アドインテが提供する、メーカーに特化したリテールメディア広告配信プラットフォーム「BRAND LOOP Ads」が電通「STADIA」とサービス連携開始

〜テレビ視聴データとID-POSデータを活用した広告配信から購買分析までを可能に〜

IoTとAIを活用し流通小売・メーカーDX支援、リテールメディア開発・運用を行う、株式会社アドインテ(京都府京都市、代表取締役:十河慎治)は、アドインテが提供する小売店のID-POSデータを基にした、メーカーに特化したリテールメディア広告配信プラットフォーム「BRAND LOOP Ads」が、株式会社電通(東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷典洋 以下、電通)の、テレビ視聴データに基づく統合マーケティングプラットフォーム「STADIA(スタジア)」とサービス連携を開始したことをお知らせします。

 

【リリースの背景】
ここ数年、店舗をメディア化するウォルマート、クローガー、ベスト・バイなど海外の小売企業が、広告メディア事業で大きな収益を上げる成功事例が増えていますが、日本においても、同様の取り組みが増えてまいりました。
IoTやAIなどのテクノロジーを活用した流通小売業のDXが進むにつれて、オフラインの生活者行動がデータ化され、更には店頭のアナログ販促のデジタル化も進み、リアル空間データとID-POSデータなど既存のデータ資産を掛け合わせた、店舗を起点としたリテールメディアが国内外で大きく成長しております。
またCookieに依存しないマーケティングソリューションの一つとして、OSに左右されない広告メニューを活用した、リテールメディアへの広告出稿に関する相談がメーカーから非常に多くなってきております。
本取り組みでは、これまでにアドインテが培ってきたノウハウを集約したリテールメディア広告配信プラットフォーム「BRAND LOOP Ads」と、「STADIA」との連携により、メーカーの販促施策を一層支援して参ります。

【サービス連携イメージ】
Cookieレス時代に向け、ファーストパーティデータを活用した「BRAND LOOP Ads」は、配信可能リーチ数3100万人、購買分析可能な決済流通総額6兆7,000億円を超える、リテールメディア広告配信プラットフォームです。ID-POSデータなどを含むオフラインデータとデジタル広告を連携することで、生活者の購買行動を分析し、消費行動に合わせたデジタル広告配信やONEtoONEコミュニケーション販促が可能になる、メーカーに特化した広告配信サービスを提供します。
今回、「BRAND LOOP Ads」と「STADIA」が連携することで、「BRAND LOOP Ads」において「STADIA」のテレビ視聴データを用いたデジタル広告配信を実現し、テレビ視聴による購買への影響を可視化することが可能になります。
メーカーのテレビCMへの出稿に際し、店舗購買をKPIとした費用対効果の可視化の実現、販促施策の最適化と効果改善にご活用頂けると考えております。


【STADIAとは】
電通が提供する、テレビメーカー由来のユーザーから同意許諾を得たテレビの視聴データに基づくデジタル広告配信・効果検証の統合マーケティングプラットフォーム。2022年8月時点で約1080万台のデータを有しています。


【株式会社アドインテ】
本社所在地    :京都府京都市下京区新町通四条下る四条町347-1 CUBE西烏丸7F
代表者          :十河 慎治
設立             :2009年4月3日
URL     :https://adinte.co.jp/

【本プレスに関するお問合せ先】
株式会社アドインテ
電話:075-342-0255  FAX : 075-342-0256
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドインテ >
  3. アドインテが提供する、メーカーに特化したリテールメディア広告配信プラットフォーム「BRAND LOOP Ads」が電通「STADIA」とサービス連携開始