【アドインテ】マックスバリュ西日本とアドインテが広告販促DXで業務提携し購買データを活用したリテールメディア「マックスバリュ西日本Ads」をリリース!

〜アプリとも連動した多面的なメーカー共同販促サービスの提供開始~

IoTとAIを活用し流通小売業・メーカーDX支援、リテールメディア開発・運用を行う、株式会社アドインテ(京都府京都市、代表取締役:十河 慎治)は、マックスバリュ西日本株式会社(本社:広島県広島市、代表取締役社長:平尾 健一)と協業し、購買データなど様々なオンライン・オフラインのデータを統合したCustomer Data Platform (CDP) を構築し、デジタル広告と融合した購買データ連動型広告「マックスバリュ西日本Ads」(マックスバリュ西日本広告)の構築・運用をスタートしたことをご報告いたします。

独自開発したIoT端末「AIBeacon」でユーザー許諾を得て取得した匿名加工情報と、マックスバリュ西日本が保有するオンライン・オフラインのユーザータッチポイントのデータや購買データをCDP(Customer Data Platform)に格納し、お客様の購買行動を分析することで購買体験の向上を目指すとともに、メーカー様の商品購買の後押し、優良なマーケティングデータのご提供を実現いたします。

【サービス概要イメージ】
ポストCookieレス時代におけるリテールメディア マックスバリュ西日本Adsは、消費者の購買行動を分析し、購買データなどオフラインデータとデジタル広告を連携することで、消費者行動に合わせたメーカー広告および、ONE to ONEコミュニケーション販促を実施することが可能となります。

店舗への実際の来店状況や、来店顧客の購買傾向に基づきデジタル広告の配信を行えるため、お客様の潜在的な興味関心に沿った最適な広告を配信することができ、より快適なお買い物体験を実感いただけるとともに、メーカー様の商品PR・販促のDXを実現します。

アプリDL URL
https://www.maxvalu.co.jp/event/mvapp.html

また、今後お客様へは、マイピアプリなどを通じ、店頭販促やチラシ情報と連動したお買い得情報やクーポンなどを受け取っていただくことが可能となり、買い物体験向上を目指した取り組みとなるとともに、WEB上で情報を発信していくことで、サステナブルな販促活動を目指していきます。

■マックスバリュ西日本株式会社様によるエンドースメント
アドインテ様とデジタル販促分野で協業できることは、当社にとって大変新しく有益な取り組みだと感じています。
お客さまの実際の購買履歴から一人ひとりに合ったおすすめ商品を提案できるようになるため、「ご自身にとって有益な情報を入手」できるだけでなく「潜在的な興味を引く商品に気づく」ことができるようになります。お客さまの新たなお買物体験の一助となれば、これほどうれしいことはありません。
これから積極的に活用し、アドインテ様とともにブラッシュアップしながら、お買物を通した地域活性化につなげてまいります。

 


また、アドインテではリテールメディア構築支援は50社を超え、リテールメディア開発支援数は国内トップクラスの実績となり、これまでに培ってきた構築運用ノウハウ、分析レポート、広告設計など、広告販促DXにおけるサービス開発を強化し、更なる事業成長を目指していきたいと思っております。

■ マックスバリュ西日本株式会社
会社名  : マックスバリュ西日本株式会社
設立   : 1982年3月5日
代表者  : 代表取締役 平尾 健一
URL   : https://www.maxvalu.co.jp/
所在地  : 〒732-0814 広島県広島市南区段原南1丁目3‐52
事業内容 : 食料品及び日用雑貨用品の小売販売

■ 株式会社アドインテ
会社名  : 株式会社アドインテ
設立   : 2009年4月
代表者  : 代表取締役 十河 慎治
URL   : https://adinte.co.jp/
所在地  : 〒600-8441 京都府京都市下京区新町通四条下る四条町347-1 CUBE西烏丸7F
事業内容 : 流通小売DX支援/リテールメディア開発・運用/O2O・OMOマーケティング

■ 本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社アドインテ 担当:照山
電話:075‐342‐0255
メール:https://adinte.co.jp/contact/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドインテ >
  3. 【アドインテ】マックスバリュ西日本とアドインテが広告販促DXで業務提携し購買データを活用したリテールメディア「マックスバリュ西日本Ads」をリリース!