新型コロナウイルスワクチン職域接種について

ポラスグループ

ポラスグループ(本社:埼玉県越谷市 代表:中内晃次郎)は、職域での新型コロナウイルスワクチン接種を目指す政府方針に則り、ワクチンの職域接種を実施します。ワクチン接種は当社グループ従業員(家族含む) に加え、当社建設現場に入場する、大工・職人などの協力会社従業員の希望者全員を対象とし、2021 年 7 月 5 日(月)より順次ワクチンの接種を開始します。 

【実施概要】

・開始時期:2021 年 7 月 5 日(月) 開始予定

・接種場所:セミナーガーデン(越谷市 ポラスグループ研修施設)

・対 象 者 :当社グループ従業員及びその家族 当社建設現場に入場する、大工、職人などの協力会社従業員
      ※上記のうち希望者に接種

・接種者数:約 11,000人


 ポラスグループは、新型コロナウイルス感染症の流行後、感染防止対策を徹底しながら、街づくりをはじめ、 住まいに関する事業を行ってまいりました。今回、職域接種を通じて安全な職場環境を提供すると共に、 コロナ禍の早期収束に貢献していく考えです。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポラス株式会社 >
  3. 新型コロナウイルスワクチン職域接種について