株式会社中央運輸の株式を取得(子会社化)

~物流施設の集積化続く神奈川(厚木・相模原)エリアの輸送力を強化~

ファイズホールディングス株式会社(東証:9325 本社・大阪市北区、代表取締役社長:榎屋幸生)は2020年7月21日開催の取締役会で、株式会社中央運輸(本社・神奈川県厚木市、代表取締役社長:渡部勝則)の全株式を取得し、子会社化することを決議いたしましたので、お知らせいたします。


今回子会社化する株式会社中央運輸(以下、中央運輸と表記)は1979年に設立されたトラック運送(一般貨物自動車運送事業)会社です。トラック保有台数は約50台で、大型車、中型車、小型車などを用いて、主に長距離幹線輸送や店舗向けルート配送といった業務を展開しているほか、冷凍・冷蔵の温度帯別輸送にも対応しています。

中央運輸が本拠を置く神奈川県厚木エリアおよび隣接する相模原エリアでは、圏央道をはじめとする高規格道路網の整備が進み、首都圏はもちろん、中部圏・関西圏、東北エリアへの交通アクセスの利便性が高まっていることを背景に、近年は大規模物流施設の開発・稼働が相次いでいます。ファイズグループではこれまで、同エリア(厚木・相模原エリア)で急拡大する物流需要を取り込むため、事業所(=厚木営業所、ファイズトランスポートサービス株式会社)を開設するなどの対応策を講じてきました。 

しかしながら、当社グループが現在提供している物流機能を大きく上回るニーズがすでに顕在化しているほか、今後も大規模物流施設の開発等が控えており、さらなる需要の拡大が見込めることから、同エリアにおける輸配送インフラのスピーディーな拡充・強化を目的に、中央運輸を当社グループ傘下に収めることにいたしました。

 子会社化後には、中央運輸および当社グループの物流インフラ、経営ノウハウ、ドライバーを中心とした人的資源、営業機能といったリソースを共有・融合していくことで高いシナジー効果を発揮し、様々な業種業態のお客様により一層付加価値の高い各種物流ソリューションを提供してまいります

<企業概要>
会社名:ファイズホールディングス株式会社(東証1部:9325)
会社ホームページURL:https://phyz.co.jp/
本社所在地:大阪市北区梅田3丁目4番5号毎日インテシオ13階
設立:2013年10月
代表者:代表取締役社長 榎屋 幸生
資本金:326,512,000円
売上高:10,638,391千円(2020年3月末現在)
関連会社:ファイズオペレーションズ株式会社、ファイズトランスポートサービス株式会社、ファイズコンピュータテクノロジーズ株式会社
主な事業内容:オペレーションサービス事業、ロジスティクスサービス事業、デリバリーサービス事業、人材紹介サービス事業、システムコンサルティングサービス事業ほか
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ファイズホールディングス株式会社 >
  3. 株式会社中央運輸の株式を取得(子会社化)