【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】パ・リーグ 第5節(2)【M vs B、E vs F、H vs L】 

西武はソフトバンクを下し優勝に望みを繋ぐ!

 

 

 

【 ロッテ 2-0 オリックス(クラウン)】

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
M:柳○ B:指宿●

パ・リーグ第5節、ロッテとオリックスの対戦。逆転優勝への望みを繋ぐためには1戦も落とせないオリックスだったが、一振りで試合を決めたロッテが勝利を手にした。

第5節で2試合に出場するオリックス・指宿はこれが1試合目。初回から2連打でチャンスを作るものの、ロッテ・柳の投球を前に後続が倒れ得点は生まれない。すると2回裏、2死2塁からレアードがセンターへの鮮やかな2ランホームランを放ち、ロッテが2点を先制する。
負けられないオリックスは3回以降も毎イニング走者を出して相手投手陣にプレッシャーをかけたが、5投手の継投策となったロッテ・柳が最後まで高い集中力を見せ得点を許さず。2対0の完封で、ロッテがチームとしては同一リーグ内での今季初勝利を挙げた。

勝利したロッテ・柳はシーズン成績を3勝3敗の五分に戻し、昨季からの通算で、自身にとってパ・リーグからの初白星を挙げた。敗れたオリックス・指宿は2018年シーズン以来の連敗となり、2勝2敗1分となった。

気迫あふれるプレーで勝利したロッテ・柳選手
「今日の試合、相手が指宿選手ということで自分からいかせてくださいとチームメイトに言って臨んだゲームだったので、覚悟はしていました。(先制の本塁打は)あれしかないという一発だったので、気持ちが入りすぎました(苦笑)」
 

ロッテは柳選手の活躍でパ・リーグチーム相手に初勝利!
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment



【 楽天 3-1 日本ハム(楽天生命パーク)】

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
E:井上○ F:木滑●

楽天と日本ハムの対戦は、楽天が豪快な打撃で日本ハムを下し、このカード白星スタートを切った。

楽天・井上は先発に涌井を起用するが、“ナイスピッチ”が安定せず。立ち上がりを日本ハム・木滑に狙われ、1回表にビヤヌエバのソロホームランで先制を許す。
しかし2回裏、楽天は辰己と代打・鈴木の2者連続2ベースヒットで同点とすると、3回には3者連続の2ベースヒットが飛び出し、2点の勝ち越しに成功した。
eCS進出のためには勝つしかない日本ハムも繋ぐ野球で反撃を試みるが、西川が牽制で誘い出されるなどペースを掴めず。最終回には2死2塁と一発同点の場面で代打・清宮を送り込むもキャッチャーフライに倒れ、試合終了。3対1で楽天が逃げ切りに成功した。

勝利した楽天・井上は得意の打撃で6本の2ベースを放ち、見事な逆転勝利。3勝2敗とシーズンを勝ち越して終えた。
敗れた日本ハム・木滑はこれで2勝2敗1分と五分でシーズンを終えたが、チームはBクラスが確定した。

先制を許しながらも、落ち着いた試合運びで逆転勝ちした楽天・井上選手
「(立ち上がりは)いままでの試合でもないぐらい悪くてヒヤヒヤしていました。去年は3連敗していたカードだったので、1勝できてよかったです」
 

得意の打撃力を発揮した楽天・井上選手は個人成績でシーズン勝ち越しを決めた
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment



【ソフトバンク 4-8 西武(PayPay ドーム)】

ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

【出場プレイヤー】
H:平山● L:加藤○

西武とソフトバンクの首位攻防戦。優勝のためには負けられない西武が自慢の打撃力を如何なく見せつけ、好ゲームを制し優勝へ望みを繋いだ。

試合は序盤から大きく動いた。1回表、西武・加藤は森、山川、メヒアの豪快な3者連続ホームランで鮮やかに先制。直後の裏には負けじとソフトバンク・平山も上林の先頭打者ホームランで立ち向かう。2回表には西武が満塁機を生かして再び3得点を挙げるが、ソフトバンクも相手のエラーにつけこみ3得点とピッタリついていく。
試合を決定づけたのは5回表、反撃を狙うソフトバンクが“勝ち運”のために投入した高橋礼から西武の代打・栗山が2ランホームランを放ち、これでスコアは8対4に。最終回は平井が締め、粘るソフトバンクを西武が豪打で振り切り見事な勝利。西武はOB選手の辻と松井を同時に起用する大胆な作戦も奏功した。

勝利した西武・加藤は4ホームラン8打点の固め打ち。4勝1敗1分でシーズンを終え、個人タイトルでも複数部門でトップに躍り出た。
敗れたソフトバンク・平山は劣勢でも見事なパフォーマンスを継続したが、相手が一歩上回り悔しい黒星。今シーズンは1勝1敗3分と5割でのフィニッシュとなった。

大事な1戦で4本塁打と、勝負強さを発揮した西武・加藤選手
「まずは優勝というよりも、先週負けてチームに迷惑をかけてしまったので、今日まず勝つということを目標としていました。平山選手も今季負けていないうまいプレイヤーで、試合中はとにかく楽しんで臨めました」
 

【1回表】西武は森、山川、メヒアの豪快な3者連続ホームランで鮮やかに先制
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

アーカイブはこちら!パ・リーグ 第5節(2)【M vs B、E vs F、H vs L】


【YouTube】NPB eスポーツ公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1

現在の順位はこちら! eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=pa

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. 【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】パ・リーグ 第5節(2)【M vs B、E vs F、H vs L】