「第三回ホワイト企業アワード」テレワーク部門で大賞を受賞

「適正な利益・成長」「お客様からの信頼」「従業員満足度」のバランスが取れた”次世代に残すべき”企業等を対象としたグランプリ

人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする、株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、2018年3月14日に開催されました「第三回ホワイト企業アワード」(主催:一般財団法人日本次世代企業普及機構)の表彰式にて、テレワーク部門で大賞を受賞したことを発表いたします。

テレワーク部門は、ITを活用した場所、時間にとらわれない柔軟な働き方及び顧客対応を評する部門です。
授賞理由は下記の通りです。(引用URL:https://jws-japan.or.jp/category/news/)
=============================================================
受賞理由の総評としては「IT活用と社内制度改革・整備を行っており、そのことが働きやすさだけではなく事業拡大にも寄与していること」です。 具体的には、①クライアントのクラウドシステム設定やヘルプデスク等の業務を、ITツールを利用して徳島県三好市、福井県鯖江市、島根県松江市に開設し、機能させていること、②①が地域の雇用創出に寄与しているという行政の評価を得ていること、③テレワークを通じた取り組みによって、労働条件の向上が着実に図られていること、が受賞理由になります。
=============================================================

表彰式の前に開催されたティーミーティングにてあしたのチーム取締役 経営企画本部長の赤羽博行が事例発表を行い、財団評議員小室淑恵氏や他の受賞企業とディスカッションをいたしました。

今後もあしたのチームはサテライトオフィスを活用した、地域密着の働き方 改革を推進して参ります。

■ ホワイト企業アワード について
次世代に残すべき企業、残る企業の特徴として、「適正な利益・成長」「お客様からの信頼」「従業員満足度」の3要素のバランスが大事であることを、ホワイト企業(次世代企業)の概念として普及させることをミッションとして活動する一般財団法人日本次世代企業普及機構が主催するアワードです。以下3つの審査基準をもとに評価され、あしたのチームが受賞した「テレワーク部門」の他に、「理念共有部門」「ワークシェアリング部門」「オフィス環境部門」など、合計11部門の賞があります。

【審査基準】
①適正な利益・お客様からの評価・従業員の満足、この3つ全てを大切にし、またそのバランスが取れている企業であるかどうか
②ホワイト企業である、という自負を持ち、今ない新しい働き方会社のあり方にチャレンジしている企業であるかどうか
③ムーブメントとしての「働き方改革」ではなく、取り組み内容が他の企業からみて学ぶべきものがある企業であるといえるかどうか

主催     :一般財団法人日本次世代企業普及機構
URL    : https://jws-japan.or.jp/award/

■株式会社あしたのチーム 会社概要
代表者    : 代表取締役社長 高橋 恭介
本社所在地  : 〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビル 6F
事業内容   :・人事評価クラウド型運用おせっかい「ゼッタイ!評価®」
        ・人事評価クラウド「コンピテンシークラウド™」
                        ・教育・研修事業「あしたの履歴書™」
                        ・その他人事関連事業
資本金    : 4億1,010万円(資本準備金含む)
設立         : 2008年9月25日
URL         :https://www.ashita-team.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社あしたのチーム >
  3. 「第三回ホワイト企業アワード」テレワーク部門で大賞を受賞