ギフトパッド、シリーズCラウンドで総額11億円の資金調達

~プラットフォームの機能拡充と新たな顧客の獲得を目指す~

企業、自治体のDX推進をする株式会社ギフトパッド(本社:大阪市西区、代表取締役 園田 幸央)は、シリーズCセカンドクローズにて株式会社博報堂DYベンチャーズ(HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND投資事業有限責任組合)を引き受け先とする第三者割当による資金調達を実施しましたのでお知らせします。
これにより、シリーズCラウンドにて、既存株主である JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社をはじめ、関西テレビ放送株式会社、株式会社ダイレクトマーケティングミックスと金融機関からの借入を含む総額11億円の資金調達をいたしました。
今回の資金調達を含めたこれまでの累計調達額は約26億円となります。
本ラウンドの調達に関する前回のリリースはこちらhttps://giftpad.co.jp/news/news01/3113
 


資金調達の背景
当社は、結婚式の引き出物の定番である、紙のカタログギフトをWEB化するサービス(オンラインギフト)で始まりました。創業から約10年、コロナ禍の影響もあり直接会えない方にも気軽にギフトを贈ることができることから、個人ユーザーから企業・自治体まで多くお引き合いをいただくようになりました。
現在では、様々な開発を経て、オンラインギフト機能から拡がるギフトプラットフォームとして、全国300社以上の企業・自治体で、セールスプロモーション・マーケティング・株主優待・福利厚生など、様々な活動でご利用いただいております。また、当社に商品をご提供いただくメーカーや生産者にとりましては、小売やEC以外の販路拡大の一つとしてご活用いただいております。
今回の調達により、企業や自治体のニーズの高まりにお答えできるよう、サービスの機能拡充とより一層の認知拡大を目指します。

主な資金使途
・より一層の認知拡大へ。企業との連携やマーケティングを強化
より多くの方に、当社とお取引いただく企業及び自治体のサービス・商品を届けるため、企業との連携による事業の拡大や、マーケティング強化によるユーザー数の拡大を目指します。
関連機能の拡充によるサービスの機能拡充
ご利用いただく企業・自治体の課題は様々です。ご要望にお応えし、ワンストップで支援できるよう関連機能の開発・拡充、強固な組織運営に活かします。

投資家からのコメント
HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND
株式会社博報堂DYベンチャーズ パートナー 漆山 乃介
ギフトパッド社は、法人や自治体の様々なギフトシーンのデジタル化を実現する販促DXプラットフォームを提供しています。従来のキャンペーンでは、ノベルティは渡して終わりであることが大半でしたが、デジタル化によりアンケートによるデータ取得など、顧客のロイヤリティを高めつながり続けることを可能とし、マーケティング活動への貢献も期待できます。
今後は、博報堂DYグループが有する生活者発想とクリエイティビティも掛け合わせ、ギフト領域のDX化と新たなイノベーションの創出に向けてともに取り組んでいければと思います。


〈ギフトパッドのDX プラットフォームとは
創業以来、培ってきたデジタルギフトプラットフォームの技術・ノウハウを生かし、企業や自治体の顧客・従業員・株主などのステークホルダーに向けた施策や社内業務プロセス等のDX化を推進致します。

■法人向けWEBギフトサービス 3X’s ticket(サンクスチケット)https://giftpad.co.jp/3xs
 


 サービス名は、ありがとうを意味する「サンクス」から生まれました。
「ありがとう」の感謝を込めてギフトを贈り、動画やメッセージにより感謝を伝える送り手側の「ありがとう」そして、商品が届いたエンドユーザーによる「ありがとう」。3つの「ありがとう」が伝わる、オリジナルデザイン&カスタマイズ可能なWEBギフトサービス。
セールスプロモーションやマーケティング、株主優待、福利厚生まで、法人様のさまざまな活動でご利用いただけるサービスです。

デジタルチケット発券システム Ticket Button(チケットボタン)https://ticket-button.com/
 


今までの販促ギフトの手間を軽減し、キャッシュレスポイントや商品と交換できるチケットの発券が可能な、新しいデジタルチケット発券システムです。

■その他、サービス一覧 https://giftpad.co.jp/service


〈ギフトパッドのVision
三方よしの仕組みを創造して“ありがとう”で満ち溢れる社会へ
「三方よし」という言葉通り、当社のサービスを利用する企業・自治体、商品提供企業、ユーザー様のニーズを満たすDXサービスを提供いたします。

【会社概要】
ギフトパッドは、カスタマイズ可能なプラットフォームを通じて、ノベルティ・ギフト・クーポンをDX化。業務効率化、在庫リスク低減に寄与するほか、メーカー・生産者にとって小売・EC以外の販路拡大、認知向上にもつながるなど、企業の経営課題解決、地域活性化に貢献します。

会社名:株式会社ギフトパッド
代表者:代表取締役 園田 幸央(Yukihiro Sonoda)
本社所在地:大阪市西区南堀江3-9-13 堀江家具WESTビルディング 4階
設立年月日:2011年12月
資本金: 944,400千円(2022年8月末現在)
コーポレートサイト:https://giftpad.co.jp/

<代表的なサービス>
法人向けサービス『3X’s ticket』:https://giftpad.co.jp/3xs
デジタルチケット発券サービス『Ticket Button』: https://ticket-button.com/
個人向けソーシャルギフトサービス『Gift Pad』:https://giftpad.jp/
地方創生事業『みやげっと』:https://giftpad.co.jp/rc/miyaget

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ギフトパッド 広報もしくはIR担当まで
TEL:06-6537-7562(平日9:00~18:00)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ギフトパッド >
  3. ギフトパッド、シリーズCラウンドで総額11億円の資金調達