賞与および退職金の追加支給を行います。

■「望んで派遣社員」約8割
iDAが就業者にとったアンケートによると全体の8割が希望して「派遣社員」という働き方を選んでいます(※1)。今回の対応では、賞与や退職金など 「長く働くことを見据えた」制度を整えました。これにより、ファッション業界での就業希望者が、より安心して希望のお仕事を選べる環境をつくれるよう、努めていきたいと考えています。

※1.  2016年実施iDA派遣スタッフ対象アンケート


今回の取り組みの他にもiDAでは、創業以来「WORKING DREAM®」を企業理念に掲げ、一人でも多くの人の夢が実現できる環境づくりを進めてきました。

●希望のブランドへ年間1,000人、累計10,000人以上を正社員化

派遣社員が希望のブランドで長く働き続けられるよう、就業先への社員化を推進。昨年は年間1,000人超、過去累計10,000人以上の社員化を実現させてきました。

●販売職社員「アンバサダー制度」も好調
一つのブランドを決めるのではなく、様々なブランドでキャリアを積むことができる「アンバサダー」という販売職正社員(無期雇用)制度があります。自身の好みや年齢によって変化する働きたいブランドをその時々に選択することができ、「正社員になりたい」という希望を叶えながら柔軟にステップアップすることができます。

●徹底した教育サポート、昨年は年間4,000人へ研修実施
派遣スタッフ向けの研修「iDAカレッジ」では昨年は年間380以上もの講座を開講。接客方法やVM、PR、バイヤー等人気職種から、語学、オフィス業務に必要なスキルが学べる研修などを用意しています。
 

「ファッション業界の人材のインフラを目指す」株式会社iDA 取締役 堀井 謙一郎
昨今のファッション業界は非常に変化と進化が問われています。昨年は暖冬や消費増税、現在はコロナウイルスの影響も受けており、業界に貢献するためにわたしたちにできることはなにか、を日々追求しています。今回の対応で、より業界に優秀人材が増え、活躍できるようにすることで働き手とブランドの未来を支えられるような一助になればと考えています。今後も独自の取り組みや新たな打ち手で業界貢献を進めてまいります。


■株式会社iDAについて
ファッション業界における「専門性」「全国展開」「教育力」を強みとして、人材紹介・派遣、採用支援、転職・新卒サイト運営、人材育成、新規出店コンサルティングや店舗運営代行のソリューション提供を行います。業界の全ての人、企業に対してWORKING DREAM®を実現します。iDAはファッション・コスメ企業に特化したトータルソリューションカンパニー「ワールド・モード・ホールディングス株式会社」のグループ企業です。
https://www.ida-mode.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. WMH >
  3. 「派遣」という働き方をアップデート。全派遣社員に賞与・退職金を追加支給