新しく趣味を始めたい人の約70%が1年以上も始められていない「“いつか”さん」と判明!“何を趣味にしていいかわからない”という『趣味難民』は半数以上!『趣味難民』を救済するカギは友人とSNSにアリ!?

2018年から始めたい! 「新年と趣味」に関する意識調査

マーケティングデザインカンパニーのトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下:トライバル)が運営するメディア「人生まるごと楽しみつくす!本気で遊ぶ大人の趣味マガジン『Funmee!!』」は、このたび「新年と趣味」に関するアンケート調査を行いました。
新年だからこそ新しいことにチャレンジしたい! 気になっていた趣味を始めてみようかな? そんな想いを抱いている人は多いはず。『Funmee!!(ファンミー)』(https://funmee.jp/)では、全国の20~50代の男女約400人を対象に、「新年から始めたい趣味」というテーマで意識や傾向を調査。昨年12月のサービス開始以来、“趣味”に特化したコンテンツを提供してきた『Funmee!!』ならではの切り口で、男女間・年代間を含め多角的に分析しました。

--------------------------------------------------------------
■調査実施期間:2017年11月17日(金)~11月18日(土)
■調査対象:全国の20~50代の男女、約400人
■調査方法:インターネットによるアンケート調査
--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
【2018年と趣味に関する意識調査 -結果概要ー】
1:3年以上の片思いも当たり前!? 2人に1人以上が、1年以上も始めたい趣味を始められていない「“いつか”さん」だということが判明!
全体の約67%が、新しい“趣味”を、1年以上前から「やりたい」と思っているのに始められていないと回答
2:2人に1人が、趣味を始めたくても何をしたらいいのかわからない「趣味難民」!?
新年から新しい“趣味”を始めたいのに、まだ47%の人が始めたい趣味がわからず探していると回答
3:友人とのつながりが趣味を生む? 趣味を見つけたきっかけは「友人」。趣味と出会えるSNSは「Instagram」が1位に。
きっかけは、友人45%、TV25%、家族や雑誌・書籍がそれぞれ18.3%、SNS15%という結果に
4:2018年は若い世代で「趣味」に取り組む時間が長くなる可能性も?
新しく趣味を始めたいのは20代が唯一の多数派で41.3%、20代女性は約60%が新しく始めたいと回答
​--------------------------------------------------------------

【1:3年以上の片思いも当たり前!? 2人に1人以上が、1年以上も始めたい趣味を始められていない「“いつか”さん」だということが判明!】
1~3年以上前からやりたいと思っていたのに始められていない「“いつか”さん」は、全体の約67%も占めていることが明らかに。内訳を見ると「3年以上前」が34%で最も多く、趣味を見つけてからもなかなか重い腰を上げられない「“いつか”さん」が全国に多数生息している実態が判明しました。
●“いつか”さんとは
始めたい趣味があるのに、「いつかやろう」「いつかやれたらいいな」と1年以上もの期間始められずにいる人
 



やってこなかった・やってこれなかった理由は、「仕事が忙しかった」 「時間に余裕がなかった」 「家事(育児)で時間がなかった」などの時間的理由が1位、「お金がかかるorなかった」といった金銭的理由が2位に。約70%を占めるこの2つの理由が、始められなかった大きな要因でした。
 



【2:2人に1人が、趣味を始めたくても何をしたらいいのかわからない「趣味難民」!?】
新年から趣味を始めたい、と回答した人のうち、ほぼ半数にあたる47%の人が、始めたいという気持ちがあるにも関わらず「始めたい趣味がわからず、今探している」と回答。
●『趣味難民』さんとは
新しく趣味をはじめたいのに、何を趣味にしたらいいのかわからずに探しつづけている人
 



40~50代は、半数以上が「具体的に始めたい趣味がある」と回答しており、「趣味難民」の比率はぐっと下がっています。さまざまな経験を経て、すでに取り組みたいと思える趣味が見つかっている可能性も低くないと考えられます。20~30代は、「始めたい趣味がわからず、今探している」と回答した人がそれぞれ51%、58%となっており、半数以上が「趣味難民」という結果に。性別ごとに見てみると、特に女性は「趣味難民」の傾向が強いということがわかりました。
●年代別


