デンソーウェーブ、車両用センサー技術を活用した新型2Dレーザー式踏切障害物検知装置「ZD-LS200RX」を発売

〜フェールセーフ機能を搭載し安心、安全な列車運行に貢献〜

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:中川弘靖)は、このたび、自動車用衝突防止センサー技術をベースにした新型踏切障害物検知装置「ZD-LS200RX」を2020年8月1日から発売します。この製品は2019年11月に鉄道技術展で発表した「ZONE D-RX」を近畿日本鉄道株式会社のフィールドにて動作確認を行い評価したもので、価格はオープン価格です。2021年度販売目標は220台を想定しています。

新型2Dレーザー式踏切障害物検知装置と設置例(イメージ)

この装置は自動車部品メーカーの株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長:有馬浩二)が開発した自動車用センサー技術をもとに、2017年から近畿日本鉄道株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:都司尚)と共同で踏切障害物検知装置向けの開発を始め、研究と実証を進めてきたものです。
実証実験の結果をもとに、装置内のCPUを二重化して相互監視を強化し、万が一CPUの一方に不調が発生した場合でも、もう一方のCPUでエラーを認識できるフェールセーフ性を向上させています。これにより公益財団法人 鉄道総合技術研究所の安全性評価を受審しており、踏切における安心・安全対策に貢献することができます。

また従来より、レーザーセンサーはレーザー光を照射し、反射光を測定して物体の有無を判断しているため、光の吸収率が高い黒色の物体や、表面が鏡面仕上げのような物体の場合はレーザー光の十分な反射光量が得られず、センサーで検知しづらいという課題がありました。
これらの課題に対し、「ZD-LS200RX」は、検知対象エリアの中に高反射素材製のポールを設置して常時検知することで、黒色の車両等の反射光量を得られない物体が検知エリア内に侵入した時は、このポールが検知できなくなり、エリア内の侵入物が存在すると判断する仕組みを構築しました。この特許取得技術により、検知率を向上でき、さらなる安全を実現します。


本製品は2020年8月1日から販売を開始し、2021年度中の売上は220台を想定しています。今後は鉄道向け信号メーカーとも協力し、鉄道事業者各社へ提案し、活用・導入の場を広げていく予定で、デンソーウェーブは自社技術を活用し、鉄道の安全な運行に貢献してまいります。


<参考資料:製品情報>

■    製品概要
  • 製 品  名: ZD-LS200RX
  • 質  量: センサ:約6000g、バイザー:約800g、取付金具: 約1200g
  • サ イ  ズ: 320mm×322.4mm×300mm (幅×奥行×高さ)
  • 価  格: オープン価格
(注) ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。その後、予告なしに変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デンソーウェーブ >
  3. デンソーウェーブ、車両用センサー技術を活用した新型2Dレーザー式踏切障害物検知装置「ZD-LS200RX」を発売