スマホアプリ利用の伸び率は年間3.4% アプリ所持数頭打ちで競争激化へ

スマホアプリ分析の「App Ape」アプリ利用トレンドレポート〜

フラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太、櫻井 裕基、以下「フラー」)はこのほど、アプリ分析プラットフォーム「App Ape」で独自に分析したデータを活用したスマホアプリの利用トレンドレポートを作成しました。


月に1度でもアプリを利用したユーザーを全て合算した「月間アクティブユーザー(MAU)」の成長率は、2016年10月から17年9月の1年間で3.4%となり、16年4月から同年9月の成長率(18.0%)に比べ伸びが鈍化したものの、上昇トレンドを引き続き維持したことが明らかになりました。今後も主要カテゴリのレポートを発信し、アプリ市場の全容を捉え続けることで、アプリ業界全体の利益に貢献していく考えです。

アプリ実利用データから市場トレンドを抽出
 フラーが開発・提供するApp Apeは、アプリビジネスをサポートするアプリ分析プラットフォームです。アプリのストア、パブリッシャー、ユーザー利用データなどをまとめて一つのプラットフォームで提供しているのが特徴で、市場のトレンド把握、競合の調査、マーケティングや広告出稿の最適化などを全面支援。アプリパブリッシャーを中心に、アプリビジネスに関わる3,000社以上に登録、利用いただいております。

 アプリ分析プラットフォーム「App Ape」で国内数万台のAndroid端末の実利用データを分析した今回のレポートでは、2016年1月から2017年9月のデータを利用しています。

アプリ全体の合計月間アクティブユーザー(MAU)の成長率
 アプリ全体のアクティブユーザーを月ごとに合算した合計月間アクティブユーザー(MAU)の成長は、201610月から179月までの1年間で3.4となりました。依然として上昇トレンドを維持したものの、16年4月から同年9月の半年間の成長率18.0%に比べて期間が長いにもかかわらず、上げ幅が縮まった形です。


一人当たりの所持・利用アプリ数

一方、17年9月の一人当たりの平均所持アプリ数前年同月比4個増の78.6でした。そのうち、月に1回以上起動するアプリ0.8個増の26.7で、ユーザーが実際に使用するアプリの数はほぼ横ばい傾向であることが明らかになりました。過去1年間の推移を見ても所持、利用ともに変動が少なく、ユーザーがスマホに入れるアプリ数は頭打ち状態であることが浮き彫りになりました。


(一人当たりの所持・利用アプリ数の推移:App Apeデータより作成)

アプリ全体のMAUランキング
 アプリ全体のMAUランキングを見ると、上位10アプリの顔ぶれに変化はなく、17年9月の順位は1位のGoogleを筆頭に、2位LINE、3位Google Chrome、4位YouTube、5位Googleマップと続きました。また、7〜10位は、Yahoo、twitter、facebook間での順位の変動が大きかったことが分かりました。


(アプリMAUランキングの推移:App Apeデータより作成)

主要カテゴリのトレンドレポートを随時発信
 今後、次回のコミックカテゴリを皮切りに、主要ジャンルのトレンドレポートを随時発信する予定です。弊社が運営するアプリ分析メディア「App Ape Lab」(https://lab.appa.pe)でも詳細をレポートいたします。どうぞご期待ください。

 また、今回のレポートのさらに詳細なデータもご用意しております。弊社担当(info@appa.pe)までお気軽にお問い合わせください

会社概要
会社名: フラー株式会社
住所: 千葉県柏市若柴 178 - 4 柏の葉キャンパス 148 - 2 KOIL 共同代表:渋谷 修太、櫻井 裕基
設立日: 2011年11月15日
事業内容: スマートフォンアプリ分析支援事業、 スマートフォンアプリ開発支援事業
URL: https://fuller-inc.com
本件に関するお問い合わせ先:広報窓口・杉山  pr@fuller.co.jp / TEL 04-7197-1699
 
  1. プレスリリース >
  2. フラー >
  3. スマホアプリ利用の伸び率は年間3.4% アプリ所持数頭打ちで競争激化へ