●性別・年代別



【3:友人とのつながりが趣味を生む? 趣味を見つけたきっかけは「友人」。趣味と出会えるSNSは「Instagram」が1位に。】
「新年に具体的に始めてみたい趣味がある」と回答した人が、その趣味と出会ったきっかけについて調べると、最も多い回答は45%の「友人」、そして3番目にも「家族」が挙げられていることから人間関係を通じて趣味に興味を持つ傾向が明らかに。「TV」が25%、さらに「雑誌、書籍(マンガを含む)」が18.3%と続くため、全体的に伝統的なメディアの影響力の高さも浮き彫りになりました。
 



全体では15%だった「SNS」の回答比率は、年代別でみると20代が35%と高い数値になりました。特に20代女性は、さらにその比率が増加し45.5%がSNSで趣味を見つけると回答。全性年代比較で最もSNSを趣味のきっかけとしている世代となっています。

●性別・年代別



趣味に出会ったきっかけとして「SNS」と回答をした人が、最も影響力のあるプラットフォームとして選んだのは、「Instagram」でした。
●SNS別



【4:2018年は若い世代で「趣味」の時間が長くなる可能性も?】
全体では「いいえ」と回答した人が約40%と多数派であったが、20代は唯一「はい」と回答した人が多数派となりました。これまで趣味を意識していなかった人たちが、新しくスタートする年になる可能性も……?
●年代別



●性別・年代別
性別比較をすると、20代女性が全年代中最も多く「はい」と回答しており、約60%が「新年から新しい趣味を始めたい」という意思があることがわかりました。



【『Funmee!!』について】


●Web
人生まるごと楽しみつくす!本気で遊ぶ大人の趣味マガジン『Funmee!!』。『Funmee!!(ファンミー)』は、好きなものをもっと好きに、そして好きが広がるキッカケを記事やコミュニティを通して提供している、本気で遊ぶ大人のための趣味マガジンです。共通の趣味・関心・ライフスタイルを持つ集団を「トライブ」と呼び、2016年12月のサービス開始以降、さまざまな趣味トライブに関する記事を毎日配信しています。ユーザーの趣味をTwitterやInstagramのように好きなタグをつけて投稿したり、他ユーザーの投稿に「いいね」をつけるなどしてオンライン上で交流することができる、コト軸を核として設計された独自のメディアプラットフォームが特長です。
『Funmee!!』 https://funmee.jp/

●iOSアプリ ※近日リニューアル予定

毎日がもっと楽しくなる!趣味ログアプリ『Funmee!!』。趣味ログアプリ『Funmee!!』は、忙しいオトナたちの「いつか」を叶える&後押しするアプリです。ユーザーの1度きりの人生の幸福度をより向上させるために趣味を見つけ、深め、広がっていくことをサポートします。『Funmee!!』が用意した趣味リストから自分のやりたい趣味を「いつか」に登録すると、より具体的なイメージができるようにビジュアル化。いつでも見返すことができるようになり、 「いつか」の実現を近づけます。Webで公開されている趣味に関する記事の閲覧のほか、趣味による楽しい想い出を記録する「趣味日記」や、共通の興味関心を持った人とタグでつながることができる「SNS機能」を備えています。

 


-------------------------------------
会社概要
社名:株式会社トライバルメディアハウス
本社所在地:東京都中央区銀座2-15-2 東急銀座二丁目ビル
代表取締役社長:池田紀行
事業内容:デジタルマーケティング事業
http://www.tribalmedia.co.jp/
-------------------------------------
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トライバルメディアハウス >
  3. 新しく趣味を始めたい人の約70%が1年以上も始められていない「“いつか”さん」と判明!“何を趣味にしていいかわからない”という『趣味難民』は半数以上!『趣味難民』を救済するカギは友人とSNSにアリ!?