クラウドストレージ『セキュアSAMBA』とAI insideのAI-OCR『DX Suite』が連携、ファイル共有でAI-OCRがテレワークでもより使いやすく

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、連結子会社のスターティアレイズ株式会社(本社:東京新宿区、代表:古川征且)において、当社が提供するクラウドストレージ「セキュアSAMBA(サンバ)」と、AI inside株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:渡久地択)が提供するAI-OCR「DX Suite」がAPI連携し、1月21日(木)から提供開始することをお知らせいたします。


 本連携により、セキュアSAMBAをご利用のお客様は、セキュアSAMBAに保管されているPDFデータの文書を「DX Suite」によってAI-OCR処理を実行することができるようになりました。また、これまでは複数の文書データをAI-OCRで読み取る際に、ひとつひとつのファイルをアップロードし、読み取ったデータ(個別のCSVファイル)を一括化させる人的操作が必要でしたが、セキュアSAMBA内のフォルダから、読み取ったデータを一つのCSVファイルにまとめてダウンロードすることが可能になりました。これにより、外出やテレワーク時の業務を最適化することができます。

 スターティアレイズとAI insideは、 2018年10月からAI-OCR「DX Suite」のコンサルティングパートナー契約を締結しております。今後両社は、文書のデータ化業務の効率化を始め、テレワークの支援をするべく、 共催セミナーや、共同でプロモーションをするなどマーケティング面でも連携し、サービスのご紹介や導入フォローを行って参ります。

※本連携サービスをご利用いただくには、「セキュアSAMBA」の有料版をご利用いただき、別途オプションサービスとして「DX Suite」のお申し込みが必要です。

■セキュアSAMBAについて (https://securesamba.com/)
スターティアレイズが提供する法人に特化したクラウドストレージサービスです。デスクトップアプリ、ブラウザ、スマートデバイスから簡単にファイルの共有・交換を行うことができます。AWSにIT基盤をおき、高セキュリティはもちろんのこと、きめ細かなアクセス制限ができ、低価格でお客様の用途に合わせて容量をカスタマイズすることができます。2007年12月から提供、中堅中小企業と中心に2020年10月で2,500社へ導入、SaaS型コンテンツ・コラボレーション市場(従業員100人未満)のベンダー別売上金額推移およびシェアで3年連続№1を獲得しております。
※ITR「 ITR Market View:コラボレーション市場2020」SaaS型コンテンツ・コラボレーション市場より

■「DX Suite 」について (https://dx-suite.com/)
「DX Suite」は、AI inside 独自開発の“文字認識AI”を搭載したAI-OCRサービスです。「DX Suite」はコーディング不要で、簡単な設定でどなたでもご利用いただけます。従来のOCRでは読み取りが困難とされていた手書き文字を高精度で読み取り、これまで人が手で入力を行っていたデータ化業務を自動化することができます。日本語・英語・繁体字・タイ語・ベトナム語の読取に対応しています。2020年9月末時点、「DX Suite」は12,700契約以上の導入実績があり、あらゆる企業のDX化や生産性向上に貢献しています。

■AI inside社について (https://inside.ai)
「世の中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」というミッションのもと、「AI inside X」というビジョンで、社会の隅々までAIを行き渡らせることで、誰もが特別な意識をすることなくAIを使える・その恩恵を受けられる社会の実現を目指しています。当社は、AIを動かすためのハードウェア「AI inside Cube」、AIを作るためのソフトウェア「AI inside Learning Center」、AIを使うためのソフトウェア「DX Suite」を提供しています。

・社名:AI inside 株式会社
・所在地:東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング4階
・代表者:代表取締役社長CEO 渡久地 択
・設立:2015年8月
・事業内容:人工知能および関連する情報サービスの開発・事業

「DX Suite」は、AI inside 株式会社のAI-OCR製品および登録商標です。

■スターティアレイズについて (https://www.startiaraise.co.jp/)
スターティアレイズは国内労働力減少を社会課題と捉え、「働き方改革」として労働生産性の向上やダイバーシティの対応として、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA(サンバ)」及び業務自動化ソリューション事業「ReiWorQ(レイワーク)」を中心に展開しております。新たに取り組む領域では、PC作業の自動化支援をはじめ、人工知能を使ったファイル自動識別での検索サポートなど、労働者の作業効率を向上させるサービスを他事業者とのアライアンスを駆使して、新しい価値のITツールを市場に先駆けて展開して参ります。

・設立年月: 2017年11月
・資本金: 90百万円
・代表者: 古川征且
・所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリス19階
・事業内容: クラウドストレージ・RPA関連事業

■会社概要
会社名:スターティアホールディングス株式会社
URL :https://www.startiaholdings.com/
所在地:東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表者:本郷秀之
上場取引所:東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:3393)
事業内容:グループ会社の経営管理等
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スターティアホールディングス株式会社 >
  3. クラウドストレージ『セキュアSAMBA』とAI insideのAI-OCR『DX Suite』が連携、ファイル共有でAI-OCRがテレワークでもより使いやすく