キャンサーネットジャパン/GEヘルスケア・ジャパン共催【オンライン市民公開講座】

「コロナ禍でも乳がん検診 一人ひとりが小さな一歩を…!」

CNJ
このたび、認定NPO法人キャンサーネットジャパン(東京都文京区、理事長:岩瀬 哲)は、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田 荘一郎、以下GEヘルスケア)と共催で乳がん啓発のためのオンラインセミナー「コロナ禍でも乳がん検診 一人ひとりが小さな一歩を…!」を開催いたします。
長引くコロナ禍で、がん検診や精密検査の受診を避けていることが問題視されています。10月のピンクリボン月間を迎え、改めて乳がん検診を受診する必要性をお伝えするとともに、痛みに対しての不安も多いマンモグラフィ検査の流れを体感し、不安を払拭いただけるよう、企画しました。おひとりおひとりの小さな一歩に結びつくよう、参加者皆さまから事前にいただいた質問をプログラムの中で取り上げ、登壇者がお答えする時間を設けています。

一般の方、がん経験者さんとそのサポーター、検診の啓発活動に関わる方、行政、学生、教師、メディア、医療者など、がん検診について見識を深めたい方に向けた広く「啓発」を目的とした公開セミナーです。
 


【開催概要】
・日時  2021年10月24日(日)14:00〜15:30
・形式  オンライン(Zoomミーティング)
・参加費  無料
・定員  100名
・申込  https://cnj-20211024.peatix.com (事前申込制/〆切10/24 12:00)

【プログラム】
14:00-14:40
「乳がん検診受診の必要性」
聖路加国際病院 放射線科医長・乳房画像診断室 室長 角田博子先生

14:40-15:10
「オンライン見学「実際のマンモグラフィ検査の流れ」
聖路加国際病院 放射線科 小山智美先生
CNJ認定 乳がん体験者コーディネーター 15期生有志

15:10-15:30 
「参加者交流会」(※ご希望者のみ)


 

【認定NPO法人キャンサーネットジャパン(CNJ)】
1991年発足。がん患者が本人の意思に基づき治療に臨むことができるように科学的根拠に基づく情報発信を行うことをミッションとして活動。2001年にNPO法人化。2007年1月に専用事務局を開設し、現在は東京と大阪を拠点に全国で活動を行っている。2016年8月認定NPO法人となり、現在主たる活動は、各種がんについての啓発イベント、養成講座や認定試験など教育事業等実施。これらの活動を通して、がんと向き合う人々が自分らしくがんと向き合える社会を実現することを目指している。希少がんも含め、あらゆるがんに関する最新医療情報発信のため、2014年より毎年開催しているジャパンキャンサーフォーラムは、がん患者・家族のみならず一般市民を対象とした最大級のがん啓発イベントとなっている。

【GEヘルスケア・ジャパン株式会社】
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に創設されました。予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービス等を提供しています。国内に研究・開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えしつつ、日本が直面する医療課題の解決に取り組んでいます。日本における社員数は約1,700名、本社および約60カ所の事業拠点があります。
詳細はホームページwww.gehealthcare.co.jpをご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. CNJ >
  3. キャンサーネットジャパン/GEヘルスケア・ジャパン共催【オンライン市民公開講座】