「NO!名刺」非接触でプロフィールを交換するAfterコロナの営業スタイルを支援

~名刺を前提とした「オンライン名刺交換」はではなく名刺を不要にする「PIエクスチェンジ」へ~

経営コンサルティングおよび経営支援システムの開発・販売を行なう株式会社NIコンサルティング(本社:東京都港区港南、代表取締役:長尾一洋)は、名刺交換に代わる新たなID(プロフィール)情報交換の手段として「PIエクスチェンジ」(Personal Identity Exchange)という新しいコンセプトを提唱し、それを実現する経営支援システムを順次提供してまいります。その第一弾として、グループウェア『NI Collabo 360』と営業支援システム『Sales Force Assistant』の新バージョンを2020年6月29日(月)より提供開始します。
  • ビジネスに紙はいらない Afterコロナはコンタクトレス時代へ「NO!名刺」
新型コロナウイルス禍を契機ににわかに整備が進むテレワーク。その前提となるのが業務のペーパーレス化です。あらゆるビジネスシーンにおいて、紙に依存する、紙を媒体にする業務処理は無くしていくべきです。そうであれば、紙の名刺もいらないのではないでしょうか?

かつては、紙の名刺はそのまま保管され、名刺の束やホルダーが人脈の証でした。しかし、今は個人情報の保護や利活用の観点から、交換された後はデータ化され、紙の名刺は廃棄されます。そうであるなら、はじめからデータでやり取りできた方が、効率性も環境適合性も優れています。

そして、この新型コロナの影響で、営業活動や顧客対応のスタイルも急速にコンタクトレス、非接触へとシフトしています。まさに今、名刺交換に代わる新たなID情報交換の手段が求められているのです。

 
  • 名刺交換からオンラインID交換へ 「PIeX」(Personal Identity Exchange)
そこで、NIコンサルティングは、オンラインID交換「PIエクスチェンジ=PIeX」という新概念を提唱します。紙の名刺の存在を前提とした「オンライン名刺交換」ではなく、完全デジタル化によって活用度の高いID情報交換を実現するものです。PIeXには以下の3つのルートがあります。

PIeXルート1:メールで事前に交換 <Mail Exchange>
コンタクトレス時代には対面商談が減り、Webミーティングを利用したオンライン商談が増えていきます。その調整を『NI Collabo 360』のメール機能で行なうと、メールの署名を読み取って『Sales Force Assistant』のデータベースにパーソン情報として登録できます。(2020年6月29日提供開始)

PIeXルート2:Web会議ではQRコードで交換 <QR Exchange>
登録した自己PI情報から生成されたQRコードを、スマートフォンのカメラでお互いに読み取ることでPIeXします。QRコードを埋め込んだWeb会議システムの背景画像も生成できます。
Webミーティングの前にメールのやりとりができなかった相手に対し、自己PRコメントなど紙の名刺には書かれなかった、よりリッチな情報交換が可能となります。(2020年7月提供予定)

PIeXルート3:リアル商談ではスマホアプリで非接触交換 <Appli Exchange>

オンライン商談が普及したとしても、リアルに対面する商談もゼロにはなりません。その際には、専用のスマートフォンアプリでPIeXします。
応接室でソーシャルディスタンス(1.5~2m)をとりつつも、3m以内程度に接近するとBluetoothによってコンタクトレスでPIeXが可能となります。取り込んだ相手のPI情報はアプリ上に一覧表示され、商談中に顔と名前を確認することもできます。
また、世界標準規格であるvCard形式でPI情報を送信することも可能ですので、相手方がアプリをインストールしていなくてもPIeXできます。(2020年7月提供予定)
 
  • グループウェア『NI Collabo 360』新バージョン販売情報
提供開始日: 2020年6月29日(月)
提供価格:パッケージソフト 10ユーザー 58,000円(税別)~
     クラウドサービス 1ユーザー月額 360円(税別)
Webサイト:http://www.ni-ware.com
 
  • 営業支援システム『Sales Force Assintant』新バージョン販売情報
提供開始日: 2020年6月29日(月)
提供価格:パッケージソフト 5ユーザー 200,000円(税別)~
     クラウドサービス 1ユーザー月額 3,500円~4,500円(税別)
Webサイト:http://www.salesforce-assistant.com
 
  • コンサルティング・パッケージ「可視化経営システム」(VMS)
『NI Collabo 360』『Sales Force Assistant』は、NIコンサルティングが提供する経営支援システム群「可視化経営システム」を構成するサブシステムです。
NIコンサルティングは「コンサルティングの新しいカタチ」を標榜し、生産性向上のノウハウをITツール化(コンサルティング・パッケージ)して提供することで、高品質の経営改善を低価格で支援しています。「可視化経営システム」は、業種・業態や企業規模を問わず全国6,800社を超える企業様にご導入いただいております。

可視化経営システム(VMS)総覧可視化経営システム(VMS)総覧

  設  立:1991年3月
資 本 金:2億1,000万円
代 表 者:代表取締役 長尾一洋
本  社:〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー19F
事業拠点:札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡
従業員数:75名
事業内容:経営コンサルティング(戦略構築、営業力強化、事業承継型M&A等)
     および経営支援システム(VMS、SFA、CRM、グループウェア等)の開発・販売
-------------------------------------------------------------------------------------------
※文中の会社名、商品名等は各社の登録商標または商標です。
また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。
------------------------------------------------------------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NIコンサルティング >
  3. 「NO!名刺」非接触でプロフィールを交換するAfterコロナの営業スタイルを支援