JIBUN HAUS.とスパイラルセンス、メタバース時代を見据えたバーチャルモデルハウスを開発

「Unreal Engine(アンリアル エンジン)」を使用し、リアルを超えるモデルハウス見学体験を提供

JIBUN HAUS.株式会社(代表取締役社長 内堀雄平)は2022年3月15日、ゲーム/アプリの開発を行うスパイラルセンス株式会社(代表取締役 小林俊夫)と協同で、ゲームコントローラーを使って家の中や外を自由に歩き回り、スイッチを押して照明を付けたり、壁紙を変えて部屋の雰囲気を変えたりと、仮想空間上で暮らしの疑似体験ができるバーチャルモデルハウスを開発しリリースしました。
バーチャルモデルハウスは今後、加盟パートナー工務店様へ展開予定。各店の端末で体験できる形をとります。仮想空間上でのモデルハウス見学をよりリアルな体験に近づける、ひいては実際のモデルハウス見学の体験を超えるバーチャルモデルハウス見学体験を多くのお客様に体感していただきたいと考えております。

 

高品質なバーチャルモデルハウスによってお客様の家づくりの体験が大きく変化すると考えております。JIBUN HAUS.株式会社では今回の高品質なバーチャルモデルハウスに加え、その先にあるメタバースでの家づくりの体験も意識しております。

メタバースでの家づくりが実現すると、お客様はいつでもどこでもメタバース空間でジブンハウスの家にアクセスし、遠くに住む家族や友達と一緒に過ごすなど、思い思いの時間を楽しむことが可能になります。そうした仮想空間上での暮らしの体験が元となり、実際の世界でも本当に自分が望む家づくり・暮らしづくりに向き合うことが可能になります。

◆高品質なバーチャルモデルハウスがかなえる自由な家づくり体験
今回リリースしたのは、ゲーム開発ツール「Unreal Engine(アンリアル エンジン)」によって制作された3DCGモデルの高品質なバーチャルモデルハウスです。ジブンハウスの規格住宅を内部まで再現し、視点を操作して家の中を歩き回ることができます。
これまでのVRは360度パノラマラウンド型であったのに対し、今回のバーチャルモデルハウスは自由に動き回ることが可能となっています。「Unreal Engine(アンリアル エンジン)」を使用し、これまでゲームの世界では可能であった自由な動きを踏襲することによって、自由に歩き回り、電気をつける、蛇口から水を出す、コンロの火を点火するなどのリアルな住宅見学での体験を再現しました。現実空間での制約から自由になれるだけでなく、「自分らしい暮らし方」を疑似体験しながら家づくりができるようになります。

日の傾きや天候を変えることもできるので、一度実際の住宅展示場に行っただけでは把握しきれないような、日常のイメージを確認することができます。また実際のモデルハウスでは都度変更することが困難である壁紙や床材も、即座に変更可能なので実際のモデルハウスに足を運ぶよりも多くの情報と体験を届けることができます。
これによってお客様のモデルハウス見学の体験がより楽になっただけでなく、ゲーム感覚で楽しめる要素があるので、子供から大人まで家づくりを自分事として楽しむことができ、家族のコミュニケーションの増加に繋がると考えています。さらに、実際のモデルハウスを施工するコストと時間の削減が可能である点や、住宅業界では難しかったオンライン営業への利便性も高い点から販売する側にも大きなメリットがあると言えます。
 

 

 ◆ライフスタイルの変化までシミュレーションできる家づくり
バーチャルモデルハウス上では、子どもや高齢者の目線を設定することもできます。通常170cmほどの身長に合わせて設定されていますが、視線を好きな高さに調整することができるので、よりリアルな視界でモデルハウスを体験することが可能です。まだ子どもがいない夫婦でも、子どもの目線で設定して家具の高さを確認したり、将来両親との同居を視野に入れ、お年寄りの目線に合わせることでバーチャルモデルハウス内でバリアフリーを意識できたりと、それを実際の家づくりに反映することができます。
家は多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。今の暮らしだけではなく、長い人生の中で変化するライフスタイルにも対応した家づくりが必要ですが、そうした変化を自分ごととしてリアルに想像することは簡単ではありませんでした。仮想空間上でその後の人生をシミュレーションすることで、長い視点で満足できる家づくりを実現します。

