アドビ、独立系調査会社によってB2BおよびB2Cコマーススイート分野の「リーダー」に選ばれる

「パーソナライゼーション」、「製品ビジョンとロードマップ」、「デリバリーと拡張性のエコシステム」で最高得点を獲得

Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、米国の独立系市場調査会社およびアドバイザリー企業であるForrester Research, Inc. (以下、Forrester)による2つのEコマースレポート「The Forrester Wave™: B2C Commerce Suites, Q2 2020」および「The Forrester Wave™: B2B Commerce Suites, Q2 2020」において、「リーダー」に選ばれたことを発表しました。アドビは、他のB2B Wave(13社)およびB2C Wave(10社)調査対象企業とともに、「戦略」、「現行の提供製品」、「市場プレゼンス」という基準で評価されました。
アドビのコマース製品およびプラットフォーム担当バイスプレジデントであるジェイソン ウーズリー(Jason Woosley)は次のように述べています。「B2B企業とB2C企業が、顧客とのつながりを築く主な手段としてデジタルへの移行を加速させるなか、コマースが顧客体験管理(CXM)において決定的な役割を果たすようになってきています。コマーシャル企業とエンタープライズ企業の双方が、その規模を問わずに魅力的かつショッパブルな顧客体験を提供できるよう、私たちはMagentoの機能強化に取り組んでいます。今回のB2BおよびB2C Waveにおける『リーダー』選出は、私たちの投資が適切だった証だと考えています。」

米国の大手ホップサプライヤー、Yakima Chief Hopsのソフトウェアエンジニアリング担当ディレクターであるジョーダン ゴットリーブ(Jordan Gottlieb)氏は次のように述べています。「Magento Commerceを利用することで、安全なオンラインポータルを介して商業ブルワリーの顧客や代理店パートナーにサービスを提供できるようになり、ビジネスの効率性とアクセス性が向上しました。私たちは、顧客と卸売パートナー向けに、セルフサービス型の効率的な注文システムや契約管理システムを備えたオンラインショップを構築することに注力していましたが、同じプラットフォームを使って、ナノブルワリーやホームブルワーズにもお使いいただけるD2C webサイトを立ち上げることもできました。」

Forresterの2つのレポートで、アドビは「顧客体験で差別化を図るという、現在急速な進化がみられるビジネスモデルを採用している『ブランドセントリック』な企業に最適」であると評価されています。また、Magento Commerce(https://www.adobe.com/jp/commerce/magento/enterprise.html)については、「業界標準を上回る、大規模で、忠実で、非常に有能なデリバリーエコシステム」を形成する代理店やソリューションインテグレーターが、製品開発を加速化させるために連携していることが評価されており、「パーソナライゼーション」と「製品ビジョンとロードマップ」の基準で最高のスコアを獲得しました。PWA Studio(https://www.adobe.com/jp/commerce/magento/progressive-web-apps.html)については、「プログレッシブwebアプリ(PWA)を採用する際のコストと複雑さを軽減する製品」だと位置付けています。また、B2C Waveは、Magento Commerceが「サブスクリプション料金の請求のような、まだ普及が進んでいない機能に関して業界標準を上回っており、発注管理のような基盤機能は強力」であると評価しています。同レポートはさらに、アドビが「定評のあるクリエイティブツールとMagento Commerceを積極的に融合させ、デジタルビジネスユーザーに優れたメリットを提供」していると述べています。B2B Waveは、アドビが「モバイルとA/Bテストならびに多変量テストにおいて業界標準を上回る機能を提供する」としています。アドビのコマース機能の詳細については、こちらのブログ記事(英語)(https://theblog.adobe.com/adobe-named-a-leader-in-the-forrester-wave-b2c-and-b2b-commerce-suites/)をご覧ください。

Adobe Experience Cloud(https://www.adobe.com/jp/experience-cloud.html)の一部であるMagento Commerceは、あらゆる規模の企業に対応した、業界をリードするコマースプラットフォームです。Magento Commerceを基盤としたAdobe Commerce Cloudは、Adobe Advertising Cloud(https://www.adobe.com/jp/advertising/adobe-advertising-cloud.html)、Adobe Marketing Cloud(https://www.adobe.com/jp/marketing-cloud.html)、Adobe Analytics Cloud(https://www.adobe.com/jp/analytics/adobe-analytics.html)と緊密に統合されており、カスタマイズ性の高いエンドツーエンドのプラットフォームを提供することで、企業があらゆるタッチポイントでコマース体験を管理、パーソナライズ、最適化できるようにします。HP Inc.やUniliever、AB InBev、Rite Aid、TiVo、Tweezerman、Yakima Chief Hopsなど、業界を席巻する企業がMagento CommerceとAdobe Commerce Cloudを利用して顧客とつながり、最高のコマース体験を提供しています。

関連リンク:
Adobe Experience Cloudについて
アドビは、Adobe Experience Cloudで顧客体験管理(CXM)を再定義します。Adobe Experience Cloudは、エクスペリエンスのためのデジタルコンテンツの制作からマーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含む業界唯一の包括的なソリューションです。Adobe Experience Cloudは、すべてのタッチポイントやあらゆるチャネルを通し、魅力的なB2C/B2B/B2Eエクスペリエンスを一貫性と継続性をもって提供することを支援し、顧客のビジネス成長を加速させます。静的かつ分断化された顧客プロファイルのみを扱う従来のエンタープライズプラットフォームと異なり、Adobe Experience Platformは企業が顧客を完全に理解する手助けを行い、さらにアドビのAIおよび機械学習テクノロジーであるAdobe Senseiにより、データから知見を得てアクションに繋げる支援をします。エクスペリエンスを主題にした主な調査報告書において、業界アナリストがアドビをリーダーとして位置づけるものは20を超え、これはテクノロジー企業のなかでも突出しています。

アドビについて
アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイト(https://www.adobe.com/jp/)に掲載されています。

© 2020 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドビ株式会社 >
  3. アドビ、独立系調査会社によってB2BおよびB2Cコマーススイート分野の「リーダー」に選ばれる