国内最大級の美容クチコミプラットフォーム「LIPS」、レーティング方式設計の専門家とクチコミの商品評価点数のアルゴリズムを開発

〜本日、評価点数のアルゴリズムに関するユーザー向けページを公開〜

国内最大級※1の美容プラットフォーム「LIPS」を運営する株式会社AppBrew(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:深澤雄太、以下AppBrew)は、株式会社エコノミクスデザイン(本社:東京都新宿区、代表取締役:今井 誠、以下エコノミクスデザイン)のレーティング方式設計の専門家と、「LIPS」における商品の新たな評価点数のアルゴリズムを開発・公開しました。

 

 
  • 商品の評価点数に関する新算出方法の公開
本日、「LIPS」内で「商品の評価点数・ランキング」の新たなアルゴリズムに関するページを公開しました(https://lipscosme.com/product_ratings)。
「LIPS」では、AppBrewの行動方針の一つである「USER FIRST(何かを決める時は、ユーザーの合理性を最優先する。)」に基づき、商品選びの一つの軸としてユーザーの意思決定に役立つ、信頼性・公平性の高い商品評価指標の提供を目指しています。以前より研究論文などの調査を通じて算出方法の見直しや更新を行い、商品のより有用な評価点数への改善や、悪意のある意図的な点数操作の防止に努めてきました。
この度、ユーザーから投稿された300万件以上のクチコミと商品評価を元に、エコノミクスデザインと新たな商品の評価点数に関する算出方法を設計・開発しました。レーティング方式の設計における権威である慶應義塾大学経済学部教授・坂井豊貴氏と駒澤大学経済学部専任講師・河田陽向氏の学知に基づき、課題となっていた評価の偏りの解消を目指しながら、より信頼性・公平性が高い商品評価指標の提供をすることが目的です。

結果、既存の評価ロジックを基盤にしながら、シンプルかつ説明可能性と妥当性を高められるよう、独自のアルゴリズムを設け、より客観的な信頼性・公平性の高い数値の算出が可能になりました。今回の取り組みは「LIPS」にクチコミが掲載されている化粧・美容製品を取り扱うブランド・メーカーにとっても、偏った不利益変更の可能性(プラットフォームリスク)の低下に繋がります。また、新たなアルゴリズムを運用していく中で、引き続きエコノミクスデザインからの定期監査を実施することで、信頼性・公平性の担保を高めていきます。

「LIPS」は、今後も公正公平なプラットフォームであり続けるため、継続的に商品の評価点数に関する算出方法の改善、およびアルゴリズムに関するユーザー向けの情報の整理・公開を目指します。併せて、ユーザーの商品選択の意思決定に役立つ情報を整理・提供するためのサービス改善にも継続的に取り組んでいきます。
 
  • クチコミの信頼性と購買への影響
株式会社Creative Groupの「美容・スキンケアの購買行動において口コミが与える影響に関する消費者動向調査アンケート」※2によると、約9割の女性がコスメ・スキンケアについて、SNSやレビューサイトのクチコミを参考にしていることが分かりました。同アンケートでは過半数の女性が商品レビューの必要性について「ないと困るもの」と回答しており、コスメ・スキンケアにおいてはクチコミが購買に強く影響しています。


一方、グローバルにおいて、デジタルプラットフォームにおける取引の透明性と公正性の向上への要請が高まっています。EUでは、オンライン仲介サービスや検索エンジンなどのプラットフォームを提供する事業者とその利用企業との取引関係を規制するP2B規則※3の適用が開始。国内でも、デジタルプラットフォーム提供者に対し、取引条件等の情報の開示、運営における公正性確保、運営状況の報告を義務付け、評価・評価結果の公表等の必要な措置を講じる「デジタルプラットフォーム取引透明化法※4」が公布されました。
 