◆現実に縛られず理想の家を追求できる世界へ
JIBUN HAUS.とスパイラルセンスが今回協同開発したバーチャルモデルハウスを体験は、今後のメタバースの世界的広がりに合わせて、住宅の3DCGモデルをインターネット上で販売する「メタバース住宅事業」の展開も見据えた体験の提供です。
まだあまり語られていないですが、この取組みが実現すると、お客様はジブンハウスの家をメタバース上に建てることができ、メタバースにも自分の住処を持つことができます。家族で集まって団らんのひとときを過ごしたり、友達を招いてパーティーをしたり、その家での暮らしがいつでもどこにいても疑似体験することができるようになります。また、白い砂のビーチに家を建てて遠くに住む両親と一緒に過ごしたり、自分の趣味性をとことん追求したガレージを作ってみたり、現実の制限を越えた体験もできるようになります。
こうした暮らしの疑似体験を繰り返す中で、ジブンハウスの家での暮らしがよりリアルに実感でき、現実空間でも理想の家づくりを可能にしていきます。

 

 ◆メタバース空間から現実の家づくりを豊かなものにしていく
JIBUN HAUS.は、デザイン企画住宅ブランド「ジブンハウス」事業を通じて「家族がもっと家族になれる」ことを目指しています。メタバース上の家づくりは、場所にとらわれず家族全員で暮らしを体験しながら行うことができます。どんな壁紙の色が好きか、どんな家具を置きたいか、どんな暮らしをしたいか家族で対話を重ね探していく。その時間をみんなで分かち合うことによって互いのことを理解し思いやりが生まれ、「家族がもっと家族になれる」家づくりを実現します。
また、現実世界では実現が難しいような暮らしの可能性をメタバース上で広げてみることで、本当の自分らしさとは何か、それを実現するための家とはどんなものか、より深く家づくりと向き合う体験ができるはずです。
メタバース上での家づくりから現実世界を豊かにしていく。JIBUN HAUS.は、テクノロジーを駆使した新しい住宅購入体験を通じて、全ての人に自分らしい暮らしを提供していきます。

◆スパイラルセンスとは
https://spiralsense.jp

スパイラルセンス株式会社は「新しい時代を切り拓き、世界を相手に新たなエンターテイメントを創造する」そんな使命感と情熱を持ちながら、最先端の技術と向き合い、より良いコンテンツを創造し続けている企業です。
常にエンターテイメントとは何かと言うことを念頭に、Unreal EngineをはじめUnityなども活用し、ゲーム開発、VR/AR開発、AI開発、などの新規開発から運用業務、既存機能等の改修などありとあらゆる要望に適応できる開発体制を整えています。
またXRやメタバースなど今後大きく発展していく事が想定される領域に対しても、技術のみならず先見性をもって取り組んでおり、様々な分野で開発支援をおこなうなど少しずつ結果を見せ始めています。高い目標を持ちながら、未知なことにもチャレンジする。そして新たなエンターテイメントを生み出していく事を目標にこれからも突き進んでいきます。
 
◆JIBUN HAUS.とは
https://jibunhouse.jp/

JIBUN HAUS.株式会社は、「暮らしを変える、未来をつくる」というビジョンを実現するため、「家をジブンにする。」をミッションに掲げ、テクノロジーを駆使して、人が自分らしい暮らしや生き方を見つける規格住宅を提供しているハウジングテック企業です。
「ジブンハウス」事業では、VRでの内覧や、リアルタイムの見積もり、明朗な会計を通じて、誰もがよりスマートに自分の理想の暮らしを実現できる、新しい家の買い方「スマートカスタム住宅」を展開しており、加盟店数は北海道から沖縄まで全国約140以上にのぼります。「MY HOME MARKET」事業では、日本ユニシス株式会社とともにバーチャル住宅展示場プラットフォームを展開しています。
他にも、「VR・ARソリューション」事業や、地域の工務店の魅力を伝える「WARP HOME」事業を行っており、これらの事業を通じて、家づくりや住まいを選択する過程を新しいものにする体験を、社会の隅々にまで届ける挑戦を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JIBUN HAUS.株式会社 >
  3. JIBUN HAUS.とスパイラルセンス、メタバース時代を見据えたバーチャルモデルハウスを開発