セレスが展開する、フリーランス向け資金調達支援フィンテックサービス「nugget(ナゲット)」に、e-KYC本人確認API「TRUSTDOCK」を導入実施

株式会社TRUSTDOCK(本社:東京都千代田区、代表取締役:千葉 孝浩、以下 TRUSTDOCK)と株式会社セレス (本社:東京都世田谷区、代表取締役:都木 聡 以下 セレス)は、本人確認業務の代行において業務提携することに合意し、セレスが展開する、フリーランス向け資金調達支援フィンテックサービス「nugget(ナゲット)」に、本人確認APIの導入実施を完了したことをご報告します。
セレスは、TRUSTDOCKが提供するe-KYC/本人確認APIサービスにより、「nugget(ナゲット)」を利用するユーザーの本人確認業務をスムーズに行なうことが可能となります。


フリーランス向け資金調達支援フィンテックサービス「nugget(ナゲット)」とは
ナゲットは、フリーランスとして働く方への資金調達手段として、請求書の買い取りサービスを提供するものです。
資金調達を必要とするフリーランスの方は、取引関連の各種情報とともに請求書とそのエビデンスをオンラインでアップロードするだけで、独自アルゴリズムにより請求書の買い取り可否をオンライン上で判定し、
ナゲットを運営する当社が請求書(売掛債権)を買い取ることにより、最短60分で資金調達が可能となっております。

特徴1:Web完結の3ステップでお申し込み完了
特徴2:最短60分、欲しい時に現金が手に入る
特徴3:リーズナブルな料金



KYC as a Service「TRUSTDOCK」について
KYC as a Service「TRUSTDOCK」が提供している、日本で唯一のデジタル身分証アプリとe-KYC/本人確認APIサービスでは、犯罪収益移転防止法をはじめ、携帯電話不正利用防止法、古物営業法、労働者派遣法、出会い系サイト規制法、民泊新法など、各種法律に準拠したKYCをAPI組み込みのみで実現します。
これにより、サービス事業者は本人確認用の管理画面の開発や、オペレータの採用・教育、24時間体制でのシフト管理を行うことなく、低コストで本人確認を行うことが可能です。

また、オンラインで会員登録を行うあらゆるIDサービスやプラットフォーム、または既存で顧客DBがある事業者なら、業態や規模の大小を問わずご利用可能です。事業者のサービスIDをお持ちの個人の方の「本人性の証明」を、システムにAPIを組み込むだけで、フルデジタル且つ法律に準拠した形でご提供します。
独立した様々なAPI群を用意しているため、新規アカウント開設時だけでなく、不正検知時の取引時確認、定期的な顧客確認、休眠口座からのアクティベートなど、事業者様の業務フローに合わせて、必要なタイミングで必要なAPIを実行できます。
そして、犯収法改正にあわせて、郵送不要でネット完結の本人確認を実現するeKYC専用ソフトウェアである、デジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」では、施行規則六条一項「ホ/ヘ/ト/チ」をはじめ、公的個人認証による「ワ」など、あらゆる本人確認手段を内包した身分証専用のアプリであり、「運転免許証/運転経歴証明書/パスポート/マイナンバーカード/住基カード/在留カード/特別永住者証明書」など幅広い本人確認書類に対応している唯一のデジタル身分証アプリです。
さらには、様々なベリフィケーターとAPI連携することで、デジタル身分証アプリはKYC流通のハブとして、ダッシュボードとして、オンラインの身元確認を簡便にしていきます。
 



【関連URL】
e-KYC/本人確認APIサービス「TRUSTDOCK(トラストドック)」

https://biz.trustdock.io/

nugget | フリーランスの報酬が即日手に入る
https://nugget.biz/


【会社概要】
社 名 : 株式会社TRUSTDOCK(TRUSTDOCK Inc.)
所在地 : 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
代表者 : 千葉 孝浩
URL:https://biz.trustdock.io/

社 名 : 株式会社セレス(CERES INC.)
所在地 : 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエア タワー 24階
代表者 : 都木 聡
URL:https://ceres-inc.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社TRUSTDOCK
担当:高橋、松崎
E-mail:inquiry@trustdock.io
  1. プレスリリース >
  2. TRUSTDOCK >
  3. セレスが展開する、フリーランス向け資金調達支援フィンテックサービス「nugget(ナゲット)」に、e-KYC本人確認API「TRUSTDOCK」を導入実施