  • 株式会社エコノミクスデザイン 坂井豊貴氏、河田陽向氏のコメント
レーティングとは点数を付けることで、そこには一種の権力性が生じます。だからこそレーティング事業を営む人は、フェアでないといけない。精神がフェアであるだけでなく、その精神がアルゴリズムに反映されねばならない。この反映には技術が必要で、私たちはそこでささやかな協力をさせていただきました。よいものが出来たと思っていますが、そのよさはAppBrewのフェアな精神が表れたもので、それは私たちが関わる以前からあったものです。その意味で新方式は、旧方式にも反映されていたよさを、より鮮明に反映させただけのものです。この取り組みがLIPSユーザーの皆さまのお役に立てると幸いです。

坂井豊貴氏
慶應義塾大学経済学部教授、Economics Design Inc. 取締役。ロチェスター大学経済学博士課程修了(Ph.D.)。人々による多様な評価を一つに集約する関数の設計を研究。主な著作に『多数決を疑う』(岩波書店)、『決め方の経済学』(ダイヤモンド社)、『マーケットデザイン』(筑摩書房)など。著書はアジアで翻訳多数。

河田陽向氏
駒澤大学経済学部専任講師、Economics Design Inc.エコノミスト。慶應義塾大学経済学博士課程修了(博士)。専攻はメカニズムデザイン、集団的決定。主な著作に『社会の「よさ」をいかに測るかー貧困・格差・人間開発ー』(三菱経済研究所)。


※1:2020年には「コスメ・メイクのクチコミ検索アプリダウンロード数No.1」(出典:App Annie 日本国内 iOS & Android、合計:2020年1月〜12月)を記録。
※2:株式会社Creative Group『美容・スキンケアの口コミが消費行動に与える影響に関する消費者動向調査(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000082823.html)』より
※3:経済産業省 プラットフォームエコノミクス研究会(https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/platform_economics/pdf/007_03_00.pdf)』より
※4:経済産業省『デジタルプラットフォームを巡る市場の健全な発展に向けて(https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/digitalplatform/index.html#:~:text=%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%8F%96%E5%BC%95%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96,%E3%81%AB%E5%85%AC%E5%B8%83%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82)』


■LIPSについて
2017年1月にサービスをローンチし、2020年には「コスメ・メイクのクチコミ検索アプリダウンロード数No.1」(出典:App Annie 日本国内 iOS & Android、合計:2020年1月〜12月)を記録。2022年5月には累計900万ダウンロードを突破しました。
リリースより5年目を迎え、新たに「なりたい自分を、もっと自由に」をコンセプトに、性別・世代を問わず メイクや美容を通じて個々人の「幸せ」や「なりたい姿」を自由に追求できるプラットフォームを目指しております。メイクやスキンケアに関する商品レビューやユーザー間コミュニケーション、人気ランキング、新商品情報やプレゼント企画など様々な機能やコンテンツを無料で提供しています。

■株式会社エコノミクスデザインについて
社名:株式会社エコノミクスデザイン(Economics Design Inc.)
所在地:東京都新宿区新宿1-3-8YKB新宿御苑ビル4階
代表者:今井 誠
HP:https://econ.news/
エコノミクスデザインは経済学の先端学知をビジネスに実装するプロフェッショナル集団です。世界的に活躍する国内トップクラスの経済学者が、価格設定、市場設計、顧客関係管理(CRM)、ESG対応、スコアの設計をはじめとする、さまざまな企業の課題解決にあたっています。また、運営するオンライン学校「ナイトスクール」では、ビジネスの武器としての経済学を会員にお届けしています。

■会社概要
社名:株式会社AppBrew
所在地:東京都文京区本郷1丁目11-6 東接本郷ビル4階
代表取締役:深澤雄太
事業内容:美容プラットフォームアプリ「LIPS」の企画・開発・運用
LIPS(iOS):https://apple.co/2Q4XoTL  
LIPS(Android):http://bit.ly/2zfUGAT
LIPS(WEB):https://lipscosme.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AppBrew >
  3. 国内最大級の美容クチコミプラットフォーム「LIPS」、レーティング方式設計の専門家とクチコミの商品評価点数のアルゴリズムを開発