Adjust、ショーン・ボナムをPresident APACに任命:アジア太平洋地域でのさらなる成長拡大を目指す

Adjustは今後日本をはじめとするアジア太平洋地域での益々のビジネス拡大に注力

グローバルに展開するB2B SaaS企業であるadjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長 兼 共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル、日本ゼネラルマネージャー:佐々直紀、https://www.adjust.com/ja/)は、ショーン・ボナム(Shawn Bonham)をPresident APACに任命したことを発表しました。ボナムは、3年半のCROとしての任期を経て、今後は日本をはじめ、中国、インド、韓国、東南アジア諸国でのビジネスの成長拡大に従事します。

President, Adjust APAC ショーン・ボナム
日本や韓国の卓越した業績を上げている企業から、ミャンマーやベトナムなどの新興市場まで、APACはモバイルマーケターにとって可能性と多様性ににあふれる地域です。今回まだまだ成長の余地があるアジア太平洋地域にさらに力を入れることとなり、現地のチームと市場に寄り添って成長の拡大を目指したいと考えています。モバイル計測、オートメーション、アドフラウド防止ツールをはじめ、進化を続けるAdjustの製品が今後もアジア太平洋地域のクライアント企業様成長の一助となりましたら幸いです。

Adjustのアプリマーケティングプラットフォームは、モバイルマーケターがユーザージャーニーをより深く理解し、スマートな意思決定をするためのサポートをします。Adjustは日本を皮切りにアジア太平洋地域のモバイルマーケティング市場にいち早く参入しており、ボナムは同地域について造詣の深さを評価されています。米国出身で日本語と中国語に堪能なボナムは、2014年にAPAC・インドのSVP兼マネージングディレクターとしてAdjustに入社しその年に日本と中国、2016年に韓国、2018年にインドを含む6つのオフィスをAPAC地域に開設しました。

今回の就任は、世界でも成長が著しいモバイルマーケティング産業を有する同地域でのボナムの優れた業績を受けたものです。マーケティング調査専門企業のWARC*によると、アジア太平洋地域のマーケターの38%が、マーケティング予算の30%以上をモバイル広告に割り当てています。Adjustの「モバイル成長マップ**」レポートでも、ベトナム、シンガポール、マレーシアの3国がもっとも急成長を遂げている市場のトップ5に入っており、アジア太平洋地域はモバイルアプリの世界的な成長を牽引していることが分かりました。
*WARC:https://www.warc.com/content/paywall/article/half-of-apac-marketers-invest-over-a-quarter-of-their-budget-on-mobile/134612#:~:text=An%20overview%20of%20mobile%27s%20share,in%20APAC%20between%202019%2D2020.&text=The%20share%20of%20marketers%20allocating,of%20their%20budget%20to%20mobile
**モバイル成長マップ:https://www.adjust.com/ja/resources/ebooks/mobile-app-growth-map/

アプリのイノベーションが盛んなアジアで、Adjustは長年アジア太平洋地域のトップ企業から選ばれています。楽天、LINE、Nexon、Tencent Games、Club Factory、Traveloka、Mytona、Indofun Gamesなどの大手テック企業やスタートアップとAdjustは、長期的な関係を築いているだけでなく、日本においては多くの代理店に第一推奨プラットフォームとして支持されています。

Adjust 共同創業者兼CEO クリスチャン・ヘンシェル
Adjustは戦略として早期にアジア太平洋地域に参入しました。その結果、多くのクライアントと強力な関係を築き、最高のソリューションを提供するための方法を解明することができました。日本はもちろん、中国、インド、東南アジアなど、もっとも成長が著しい市場を抱えるアジア太平洋は重要な地域です。今回ショーンがPresident APACに就任することにより、既存の強力な基盤の上に進化を重ね、クライアントの成長とともに同地域でのビジネスがさらに拡大していくことを期待しています。

Adjust 日本ゼネラルマネージャー 佐々 直紀
Adjustはモバイルアプリのアトリビューション分析の分野において最も信頼されており、日本では、事実上標準的なプラットフォームとなりました。日本での成長も著しく、体制の拡大と共に、多くのネット企業が集まる渋谷の中心地、渋谷マークシティに大規模オフィスを構えるまでに至りました。ボナムとは私が入社した2016年以降、様々な課題や困難を共に乗り越え成功を分かち合ってまいりましたが、今後も協力し、日本市場におけるモバイル業界の発展をさらに促進し、社会的責任も果たしてまいりたいと思います。



adjust株式会社 会社概要
Adjustは、グローバルに展開するB2B SaaS企業です。モバイルエコノミーの中心で創設され、テクノロジーへの情熱により大きな成長を遂げたAdjustは、全世界で16のオフィスを構えています。
Adjustのプラットフォームは、モバイル計測、不正防止、サイバーセキュリティ、そしてマーケティングオートメーションソリューションを提供しています。
マーケティング活動をよりシンプルでスマート、さらに安全なものにすることで、データ主導のマーケターが世界で最も成功した事業を推進できるよう支援します。AdjustはFacebook、Twitter、Google、LINE、Snap、Tencentの正式マーケティングパートナーになっており、国内外の主要広告ネットワークパートナーとも連携済みです。ヤフー、楽天、リクルート、LINE、グリー、ディー・エヌ・エー、メルカリなど国内600社以上のトップパブリッシャーを始め、Procter & Gamble、Tencent Gamesといったグローバルブランドを含む40,000以上のアプリが、Adjustのソリューションを実装してそのパフォーマンス向上を図っています。2019年6月には、ヨーロッパで過去最大となる資金調達ラウンドの1つを獲得し、2億2,700万ドルを調達しました。
Adjustは、日本においてアプリ計測プラットフォームとして最大のシェアを占めており、東京オフィスは 2014 年 11 月に最高売上責任者(CRO) のショーン・ボナムにより設立され、ゼネラルマネージャーの佐々 直紀を筆頭に、30名以上の営業・カスタマー サポート・マーケティング担当者が日本市場で徹底したサポートを提供しています。

公式ホームページ: https://www.adjust.com/ja
公式 Facebook: https://www.facebook.com/adjustJapan/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. adjust株式会社 >
  3. Adjust、ショーン・ボナムをPresident APACに任命:アジア太平洋地域でのさらなる成長拡大を目指す